アド給の料金·評判·機能について。システム利用料は6%で使える?

最終更新日 

求人票への応募率が芳しくない、せっかく雇った人材がなかなか定着しないといった課題を抱えている企業は少なくないでしょう。

人材獲得に効果的なアプローチができる制度として、給与の前払い制度を導入する企業が増えてきました。

今回紹介するアド給は、求職者の応募率アップ、離職率の低下、企業負担なしで導入できる給与前払いサービスとして注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

アド給とは

アド給とは株式会社アド給が運営している給与前払いサービスです。

給与の前払い制度によって福利厚生の充実を図りたいという企業にとってはもちろん、初めて給与前払いサービスを導入したい企業にとっても使いやすいシステムとなっています。

アド給の機能·特徴

企業負担0円で導入できる

給与の前払いサービスを導入することで、給料日より前に働いた分の給与を受け取ることができるのは従業員にとっては大きなメリットです。

しかし、企業側からすれば事前に前払いに対応できる準備金を用意しておかなければならず、負担になってしまう場合もあります。

アド給であれば、導入費用はもちろん、月額費用、そして前払い資金も0円で導入することができるため、この点を解消することが可能なのです。

求人応募率の向上が期待できる

求職者の多くは給与の支払い方法について注目しており、大手求人サイトでも注目されているキーワードでは「日払い」や「週払い」といったワードが常にランクインしています。

アド給を導入することで、自社の求人票に前払い対応というセールスポイントを追加して応募率の向上を実現できるようになります。

人材の定着率も向上

アド給は求人効果の向上という側面でも効果を発揮しますが、すでに自社で働いているスタッフに対してもメリットをもたらします。

例えば給与前払い制度を未導入の企業におけるアルバイトスタッフの場合、入社日が給与の締め日から近いほど最初の給料を受け取るまでに期間がかかります。ケースによりますが、長い場合は1ヶ月半以上無給という状態になってしまうことも。

そんな場合でも、アド給を導入していれば働いた分の範囲で好きなタイミングで給与を引き出すことができるため、日払いのアルバイトを掛け持ちしたり借金をする必要がなくなります。

また、冠婚葬祭などで急に現金が必要になった場合でも24時間いつでも前払いの申請が可能で、申請する時間によっては最短で当日中に給与を受け取ることができるという利便性の高さです。

従業員がより働きやすい環境を作れることで、人材の企業定着率低下、離職率の増加を防ぐことが可能となります。

アド給の料金·価格

アド給は初期費用0円、月額費用0円、前払い資金0円で導入することが可能です。

給与の前払いを受ける従業員側にはシステム利用料6%と振込手数料(当日·翌日の場合)がかかります。

実際の振り込み金額は申請額が振り込まれますが、給料日に申請金額とシステム利用料、振込手数料が引かれる形になります。

2021年3月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

アド給では、無料トライアルについては明記されていないので公式サイトから問い合わせる必要があります。

アド給導入のメリット

専用のアプリなどのインストールは不要で前払い

アド給はスマホやタブレット、PCから手軽に前払いの申請が可能です。

専用のアプリをインストールする必要もなく、使いやすいシステムなので、初めて給与前払いサービスを導入する企業でもすぐに社内にシステムを浸透させることができるというメリットがあります。

アド給の導入事例·評判

求人効果と退職率低下を実感

“導入コストがかからないということでお試しで導入してみました。いざ導入してみると、利用率が高い月では6割という結果がでており、従業員ニーズに高さを実感しています。入社タイミングによって無給状態が続き、それが原因で退職してしまうという課題もアド給で解決できました。”(人材派遣会社様)

応募率が3倍に増加

“人手不足の解消と人材定着率の向上を目的にアド給を導入しました。導入効果としては、応募率が3倍、離職率が40%減少と確かな効果を実感しています。従業員からも好評です。”(大手飲食チェーン様)

類似サービスとの比較

アド給との類似サービスとしては、Hayakyuやenigma payなどが挙げられます。

Hayakyuは立て替え金不要で利用できる給与前払いサービスです。

特徴として、海外送金サービスを標準搭載しており、外国人スタッフ採用に強みがあります。

料金面としては、初期費用0円、月額費用0円で導入でき、従業員側に振り込み手数料や事務手数料が発生します。

enigma payはセブン銀行やジャパンネット銀行など有名銀行と提携している給与前払いサービスです。

わかりやすくシンプルな管理画面で、勤怠管理システムや給与計算システムとの連携もできます。

料金面としては、詳細が公開されていないので公式サイトから問い合わせる必要があります。

給与前払いサービスについては以下の記事でも紹介しています。

アド給で更なる人材の獲得を

今や人材不足や企業定着率の低下は多くの企業で課題となっています。

競合他社に負けない採用活動を行うのであれば、福利厚生の充実が可能となる給与前払いサービスの導入は効果的な手法の1つでしょう。

本記事を読まれてアド給に興味をもたれた方は、一度お問い合わせしてみることをおすすめします。

画像·データ出典:アド給公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部

リード情報をお求めの企業様へ
STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

まずは無料で掲載