Airレジ(エアレジ)の料金·評判·機能について。0円から導入できる?

最終更新日 

レジ業務は実店舗を運営する企業にとってはかかせないものです。従来のレジシステムは専用の端末を購入・リースする必要があり、導入に費用がかかるというイメージがありました。そんな中導入する企業が増えてきたのが低コストで導入することができるPOSレジアプリです。

今回はそんなPOSレジアプリの中からAirレジというサービスをご紹介させていただきます。

Airレジとは

Airレジとは株式会社リクルートライフスタイルが提供しているPOSレジアプリです。0円から導入することができ、iPadやiPhoneがあればすぐに利用することが可能なことから488,000以上の店舗で導入されており、POSレジアプリ導入数No. 1を記録しています。

Airレジの機能・特徴

直感的操作が可能

Airレジは見やすい管理画面で直感的に操作することが可能です。レジ業務において直感的に操作ができるということは重要で、打ち間違いや計算ミスを減らすことで売り上げ管理、レジ精算業務を効率化することができます。

また、レジ会計は様々な従業員が行うのでどんな従業員でも扱えるものでなければいけません。レジシステムの入れ替えを検討している企業にとっては新しいレジシステムを利用することへの従業員の抵抗感というのは大きな課題となるのでこの面をAirレジでは解決することができるのです。

リアルタイムに売り上げ管理

Airレジでは売り上げを年単位や月単位、日単位などで区別することができるので細かい売り上げ管理、分析を行うことが可能になります。

また、商品ごとの売り上げをチェックすることもできるので売れ筋商品の確認、マーケティングへの活用もできます。顧客情報の登録もできるので合わせて顧客管理までを実現することができます。

便利な設定機能が豊富

レジ業務に関する機能だけではなく、Airレジではプリンター接続やキャッシュドロアの設定を行うことも可能です。

今や支払い方の主流となっているキャッシュレス決済にも対応できるように現金以外の支払い方法を設定しておくことができます。

割引や割増の設定もしておくことができるのでセールの期間などにも迅速に対応することができ、業務の効率化を実現できます。

Airレジの料金・価格

Airレジは0円から始めることができ、iPadかiPhoneがあればすぐに利用することができます。iPadなどが手元にない場合でも基本セットとしてAirレジとiPadがセットになって37,790円で導入することが可能です。基本セットにレシートプリンタを導入したい場合は74,690円と必要な機能に応じてAirレジ側でセットを販売しています。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

Airレジの利用企業からの評判・口コミ

レジ締めが15分で終わりました

“以前のレジは手打ち式でヒューマンエラーも起きやすく、新人アルバイトに教えるのも大変でした。Airレジは簡単で誰でもすぐに使いこなせるので業務の効率化ができています。1時間以上かかることもあったレジ締め業務が15分で終わるようになったのは驚きでした。”(デンジャラスチキン天晴れ様)

レジ締めがスムーズになりました

“タブレット型のレジシステムを導入したいと考えていたときにチラシでAirレジのことを知り導入を決めました。Airレジは経理スタッフを1人雇うくらいのインパクトがありましたね。レジ締め業務が30分以上短縮できるようになって空いた時間を他の業務に回せるようになったのは非常に嬉しかったです。”(フォトスマイル北野田様)

SNSでの口コミ・評判

周辺機器について

Airレジを利用する際に必要なもの、あった方がより効率的に利用できるものを紹介します。

iPad·iPhone

Airレジの利用にはiPadかiPhoneが必要となります。

スターターパック

Airレジを始めるのに必要な周辺機器がセットになっています。

内容としては、iPadとmPOP、ロール紙、カンタン設定ガイドがセットになっているAirレジ スターターパック スター精密 mPOPセット。

iPadとレシートプリンター、キャッシュドロア、ロール紙、カンタン設定ガイドがセットになっているAirレジ スターターパック SII レシートプリンターセットがあります。

レシートプリンター·キャッシュドロアセット

レシートプリンターとキャッシュドロアが一体になった製品が6種類用意されています。

レシートプリンター(据置)

高性能な据え置き型のレシートプリンターが6種類用意されており、iPadへの充電が可能なものもあります。

キャッシュドロア

レシートプリンターとの接続で自動開閉が可能なものなど高性能なドロアが7種類用意されています。

レシートロール

幅が狭いものから50巻入りの大量セットまで様々なレシートロールがモバイルプリンター用も含め15種類以上用意されています。

その他周辺機器

その他にもソケットモバイルバーコードリーダーやラベルプリンターなどが用意されています。

類似サービスとの比較

Airレジとの類似サービスとしてはスマレジやワンレジが挙げられます。これらのサービスを料金面で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
Airレジ0円〜0円〜なし・iOS端末で利用可能
・低コストから運用が可能
スマレジ・スタンダードプラン/0円
・プレミアムプラン/4,000円
・プレミアムプラスプラン/7,000円
・フードビジネスプラン/10,000円
・リテールビジネスプラン/12,000円
0円あり・iOS端末に対応
・POSレジ以外の機能も多数搭載
ワンレジ要見積もり要見積もり要問い合わせ
・飲食店向け
・勤怠管理も可能

 

料金面では0円から利用することが可能なAirレジがコスパに優れたシステムと言えます。機能面では飲食店で利用する場合には飲食店向けに作られているワンレジがおすすめですが広く運用するという場合であれば自社が提供しているAirペイとの連携でさらに便利に使用することができるAirレジがおすすめです。

FAQ

Airレジは無料で使うことができますか?

専用アプリをダウンロードしていただければ初期費用、月額料金共に無料でお使いいただけます。

商品は最大何件まで登録できますか?

最大10,000件まで登録できます。1つの商品につき30件までバリエーション登録が可能です。

カテゴリは何件まで登録できますか?

最大で200件まで登録できます。

クレジットカードは使えますか?

決済サービスのAirペイやSquareをご利用していただくことでクレジットカード会計が可能です。

深夜営業もしている場合で24時以降の売り上げはどうなりますか?

営業日の変更時刻が設定できるので閉店後の会計作業を行わない時間帯に設定していただくことで24時以降の売上も当日の売上として集計することが可能です。

参考:Airレジ公式サイト

Airレジでレジ業務の短縮を

今回はPOSレジアプリのAirレジをご紹介させていただきました。POSレジシステムを手打ちのものからタブレットタイプへと変更したいと考えている企業は多く、Airレジのように費用を抑えて導入できるサービスもリリースされているのでぜひ積極的に検討みてください。

導入に際しては、レジを取り扱う従業員はもちろん、ヘルプで普段レジを触ることがないような人がきた場合でも対応ができるような操作性に優れたレジシステムを導入することが重要です。レジ業務を効率化して企業としての生産性を向上させましょう。

画像・データ出典:Airレジ公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載