不動産ビジネスセンターの料金・評判について。業務効率化をしよう

最終更新日 

不動産賃貸や売買をするのに欠かせないものが査定・提案書自動作成ツールです。

それらは大事なものですが、作成するのに時間を取られると悩んでいる方も多いでしょう。

そこで利用したいのが、査定や提案書を自動作成してくれたり、不動産営業を支援してくれたりする「不動産ビジネスセンター」です。

本記事では不動産ビジネスセンターの特徴や導入するメリットを紹介します。

顧客がつかない、業務が多くて終わらないと悩んでいる不動産企業はぜひ参考にしてくださいね。

不動産ビジネスセンターの特徴・機能

査定・提案書自動作成ツール

1つ目の特徴が査定・自動作成ツールです。

賃貸・売買に使えて月額使い放題になっています。賃貸でも売買でも使えるので不動産が導入しやすいのが特徴です。仕事の効率化に最適で早く安い、正確で見やすい魅力が満載のツールです。カスタマイズ版を利用すれば、細かく設定できます。社名やロゴの追加も可能なのでオリジナルなものが出来上がるでしょう。

自社サイトに査定機能

2つ目の特徴は自社サイトに査定機能をつけれます。

WEBサイト埋め込み用タグコードをコピーして、サイト上で査定機能を挿入したい場所にコードを挿入するだけで設置完了です。これにより自社サイトを見にきた顧客が査定を行ってくれ、結果として来客アップへとつながります。

ニーズ閲覧サービス

3つ目の特徴がニーズ閲覧サービスです。

ジカプロの収益物件登録ニーズを閲覧できるので、顧客により細かいアプローチが可能になります。今までわからなかったアプローチ方法も、文字にして情報を得ることで積極的にアプリーチができるでしょう。

不動産ビジネスセンターのメリット

不動産ビジネスセンターの導入メリットは主に以下の2つです。

豊富なプランで自分に合ったものが見つかる
すぐに使えるので業務効率化が期待できる

1つ目のメリットは豊富なプランで自分に合ったものが見つかることです。居住用売買プラン(ライト版)、居住用売買プラン、一棟収益プラン、賃貸プランなど豊富なプランにより自社にあったものが見つかるでしょう。

2つ目はすぐに使えるので業務効率化が期待できます。本来ならばツールの導入には1ヶ月もかかることは珍しくはありません。しかし不動産ビジネスセンターは簡単登録で即日利用可能です。加えて豊富な機能が揃っているのですぐに業務効率化が期待できるでしょう。

不動産ビジネスセンターの注意点

注意点は英語に対応しているプランもありますが、ほとんどが日本語のみです。

不動産ビジネスセンター価格・料金プラン

FREENANCEは15万円からで掛け金は月額510円です。

2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

不動産ビジネスセンターの導入事例・評判

現在調査中です。

不動産ビジネスセンターと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
土地バンクお問い合わせ全国対応
ESいい物件One20,000円〜売買管理やWebサイト制作など機能が豊富
賃貸革命お問い合わせ全国4,751社の不動産会社に選ばれている

土地バンクは全国に対応しているので、地方に住んでいても問題なく使用可能です。

ESいい物件Oneは売買管理やWebサイト制作など機能が豊富に揃っているので、あらゆる場面で使えるでしょう。

賃貸革命は全国4,751社の不動産会社に選ばれているなど、あらゆる企業に愛用されています。安心して導入できるでしょう。

不動産ビジネスセンターで業務効率化

不動産賃貸や売買に関する業務はやることが多く、失敗も許されないので負担が大きいでしょう。

しかし人の手で行っていてはいつまでもミスは消えず、効率化にも限界があります。

そこで不動産ビジネスセンターを利用することで大幅な業務効率化が期待できるでしょう。ぜひ導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載