• Payme(ペイミー)の料金·評判·機能について。企業側は完全無料で導入できる?

    最終更新日 

    働き方改革によって、働く場所や働く時間が多様化してきました。そんな働き方の多様化に合わせて給料の支払い方も多様化してきています。福利厚生の1つとして給料の新しい支払い方法を導入する企業は最近増えてきているようで、また導入を検討している企業も増えています。

    そこで今回は給料日を待たずに働いた分の給料を即日受け取ることができる給与即日払いサービスのPaymeについてご紹介させていただきます。

    Paymeとは

    Payme(ペイミー)とは株式会社ペイミー が運営している給与即日払いサービスです。

    導入コストをかけずに給与の即日払いを導入できることもあって福利厚生の一環として多くの企業で導入されています。

    企業としては、募集要項の中に給与即日払いを記載することで高い求人効果が見込め、従業員のモチベーションアップにも繋げることができます。

    導入費用・運用費用ともに0円という点も人気の理由で、1社につき1名担当者が付きサポートしてくれるので導入後も安心です。

    Paymeの機能・特徴

    求人応募数の増加

    Paymeの導入によって企業は求人応募数の増加数が見込めます。昨今、様々な業種・業態で人手不足が問題となっていますが、求人倍率を伸ばすために他社との差別化を図るという意味でも給与の即日払いというのは大きなアピールポイントとなります。

    求人の募集要項の中に日払いと書いてあることによって、通常の企業での募集なのに短期アルバイトと変わらないアピールが可能となります。

    短期離職率の低下

    働きはじめの1ヶ月は人間関係をはじめ、様々な要因での離職率が高いと言われています。

    Paymeを導入することで利用者は働いた分の給料をすぐに可視化することができ、さらに好きなタイミングで給与を受け取ることができるので目標金額も立てやすく、これによって労働意欲の向上も期待できます。

    働く期間が長くなればその分職場に慣れる時間も増えるので、人間関係による離職率を下げることにも繋がるのです。

    経理業務を効率化

    給与の即日払いを自社だけで実現しようとすると、経理担当者にかかる負担は計り知れません。

    申請があった社員ひとりひとりに振込対応をしなければならず、給与計算も複雑化してしまいます。Paymeを導入すればこれらの手間を省いて給与の即日払いを実現可能です。

    従業員からの勤怠報告を担当者は承認しアップロードすることでPaymeが即日払い金を計算してくれ、従業員の引き出し可能金額へ加算してくれます。

    また、勤怠管理・給与計算サービスと連携させることでさらなる業務の効率化が可能になります。

    Paymeの価格・料金プラン

    Paymeでは初期費用0円、月額利用料金0円で利用することが可能です。圧倒的にコスパに優れたサービスと言えます。

    かかる料金としては企業ではなく、従業員側・利用者にかかるシステムになっており、給与の前払いを受ける時に手数料がかかります。

    しかしこの手数料も、コンビニで引き落とす際にかかる手数料と大差はないので利用者にとって大きな負担となるものではありません。

    ※2020年5月現在/詳細は公式サイトを確認

    利用企業からの評判・口コミ

    Paymeで求人率向上

    “クリスマスシーズンにPaymeを導入したのですが利用者は多かったですね。それ以降も求人媒体に給与前払い制度があることを記載することで大きな反応がありました。今後は社員の負担を減らしてもっと気楽にPaymeを利用できるようにしたいと思っています。”(株式会社サッポロドラッグストアー様)

    求人応募が増加しました

    “求人広告を出す際に他社との差別化を図れるものはないかと思っている時にPaymeを導入することを決めました。また、現在働いてくれている従業員が即日払いを導入することでシフトを増やしてくれるかもしれないという狙いもありました。導入後にアンケートをとった結果、給与の前払いが応募動機になったという採用者が多く、効果を実感できています。”(株式会社ゴールデンマジック様)

    SNSでの口コミ・評判

    類似サービスとの比較

    Paymeとの類似サービスとしてはHayakyuや前払いできるくんなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

    サービス名料金(月額)初期費用特徴
    Payme0円0円・直感的操作が可能

    ・1社に1人のサポート担当

    ・1ヶ月程度で導入可能

    Hayakyu0円0円・海外送金に対応

    ・ジャパンネット銀行と提携

    ・最短で当日から導入可能

    前払いできるくん0円0円・指紋認証を利用した勤怠管理が可能

    ・最短一週間で導入可能

    料金面では3サービス共に初期費用0円、月額料金0円で利用することが可能です。いずれも利用者が給与前払いを受ける時に手数料が発生します。機能面では使いやすさではPaymeがシンプルで定評がありますが導入までに1ヶ月程度かかるのですぐに給与前払いシステムを導入したいという場合はHayakyuがおすすめです。

    Paymeで福利厚生の充実を

    今回は給与即日払いサービスのPaymeをご紹介させていただきました。アルバイトやパート従業員にとって、日払い・週払いは企業に応募する際に重要な項目であり、福利厚生の一環として柔軟な給与の支払い方がある企業は好感がもてるでしょう。

    給与即日払いサービスはランニングコストがかからず導入できるサービスが多いので、導入に際しては担当者が使いやすいサービスか、または利用者にとって手数料負担が低いサービスを導入することが重要です。企業と応募者にとってwin-winの関係となるような福利厚生を実現することが他社との差別化の実現へと繋がるのです。

    画像・データ出典:Payme公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部