Excertの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
非公開
これはオンラインテスト・CBTの製品です。
オンラインテスト・CBTの製品をまとめて資料請求

オンライン受験は近年増加傾向にありますが、不正がないか、受験生にトラブルが発生したときの対応はどうするかなど、気になる点も多くあります。

そのようなオンライン受験システムの問題点を解決するべく開発されたのが、教育関係者が自ら開発・提供するExcertです。

現場で感じたことをシステムに反映しているため、今までのオンライン受験システムでは難しかったフレキシブルな対応を、Excertは可能にしています。

今回は、気になるExcertの特徴を、料金や評判・口コミとともに紹介します。

Excertとは?

Excertは、数あるオンライン受験システムの中でも、教育者が自ら提供しているのがポイントです。

開発者が自ら肌で感じたことをシステムに反映しているため、フレキシブルな対応が可能となっています。

今までのオンライン受験システムに不満を感じていた方は、高い汎用性に驚きを感じるのではないでしょうか。

おすすめの類似オンラインテスト・CBTツール

類似サービス: Remote Testing

(4.5)

         
月額料金要問い合わせ無料お試しなし
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

Webカメラでの本人確認や、リモートでの監視・試験状況の録画が可能で、録画された動画をAIが自動で解析して、不正と思われる挙動を検知することもできるため、オンラインテストでは不可能と言われていた「厳正厳格な試験の実施」が実現できます。

厳正厳格なオンライン試験の実施が可能

Remote Testingでは、Webカメラ・マイクによって、試験の開始から終了までを録音、録画、不正行為を抑止することができます。 リアル会場での試験実施と違い、オンラインでの試験運営は、不正を取り締まることが難しいと言われてきましたが、Remote Testingであれば、不正を抑止して厳格なオンライン試験を行うことが可能です。

試験形態に合わせた運用ができる

Remote Testingは、紙での試験と同様に一斉実施ができ、時間・日程を問わない随時実施にも対応しています。 また、テストセンターによる試験、団体試験と併用することもできるため、柔軟な運用を実現します。

豊富な実績で安心感がある

Remote Testingを運営しているイー・コミュニケーションズは、2000年の創業以来、1,500団体でのオンライン試験実施実績があります。 豊富な導入実績から得たノウハウを活用して常に安定的・効率的なシステムを提供しているため安心です。

類似サービス: MASTER CBT PLUS

(4.5)

         
月額料金要問い合わせ無料お試しなし
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

MASTER CBT PLUSとは、株式会社イー・コミュニケーションズが運営しているオンラインテストプラットフォームです。 紙の試験からCBT(Computer Based Testing)へ容易に移行することができるサービスで、紙の試験では実施することが難しかった音声や動画を用いての出題など、多様な試験方式が可能となります。

デバイスを選ばず受験できる

MASTER CBT PLUSで配信するオンライン試験は、PCはもちろん、タブレット、スマートフォンなど、多様な端末に対応しているため、「受験者側の端末が対応していないために受験することができない」といったトラブルが起こることもありません。

耐障害性に優れている

オンライン試験において懸念されるのが、受験中にデバイスが故障したり電源が切れてしまったりすることによって起こるトラブルです。 通常であれば試験の継続が不可能となってしまうようなケースでも、MASTER CBT PLUSであれば再開することができます。

様々な出題形式が可能に

紙の試験では、予め作成した問題をそのまま出題することしかできませんでした。 CBTへ移行することで、「100問の問題プールからランダムに90問を出題」、「受験者によって問題や解答選択肢の並び順を変更」といった様々な出題形式を、試験単位で設定できるようになり、柔軟な試験運営を実現します。

Excertの特徴

Excertの特徴を3つ紹介します。

在宅受験でもリアルタイム監視可能

Excertは、今まででは難しかった在宅受験のリアルタイム監視が可能です。

また、受験中のトラブルにも即座できめ細やかなサポートができ、試験の信頼性を損なうことがありません。

リアルタイム監視の規模も、数人から数万人まで対応可能です。

多様な受験方式が選べる

Excertは多様な受験方式に対応しています。

・在宅受験(IBT)
・テストセンター試験(CBT形式)
・マークシート方式を採用した会場受験(PBT)など

これらの方式を組み合わせたハイブリッド型の受験方式も選択できるため、受験者に寄り添った試験が実施可能です。

複雑な出題方式も効率よく管理できる

Excertは選択式・記述式・口頭試問などさまざまな出題方式を効率よく管理できます。

形に捕らわれない出題方式にも対応可能です。

オリジナルの出題形式を取り入れたいときには、問い合わせてみるとよいでしょう。

Excertの料金

Excertの利用料金については、公式サイトには掲載されていません。

料金を詳しく知りたい方は、公式サイトより問い合わせてみてください。

Excertの評判・口コミ

Excertの評判や口コミについて調べましたが、2022年11月現在掲載がありませんでした。

しかし、さまざまな検定試験・大学・奇病などがExcertを導入し、オンライン試験を行っています。

このことからも、Excertは評判の良いシステムと言って過言ではないでしょう。

Excertで汎用性の高いオンライン受験をしよう

Excertは、教育関係者が自ら開発・提供するオンライン受験システムです。

Excertは、開発者自身も試験運営事業者であるため、現場の「リアル」をよく理解しています。

今までのオンライン受験システムに満足のいかなかった方でも、汎用性の高いExcertを取り入れたオンライン受験は、きっと満足することでしょう。

気になる方は、ぜひ、公式サイトをチェックしてみてください。

これはオンラインテスト・CBTの製品です。
オンラインテスト・CBTの製品をまとめて資料請求
    • qeee【オンラインテスト・CBT】

      類似サービス: Remote Testing

      (4.5)

               
      月額料金要問い合わせ無料お試しなし
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      Webカメラでの本人確認や、リモートでの監視・試験状況の録画が可能で、録画された動画をAIが自動で解析して、不正と思われる挙動を検知することもできるため、オンラインテストでは不可能と言われていた「厳正厳格な試験の実施」が実現できます。

      厳正厳格なオンライン試験の実施が可能

      Remote Testingでは、Webカメラ・マイクによって、試験の開始から終了までを録音、録画、不正行為を抑止することができます。 リアル会場での試験実施と違い、オンラインでの試験運営は、不正を取り締まることが難しいと言われてきましたが、Remote Testingであれば、不正を抑止して厳格なオンライン試験を行うことが可能です。

      試験形態に合わせた運用ができる

      Remote Testingは、紙での試験と同様に一斉実施ができ、時間・日程を問わない随時実施にも対応しています。 また、テストセンターによる試験、団体試験と併用することもできるため、柔軟な運用を実現します。

      豊富な実績で安心感がある

      Remote Testingを運営しているイー・コミュニケーションズは、2000年の創業以来、1,500団体でのオンライン試験実施実績があります。 豊富な導入実績から得たノウハウを活用して常に安定的・効率的なシステムを提供しているため安心です。

      類似サービス: MASTER CBT PLUS

      (4.5)

               
      月額料金要問い合わせ無料お試しなし
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      MASTER CBT PLUSとは、株式会社イー・コミュニケーションズが運営しているオンラインテストプラットフォームです。 紙の試験からCBT(Computer Based Testing)へ容易に移行することができるサービスで、紙の試験では実施することが難しかった音声や動画を用いての出題など、多様な試験方式が可能となります。

      デバイスを選ばず受験できる

      MASTER CBT PLUSで配信するオンライン試験は、PCはもちろん、タブレット、スマートフォンなど、多様な端末に対応しているため、「受験者側の端末が対応していないために受験することができない」といったトラブルが起こることもありません。

      耐障害性に優れている

      オンライン試験において懸念されるのが、受験中にデバイスが故障したり電源が切れてしまったりすることによって起こるトラブルです。 通常であれば試験の継続が不可能となってしまうようなケースでも、MASTER CBT PLUSであれば再開することができます。

      様々な出題形式が可能に

      紙の試験では、予め作成した問題をそのまま出題することしかできませんでした。 CBTへ移行することで、「100問の問題プールからランダムに90問を出題」、「受験者によって問題や解答選択肢の並び順を変更」といった様々な出題形式を、試験単位で設定できるようになり、柔軟な試験運営を実現します。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載