スマビジの料金·評判·機能について。内線通話が無料になる?

最終更新日 

ビジネスに不可欠なオフィス電話をもっと効率的に活用するため、クラウドPBXに乗り換える企業が急増しています。
スマビジはそんな企業の救世主となり得るのか、特徴や強み、料金プランなどの観点から解説します。

スマビジとは

スマビジは、ソフトバンクが提案する新しいオフィス電話環境です。
運営元はクラウドテレコム株式会社で、オフィスの電話をそのまま外へ持ち出して使う「持ち運べるビジネスフォン」を実現します。
テレワークにも最適な電話環境を簡単に構築することが可能となり、スマホ転送0円、社員間通話0円、拠点間通話0円という魅力的なサービスとなっています。

スマビジの特徴·機能

スマビジは、スマートフォンでオフィスの電話番号の発着信を可能とするサービスです。
オフィス電話には外線や内線、グループ着信や転送といったさまざまな機能がありますが、それを外出先からそのまま使えるようにしたものがスマビジです。
スマビジを使えば、オフィスから離れた場所でも時間を問わず固定電話の発着信や内線通話が可能になり、まさに社内のビジネスフォンを持ち運んで仕事をすることが可能となります。

いつでもスマホで社内電話

外出先からでもスマートフォンを使って会社の電話番号で発着信ができます。
オフィスにいない社員のスマホに内線通話や電話転送が可能となり、担当者がそこにいなくてもオフィスにいるかのように即時電話をつなぐことが可能です。

固定電話機は要らない

機能的にはオフィスの固定電話ですが、実際に固定電話機をオフィスに設置する必要はありません。
配線の必要がないため工事費用などコストもかからず、場所を確保する必要もなくなります。
推奨されるリモートワークやフリーアドレスオフィスで最適に使えます。

スマホで簡単操作

スマートフォンアプリは、外線ボタンなどビジネスフォンの基本機能に対応したUI(ユーザーインターフェース)を持っています。
通常使用しているビジネスフォンと同じ感覚で使えるので、誰もが簡単に使いこなすことが可能です。

スマビジ導入のメリット

スマビジを導入すると、オフィスに担当者がいなくても会社の電話で発着信ができるようになるのがメリットです。
直接受話するという考え方のためボイスワープなど転送サービスも不要ですし、スマビジ同士の通話は内線通話となり、いくら話しても無料なのも強みです。
拠点間もスマビジでつなげば通話料は無料、配線工事も固定電話機の購入も必要もありません。
こうした圧倒的なコストパフォーマンスの高さがスマビジの強みであり、大幅なコスト削減メリットを得ることができます。

スマビジの価格·料金プラン

導入に必要なものは、ソフトバンク光(2CHまで)NTT東西ひかり電話、スマビジiGW、スマビジアプリですが、詳細な料金については要問い合わせです。
またスマビジのブラウザフォン無料オプションはブラウザから直接スマビジ端末に内線通話ができる無料オプションサービスで、こちらは公式サイトから無料体験できます。
2021年4月現在/詳細は公式サイトを確認

スマビジの注意点

スマビジ推奨端末は、スマビジ公式サイトにソフトバンクスマートフォンとソフトバンクSIMでの動作について検証済みのものが掲載されています。(2020年10月現在)
ただし利用環境の電波状態によっては通話が不安定になる場合があり、ハンドオーバーが頻発する環境では利用環境の改善が必要になります。
それ以外に注意すべき点はありませんので、おすすめのサービスです。

スマビジの導入事例·評判

現在、調査中です。

類似サービスとの比較

類似サービスとしてはトビラフォンCloudが挙げられ、基本セット月額費用(3,300円(税込)/セット)+通話料で利用することができます。
機能としてはスマホに専用アプリをインストールすることで「050」で始まるIP電話番号を利用可能です。
そのほかダッシュボード機能、コールフロー機能、スマート着信機能などがあり、状態管理や電話帳管理などを搭載しています。
Genesys Cloudは、ポップアップ機能や自社CRMとの連携、着信の自動振り分け機能などを有するクラウド型コールセンターシステムです。
デジタルカスタマーサービスとして機能します。

トビラフォン Cloudの料金·評判·機能について。月額3,300円から利用できる?

クラウドPBXについては以下記事でも紹介しているので参考にしてみてください。

クラウドPBXとは?導入のメリット·デメリットとおすすめのクラウドPBX5選

スマビジでテレワークを推進

スマビジ導入で得られるメリットは、オフィスの電話機能をそのまま外部へ持ち出して使える利便性と、固定電話コストの圧縮です。
アプリのUIがビジネスフォンそのままなので、誰でも抵抗なく使いこなせるのも魅力と言えます。
スマビジは1台で複数の電話番号を使い分けることができるため、番号に合わせて複数台を支給する必要はありません。
オフィス電話を変えるだけでコスト削減が見込めるなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:スマビジ公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部