【2021年版】おすすめのオンライン商談ツール5選|導入メリットや選び方のポイントも解説

最終更新日 

新型コロナウイルスの感染症対策として広まったテレワーク·リモートワークですが、今では多くの企業で働き方の1つとして定着するようになりました。

そしてそれに伴いビジネス界で広まったツールがオンライン会議システム·Web会議システムです。

これらのシステムは離れた場所にいながらスムーズな会議を実現しますが、クライアントとの商談においても同様の効率化システムが登場しています。

オンライン商談ツールと呼ばれるこのツールは、Web会議システムよりも効率的に商談を進めることができるため企業規模を問わず広まっています。

本記事ではオンライン商談ツールとは何か、おすすめのオンライン商談ツール、導入メリットなどを解説しますので参考にしてください。

オンライン商談ツールとは?

オンライン商談ツールとは、インターネットが整備された環境であれば、オンライン上で離れた相手とのスムーズな商談が可能になるツールのことを指します。

コロナ禍になり、ZoomなどのWeb会議システムが急速に知名度を広めたのと同様にオンライン商談ツールも注目されるようになりました。

PCはもちろん、スマートフォンからでも利用できるツールが多く、テレワーク中はもちろん外回りの営業先からでも手軽に商談を始めることができるため、導入数が増えています。

従来のテレビ会議と比べて、テレビ画面や変換器などの設備が不要で、PCなどのデバイスがあれば簡単に導入することができる点も魅力的です。

Web会議システムと何が違う?

オンライン商談ツールはZoomやSkypeなどのツールと混同されがちですが、大きな違いとしては搭載している機能が挙げられます。

Web会議システムでは、会議を効率的に進めるために画面共有やチャット機能が搭載されていますが、オンライン商談ツールは名刺交換機能や資料共有機能、メモ機能などより営業や商談に特化した機能が搭載されているのが特徴的です。

おすすめオンライン商談ツール5選

どこでもSHOWBY(どこでもショーバイ)

特徴

どこでもSHOWBYとは株式会社かんざしが運営しているWeb会議システムです。

オンライン商談ツールとしての利用はもちろん、学習塾や医療現場など幅広いシーンで利用されている実績があります。

チャット機能やオンライン名刺交換、カンペ機能などオンライン商談を成功させるための利便性が高い機能が豊富に搭載されています。

操作性にも優れており、直感的操作で簡単に扱うことができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円〜
  • 無料トライアル:無料版あり

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

bellFace(ベルフェイス)

特徴

bellFaceとはベルフェイス株式会社が提供するオンライン商談システムです。

専用のアプリやソフトをインストールすることなくWeb上で手軽に商談を開始することができるため、2,500社以上から導入されています。

最短5秒で相手とつながることができる手軽さが魅力的で、操作も複雑なものはなく直感的に扱うことができます。

カンペ機能やメモ機能などオンライン商談を効率化させる機能が豊富に搭載されています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:60日間無料

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

VCRM(ブイシーアールエム)

特徴

VCRMは、ナレッジスイート株式会社が提供しているオンライン型の商談ツールです。

リアルタイムの画面共有が可能で、シームレスなコミュニケーションでオンライン商談を成功に導きます。

事前セットアップによって、商談で使う資料をワンクリックで表示させることができるためペーパーレス化にもつながります。

その他にカンペ機能やメモ機能などオンライン商談の効率化に必要な機能が搭載されています。

料金

  • 初期費用:98,000円
  • 月額料金:36,000円(4ルーム)
  • 無料トライアル:10日間

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

ビデオトーク

特徴

ビデオトークは、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が提供しているビデオ通話サービスです。

専用のURLを発行して相手の携帯電話番号へSMS送信するだけでビデオ通話を開始することができます。

サポート体制が優れており、多くの導入実績に基づいた懇切丁寧なサポートを受けることができ、セキュリティ面にも優れているため外部への情報漏洩の心配もありません。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:12,000円/セッション
  • 無料トライアル:2週間無料

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

meet in(ミートイン)

特徴

meet inとは株式会社meet inが運営しているWeb会議システムです。

最短1秒でWeb会議を始めることができる利便性が高いサービスとして2,600社以上で導入されています。

画面共有や契約者捺印、名刺表示などオンライン商談に活用できる機能も豊富に搭載されており、幅広いシーンに利用できるシステムです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年11月現在/詳細は公式サイトを確認

オンライン商談ツール導入のメリット

オンライン商談ツールを導入することで主に以下のメリットが得られます。

営業効率があがる

今までの商談では、取引先のところに1時間〜2時間程度かけて移動し商談を行うという流れの繰り返しでした。

1日にできる商談は2件〜3件程度で、訪問したからといって確実に商談までつながるという保証はなく、わざわざ訪問してみても無駄足になってしまうケースも少なくはありません。

オンライン商談ツールは、オフィスや自宅にいながら相手と手軽につながることができるため、移動時間が不要となります。

そのため、1件の商談につき1時間〜2時間程度の移動時間が省略されることになるため、より多くの商談を行うことが可能となるのです。

さらに、確度が高い顧客に対しては直接訪問するなど状況に分けて効果的な営業を行うことができるようになるというメリットも生まれます。

コストカットが可能になる

オンライン商談ツールを導入すれば、相手先に訪問する手間がなくなるため移動にかかっていた交通費や宿泊費などが不要となります。

また、資料もオンライン上で表示することができるため用紙代や印刷費用などもコストカットすることができます。

また、交通費の精算業務や事務作業などのバックオフィス業務の負担も減るため人件費のカットにもつながります。

営業のスピードがあがる

従来の営業では、問い合わせやテレアポをきっかけに予定を調整して相手先へ訪問する必用がありましたが、場合によってはなかなかスケジュールが調整できなかったり競合に先を越されてしまい機会損失につながるケースも少なくはありませんでした。

オンライン商談ツールであれば、電話で話しながらオンライン商談に切り替えたり場所を決める必用がなくなるためスピードを意識した営業が可能になります。

相手の熱が冷めないうちに営業ができることで、受注確度のアップやリードタイムの短縮などが期待できます。

オンライン商談ツールを選ぶ際のポイント·注意点

オンライン商談ツールを導入する際は、以下のポイントに注意しながらサービスの比較検討を行いましょう。

音声や画質のチェック

スムーズなオンライン商談を実現するためには、安定した接続やクリアな音声、綺麗な画質で商談ができるシステムを選ぶことが重要です。

また、利用するデバイスに最適な通信方式で自動接続してくれるものや外部環境に合わせて通信設定を調整できるシステムを選ぶのも良いでしょう。

料金の確認

オンライン商談ツールはルーム課金のものとユーザー課金のものが多く、自社の利用状況を想定した上で最適な料金体系のツールを選ぶと良いでしょう。

個々の営業が商談を行なっていくスタイルの場合はユーザー課金の方がマッチしています。

特徴を理解してオンライン商談ツールを導入しよう

オンライン商談ツールについて、概要やおすすめのツール、導入のメリットなどを紹介しました。

サービスによって料金体系や機能が異なるため、自社で必要な機能を明確にしてから導入すると良いでしょう。

本記事で紹介したおすすめサービスや導入のポイントを参考にして自社にあったサービスを探してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載