GoodLine(グッドライン)の料金·評判·機能について。月額3,000円から使える?

最終更新日 

GoodLineとは

GoodLine(グッドライン)とは、会社電話の電話交換機(PBX)のシステムをクラウド上に構築し、提供するサービスです。

従来の会社電話システムは会社内に主装置を設置して社内に電話線を張り巡らせて内線構築を行いましたが、GoodLineはこの主装置機能をクラウド上に構築することにより、ネット環境さえあればどこからであっても会社の電話番号で着発信が可能になります。Web上の管理画面を使い、業者に委託することなく社内で電話番号を設定変更することが可能です。

GoodLineの特徴・機能

GoodLineは国内製品を使用した完全自社開発のシステムなので、顧客の声を随時反映して機能改良を行いながら、迅速で丁寧なサポート体制で顧客の要望に対応することが可能です。クラウド上にシステム構築を行うことで豊富な機能を実現し、業務効率化を図ることができます。使用できるアプリや電話機に制限がなく、端末との相性の悪さやアップデート後に起こる不具合なども回避することができます。

GoodLineの強み

多彩な機能を業界最安値で提供

GoodLineは通話録音を始め、自動音声対応や分析など多彩な機能が標準搭載されているので、ビジネスフォンとしての基本的な機能だけではなく、自社開発による独自のビジネス機能を業界最安値で実装可能なのが強みです。

業務の可視化を可能とする分析機能

分析機能を使用することで稼働状況をモニタリングしたり、自動通話機能を使って窓口電話の受発信状況を時間・曜日別に分析することが可能で、業務の可視化を図ることができます。

出先や別拠点間での情報共有がリアルタイムで可能

モニタリング機能を使うことで外出している社員や別拠点の通話・稼働の状況をリアルタイムで共有し、社内内線と同様に通話取次ぎを行うことも可能です。通話履歴にメモを残せる通話メモ機能もあるので伝達の必要性がありません。

GoodLineの価格・料金プラン

GoodLineの料金プランは、2内線まで利用できる小規模事業者向けの「Good Line SOHO」、3内線以上を利用するスタンダードな法人向けの「GoodLine ビジネス」、テレアポ・カスタマーサポート・社内問い合わせ窓口等、小規模から大規模までのコールセンター向け「GoodCall」の3種があります。

「GoodLine SOHO」の料金は初期費用20,000円/月額料金3,000円となっています。

「GoodLine ビジネス」の料金は初期費用10,000円/1内線、基本料金として月額5,000円に1回線ごとに1,000円の費用が発生します。ただし上限5回線となっており、それ以上の内線を持ちたい場合は、「20内線パック」が初期費用50,000円で月額料金20,000円、「40内線パック」が初期費用50,000円で月額料金35,000円となっています。「60内線パック」と「80内線パック」の初期費用は要見積もりで、月額料金は「60内線パック」が55,000円、「80内線パック」が75,000円となっています。

「GoodCall」の利用料金は初期費用10,000円/1契約+アナウンス作成料5,000円/1アナウンス、システム利用料は1アカウント4,000円/月額の他、基本料金5,000円/月額となります。

現在利用している回線番号以外を使用する場合は、IP電話番号利用料金が別途必要となります。050番号の場合で初期費用が500円(1番号)と月額料金580円(1番号)、0120番号と0800番号が初期費用1,000円(1番号)と月額料金が1,380円(1番号)です。03番号と06番号は要問合せとなります。その他、オプションとして電話番号の追加は100円/1番号追加、同時通話数の追加は180円/1チャンネル追加となります。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

GoodLineの注意点

GoodLineは回線数別に料金プランが決まっているため、自由にプラン選択することは難しくなっています。運営会社のグッドリレーションズは2012年設立の新しい会社で、実績面での評価が定まっていないことも留意すべき点と言えるでしょう。

類似サービスとの比較

GoodLineと同様のクラウドPBXサービスを提供している業者として、「トビラフォンcloud」を挙げることができます。月額料金は1セット3,000円と、GoodLineと同等ですが、1セット毎に2,000円分の無料通話がつくため、GoodLineと比較すると、料金的には「トビラフォンCloud」が優位ということができます。

また、機能面の違いとしては、内線電話・通話転送機能のみならず、トビラフォンCloudを利用するユーザー企業間での通話が無料となることや、迷惑電話対応にかかる、眼に見えないコストを削減するための迷惑電話フィルタ機能などを挙げることができます。

GoodLineで電話業務の効率化を

GoodLineは、従来型のPBXのように電話交換機を社内に設置する必要のないクラウドPBXサービスとして、コスト面で社内電話導入が厳しい中小企業の導入も容易となっています。

また、ネット上のクラウドを利用することで、電話回線の物理的制約を受けないことも大きなメリットとなっています。これからPBXの導入をしようと考えているのであれば、GoodLineの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

画像・データ出典:GoodLine公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部