読取革命Ver.15の料金や評判について。ペーパーレス化を目指す企業にはおすすめ

最終更新日 

皆さんの会社は書類を紙で管理していますか?それとも電子データにして管理していますか?紙で管理すると場所も取り後処理も大変なため、作業に時間を取られてしまうでしょう。そこで、おすすめなのが電子データでの管理です。電子データのツールはいくつもありますが、この記事では読取革命Ver.15についてご紹介します。読取革命Ver.15はパナソニックソリューションテクノロジー株式会社が提供しているサービスです。

読取革命Ver.15の特徴・機能

簡単に使える

読取革命Ver.15の魅力はなんと言っても簡単に使えることです。優れているソフトはいくつもありますが、大半が使い方が難しく慣れるまでに時間がかかることが多いのです。しかし、読取革命Ver.15ならば、かんたんモードというものを利用すれば、簡単にファイル変換が行えます。かんたんモードでも使い方がわからないという方は、かんたんナビが設置されており、該当する疑問を選んで解決策を導いてくれます。

文字認識精度に長けている

2つ目は文字認識精度に長けていることです。低品質な文字から、取り消し線付き文字、ドロップキャップ文字にも対応しているので安心です。それでも物足りないという方のためにも、画像を編集する機能もありますのでそれを使うと、より精度を高められるでしょう。

すぐにファイル変換ができる

3つ目はすぐにファイル変換ができるという点です。ファイルの編集が済んだものの、ファイル変換するまでに時間がかかってしまう。やり方がわからないという方も多いですよね。しかし、読取革命Ver.15ならばワンクリックで変換できるのです。そのため、使い方が良くわからないという方でも安心して使えるでしょう。

読取革命Ver.15のメリット

読取革命Ver.15のメリットは以下になります。

機械に慣れていない方でも使いやすい
書類の管理がしやすくなる

先ほども述べたように読取革命Ver.15は簡単操作で使うことができます。そのため、ソフトをうまく扱えた経験がないという方でも読取革命Ver.15ならば使いやすいでしょう。また、書類の管理がしやすくなるのも大きなメリットです。書類が紙ですと処理にも時間がかかりますし、置く場所もスペースをとるでしょう。しかし、読取革命Ver.15ならばそう言った悩みも解消されます。

読取革命Ver.15の価格・料金プラン

ダウンロード版はオープン価格
5ライセンス40,000円〜
25ライセンス152,000円です。

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

読取革命Ver.15の注意点

英語のOSが対応していないので英語しか扱えない方には注意が必要です。しかし、文章画像であれば英語のOCR処理が可能となっています。

読取革命Ver.15の導入事例・評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

サービス名月額料金特徴
FineReader1525,000円〜セキュリティが高い
e.typist.v15.012,800円〜ワードと連携可能
Readiris Pro1440,000円電子メールで直接送信可能

FineReader15はセキュリティが高いので、セキュリティ面でもしっかりと安心したいという方におすすめです。e.typist.v15.0はワードと連携可能なので、ワードをよく使う方におすすめです。Readiris Pro14は電子メールで直接送信可能ですので、電子メールをよく利用する方にいいでしょう。

読取革命Ver.15によってペーパレス

読取革命Ver.15はペーパレスをしたいと考えている企業にはうってつけです。英語のOSに対応していないという方もおおいですそのため、ペーパレスにしたいなと考えている企業は、読取革命Ver.15がおすすめです。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載