• MOT/TEL(モッテル)の料金·評判·機能について。月額3,980円から利用できる?

    最終更新日 

    新型コロナウイルス対策としてテレワークという新しい働き方が注目されています。電話業務における固定電話機の利用は年々減少し、電話業務における費用や手間のコストカットを実現するため、クラウドPBX(構内交換機)を導入する企業が増えています。

    クラウドPBXの導入を検討してはいるが、料金はいくらかかるのか、サービスごとの機能、特徴、評判などを事前に知ってから導入したいという企業は多いでしょう。そこで今回はクラウドPBXの中でも人気のサービス「MOT/TEL」をご紹介します。

    MOT/TELとは

    MOT/TEL(モッテル)は株式会社バルテックが運用しているクラウドPBXサービスです。

    従来のビジネスフォンと違い、スマホ1台で03・0120・090の番号発信ができることや、PCでの通話ももちろん可能なことから人気のサービスです。

    導入にかかる費用も月額料金の安さに評判があり、導入実績も20,000社を超えるほどです。テレワークでクラウドPBXの導入を考えている企業にとっては導入のハードルが低いサービスといえるでしょう。

    MOT/TELの特徴・機能

    圧倒的コストパフォーマンス

    月額利用料、初期費用とも他のクラウドPBXと比べても非常に安価で、コストパフォーマンスの高いサービスと言えます。

    通話料は国内3分8円で、社員同士、拠点間の通話や不在中の転送時にかかる転送料金も無料なので通話コストの削減に繋がります。

    固定電話機と違って配線工事やメンテナンスも不要な点もコストカットと言え、電話機を置く必要がない分デスクスペースの有効活用もできるでしょう。社員増加に伴うレイアウトの変更や、増設もクラウドなので簡単にできます。

    番号を変えることなく使用可能

    既にご利用中の外線番号を変えることなく、継続して使うことができます。企業などで新規番号を取得する必要がある場合でも一括して申請することができるので安心です。さらに、スマートフォンから会社番号や03から始まる番号、各市外局番、050、0120、0800といった番号から発信することも可能なのでいちいち端末を持ち替えたりする必要がなく、複数台持ち歩かなければいけないという手間もありません。

    業務効率化のツールが多数搭載

    MOT/TELではビジネスに使えるクラウド機能が標準で搭載されています。

    具体的には、FAX機能やビジネスチャット機能、名刺情報を登録するだけで使えるWeb電話帳、出退勤管理、スケジュール管理などが挙げられます。更に、担当者不在時に受けた電話の内容をMOT/Cloud上に電話対応メモとして残せる機能も搭載されています。

    Wi-fiが使える環境であれば海外でも使用可能なので国内外の通話を内線化し、無料通話にすることも可能です。

    MOT/TELの料金プラン

    MOT/TELでは3つの料金プランがあり、スタンダードプランでは初期費用29,800円で月額3,980円、ミドルプランでは初期費用39,800円で月額8,500円、プレミアムプランでは初期費用59,800円で月額15,000円となっています。

    スタンダードプランでも最大10ch、20内線なので会社規模によっては十分活用することができるかと思います。

    ※2020年5月現在/詳細は要問い合わせ

    MOT/TELの利用企業からの評判

    MOT/TELで顧客満足度の向上を実現

    “以前まで利用していたコードレス電話の通信品質に問題があり、通話録音機能など、拡張性が広いMOT/TELに切り替えることを決めました。

    クラウドなので、どこにいても電話受付をすることができ、MOTクラウドに電話対応記録を残すことでスタッフ同士の連携もスムーズになりました。現在ではMOT/TELを更に活用するため、Wi-fi環境の強化をするなど改善を行っています。”(箱根強羅グアムドッグ本店様)

    スマホの内線化で連携をスムーズに

    “17年ほど使っていたビジネスフォンが故障したタイミングでPBXのことを知るようになり、規模やニーズにマッチしたMOT/TELの導入を決めました。

    実際に使ってみると心配していた通話品質も悪くなく、従業員同士での連携もスムーズになり業務改善に繋がっていると感じています。現在は2台持ちなのですが今後はMOT/TEL一つに統一できればと思っています。”(有限会社アーチス様)

    類似サービスとの比較

    MOT/TELの類似サービスとしてはBIZTELやInfiniTalkが候補に上がってきます。

    料金面でみるとMOT/TELが初期費用29,800円、月額3,980円から始められるのに対し、BIZTELはライトプランで初期費用283,000円、1席あたり月額9,050円から利用できます。

    InfiniTalkはクラウド版サービスプランで初期費用0円、月額35,800円~から始めることができます。料金面でみるとやはりMOT/TELが導入のハードルは低いと感じる印象です。

    内線数はMOT/TELが20回線、BIZTELが40回線、InfiniTalkは2回線となっているのでこちらはコストがかかる分BIZTELの方が優れていると言えるでしょう。

    MOT/TELでテレワーク環境の構築を

    今回はクラウドPBXのMOT/TELについてご紹介させて頂きました。

    テレワーク環境において、在宅でありながらオフィスでの電話業務と同様に働くことができるクラウドPBXは強い味方となりそうです。ただ、自社の企業規模やどのように活用していきたいか、課題解決のためにはどんなサービスが必要か、ということを事前に検討せずに導入してしまうと、うまくマッチせずに宝の持ち腐れとなってしまうこともあるので慎重な比較検討の上、導入することをおすすめします。

    画像・データ出典:MOT/TEL公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部