企業がリファレンスチェックを実施するメリット・デメリットとは?

更新日:

    リファレンスチェックを実施するメリット

    採用後のミスマッチを減らすことができる

    リファレンスチェックは採用前に候補者の能力や人柄などを把握することができます。

    自社が求める人物像に候補者がどれだけマッチしているのか、採用後の早期退職につながるようなリスクを持っていないかを事前に把握できれば採用後のミスマッチを減らすことが可能となります。

    リファレンスチェックの結果、自社にマッチしていないと判断して不採用にしてしまったとしても、入社後にミスマッチが発覚してトラブルが起きるよりは十分に良いでしょう。

    早期退職を防ぐことが可能

    面接や履歴書からはわからないその人の性格や勤務態度といった人物像がリファレンスチェックによって把握できれば、入社後の早期退職リスクを回避することも可能となります。

    前職をどんな理由で退職したのかがわかれば、求職者にあった条件も提示しやすくなるでしょう。

    例えば、退職理由が給与面にあるならば前職よりも高い給与を条件として提示すれば、採用後の企業定着率アップにつながります。

    採用の成功率を上げることができる

    リファレンスチェックを行えば、採用候補者が前職でどんな時にモチベーションを高めていたのか、どんな仕事を得意としていたのか、仕事に対する価値観を知ることができます。

    仕事に対する価値観がわかれば、採用企業側は自社で働く上での魅力を伝えやすくなりますし、採用後に候補者が実力を発揮しやすいポジションや仕事内容を提示して採用の成功率を上げることが可能となります。

    書類や面接で知り得なかった人柄・短所・長所が分かる

    履歴書などの書類だけでは形式的なことしかわからず、面接では限られた時間しかないため必要最低限のことしか知ることはできません。

    リファレンスチェックは、実際に候補者と一緒に働いていた人物から、その人の人柄や得意・不得意な業務などを聞くことが可能です。

    また、前職でのトラブルや退職した詳細な理由など面接では答えにくい部分も、リファレンスチェックでは調査することができます。

    マイナス面だけではなく、候補者自身が認識していなかった思わぬ長所を聞き出すことができるケースもあるため、リファレンスチェックを行うメリットは大きいのです。

    おすすめの類似リファレンスチェックサービス

    類似サービス: Parame Recruit

    (4.5)

    月額料金1.5万円〜(チケットプラン)無料お試し要問い合わせ
    初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

    Parame Recruitとは、株式会社Parame Recruitが運営しているリファレンスチェックサービスです。 採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

    面接だけではわからない候補者情報を取得できる

    Parame Recruitは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

    信憑性の担保が可能

    Parame Recruitでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

    チャットで追加質問ができる

    回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

    リファレンスチェックを実施するデメリット

    候補者が選考を辞退してしまう場合がある

    リファレンスチェックは採用候補者に同意を得ずに行うことは原則できません。

    リファレンス先は候補者側が依頼するケースも多いため、負担がかかってしまうこともあります。

    「前職で人間関係が原因で退職した」、「転職活動をしていることは秘密にしている」といった事情がある場合は選考を辞退してしまうこともあるでしょう。

    複数社の選考を受けている場合、リファレンスチェックを行っている企業とそうでない企業では選考スピードに差がでることもあります。

    そのため、リファレンスチェックを行っている企業への入社意欲が高くない場合、離脱してしまうリスクもありますが、その逆もありえます。リファレンスチェックを行っていることで企業への信頼感が強まり、入社意欲が高まったという事例もあるため、一概にリファレンスチェックが離脱につながるとは言えません。

    時間や労力がかかる

    リファレンスチェックを行うには、質問項目を企業側で作成したりリファレンス先へ連絡をとって質問に回答してもらう日程を調整したりと時間がかかります。

    そのため通常の選考よりも時間がかかってしまう点がデメリットと言えるでしょう。

    ただし、リファレンスチェックサービスを利用することで、Web上で回答可能なシステムを利用できたり、質問作成をサポートしてもらえるため、手間を軽減することは可能です。

    法律に抵触する場合がある

    リファレンスチェックは、採用候補者の個人的な情報を取り扱うため、本人の許可なしに実施することは個人情報保護法に抵触する可能性があります。

    ですので、採用候補者が拒否した場合にはリファレンスチェックはできません。

    また、リファレンスをお願いしようと思っても前職の企業関係者が多忙でなかなかリファレンスチェックができないという場合もあります。

      • qeee枠【リファレンスチェック】※qeee枠未実装

        類似サービス: Parame Recruit

        (4.5)

        月額料金1.5万円〜(チケットプラン)無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

        Parame Recruitとは、株式会社Parame Recruitが運営しているリファレンスチェックサービスです。 採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

        面接だけではわからない候補者情報を取得できる

        Parame Recruitは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

        信憑性の担保が可能

        Parame Recruitでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

        チャットで追加質問ができる

        回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載