digimaの料金や評判などについて。月1万円から利用できる?

最終更新日 

営業は売上を左右する大事なもので、なかなか伸びないと悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。

そこで売上を加速化させるセールス関連のツールを入れれば、売り上げの向上が期待できます。

それを叶えてくれるのが、「digima」です。

本記事ではdigimaの特徴や導入するメリットを紹介します。

売り上げが伸びないと悩んでいる企業は参考にしてください。

digimaの特徴・機能

SMS送受信追跡

1つ目の特徴がSMS送受信追跡です。

受送信の履歴をタイムラインに表示してくれるので、マルチチャンネルの営業活動が可能になります。メールアドレスがわからない場合でもSMSで追跡できるのでより多くのお客様を追客することができるのです。SMSでの営業活動も活発化するでしょう。

継続したフォローメール

2つ目の特徴は継続したフォローメールです。

あらかじめ登録した条件を満たした顧客に対して自動でフォローメール・SMSが送れます。送るメールの内容や送る間隔も自由に設定できるので、顧客にあったメールやSMSを送信することができるのです。

分かりやすい顧客管理機能

3つ目の特徴が分かりやすい顧客管理機能です。

顧客名・顧客ステータス、メールアドレス、会社など必要な情報が全て一度に表示されるのですぐに基本情報を得られます。これによりどの方がどの企業の人でなどと情報が混乱することを防げるでしょう。

digimaのメリット

digimaの導入メリットは主に以下の2つです。

1人1人に合ったメールを送れる
メールの反響率がわかる

1つ目のメリットは1人1人に合ったメールを送れます。あらかじめ設定して条件を満たした顧客を自動的にグループに追加します。配信リストも自動生成されるので1人1人に合ったメールを送れるのです。

2つ目はメールの反響率がわかります。メールの配信率や開封率、クリック率などメールに関するパフォーマンスを細かく分析してくれます。これによりどのメールが大きい反響を得ているのか詳しくわかるでしょう。

digimaの注意点

注意点は顧客管理やメールの件数によって金額が変わることです。一律ではないので注意が必要です。

digima価格・料金プラン

10,000円からとなっています。機能別の費用もありますが、制限があるので注意しましょう。

2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

digimaの導入事例・評判

工務店向けのメールテンプレートが用意されている、メールでのフォロー方法のノウハウを知っているため安心材料となり導入をしました。導入後はメールで案内をしたり、来店予約を取りやすくなったりしました。
WEBディレクター

メール配信した際に開封やクリック率が分かるのと、その先のホームページの閲覧状況が見えるのが一番の決め手でした。導入後はメールのブラッシュアップや営業フォローの確率ができました。
株式会社ウェーブハウス

digimaと類似サービスとの比較

サービス月額料金特徴
クライゼル要問い合わせ多彩なメールが配信可能
blastmail3,000円〜直感的操作が可能
WiLLMailシンプルプラン:4000円〜
プレミアムプラン:10,000円〜
HTMLメールが簡単に作成できる

クライゼルは多彩なメール配信ができるので、より顧客にあったメールを送信できるでしょう。

blastmailは直感的操作ができ、操作になれるか不安という方でも導入しやすいものです。

WiLLMailはHTMLメールを簡単に作成できるので、高クオリティなメールを短い時間で作れます。

digimaで営業フォローを確立させよう

営業方法が確立せず、どれをしたら良いのかわからないとあやふやになっている企業も多いでしょう。

digimaを導入したことで営業フォローを確立させられたとの声があります。

もし営業フォローが確立できず困っている企業はdigimaの導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載