リファレンスチェックを実施する具体的な方法

更新日:

    リファレンスチェックの方法

    リファレンスチェックは主に2つの方法で行われます。

    採用候補者にリファレンス先を紹介してもらう方法

    リファレンスチェックの主流な方法として、採用候補者自身にリファレンス先(推薦者)を紹介してもらう方法があります。

    まず企業側は、採用候補者にリファレンスチェックの趣旨を説明して承諾をもらいます。

    説明する項目としては、「前職の関係者に対して候補者に対する情報を提供してもらうこと」「リファレンスチェックを行う目的」「候補者からリファレンス先に対して、リファレンスチェックで情報を提供してもらうことについて同意が必要なこと」などを説明するとスムーズにリファレンスチェックを実施することができるでしょう。

    リファレンス先を決めたら、採用候補者に対してリファレンス先に対して企業側へ電話番号やメールアドレスなどの連絡先を共有することを説明して同意をもらいます。

    企業側はリファレンス先の方に連絡をとり、リファレンスチェックを実施する日程について先方と調整しましょう。基本的にリファレンス先にも仕事があり急な日程調整は難しいため、余裕を持って先方の予定に合わせることが重要です。

    リファレンスチェックを行う日程が調整できたら期日までに企業側で質問する内容を決めます。

    日程調整して決めた日付になったら電話、またはZoomなどのWeb会議システムを使ってリファレンスチェックを行います。

    最後に、「誰に」「質問内容」「回答結果」「総評」といったリファレンスチェックの内容をレポートにまとめ、採用関連メンバーと共有したらリファレンスチェックは完了です。

    おすすめの類似リファレンスチェックサービス

    類似サービス: Parame Recruit

    (4.5)

    月額料金1.5万円〜(チケットプラン)無料お試し要問い合わせ
    初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

    Parame Recruitとは、株式会社Parame Recruitが運営しているリファレンスチェックサービスです。 採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

    面接だけではわからない候補者情報を取得できる

    Parame Recruitは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

    信憑性の担保が可能

    Parame Recruitでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

    チャットで追加質問ができる

    回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

    企業側でリファレンス先を探す方法

    リファレンスチェックのもう1つの方法としては、企業側でリファレンス先を探す方法になります。

    採用候補者側にリファレンス先を紹介してもらう時と同様に、まずは採用候補者にリファレンスチェックを実施する目的を説明し、前職の方から情報を提供してもらうことについて説明し、承諾をもらいます。

    採用候補者の前職と自社が同業界であればコンタクトもとりやすいでしょう。

    リファレンス先を探すには、企業に直接電話や、メールを送ってコンタクトを取るか、SNSやWebを駆使して探す方法がありますが、どちらも手間がかかるため可能であれば候補者に紹介してもらう方が効率的です。

    リファレンス先の方にも都合があるため、余裕を持って日程調整を行い、リファレンスチェックを実施する期日までに質問内容を決めておきましょう。

    自社でリファレンス先を探すことが難しい場合は、専門のリファレンスチェックサービスを利用するのもおすすめです。

    リファレンスチェックサービスでは質問テンプレートを用意していたり、質問作成をサポートしてくれるため、初めてリファレンスチェックを実施する企業は積極的に利用してみると良いでしょう。

    電話やメール、FAX、Web会議ツールなどを使いリファレンスチェックを実施、誰にどんな質問をしてどんな回答が得られたのかなどをレポートにまとめます。

    リファレンスチェックサービスでは、このレポート作成部分も代行してくれるため効率的です。

    作成したレポートは採用に関わるメンバーで共有して、採用判断に活用するようにしましょう。

    ただし、リファレンスチェックはあくまで第三者による意見、過去の意見であるため、現在は短所などが改善されている可能性もありますし、マイナスな印象については回答者の主観によるものであるため、リファレンスチェックの結果を鵜呑みにして採用の判断基準にするのはおすすめしません。

     

      • qeee枠【リファレンスチェック】※qeee枠未実装

        類似サービス: Parame Recruit

        (4.5)

        月額料金1.5万円〜(チケットプラン)無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

        Parame Recruitとは、株式会社Parame Recruitが運営しているリファレンスチェックサービスです。 採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

        面接だけではわからない候補者情報を取得できる

        Parame Recruitは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

        信憑性の担保が可能

        Parame Recruitでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

        チャットで追加質問ができる

        回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載