リファレンスチェックとは?どんな目的で行う?

更新日:

    リファレンスチェックとは?

    リファレンスチェック(reference check)とは、中途採用の過程において採用候補者・内定候補者の勤務状況や実績、人物像について前職の関係者にヒアリングを行う調査手法のことを指します。

    主に企業自身が電話やメールで行うケースが多いですが、最近ではリファレンスチェックに特化したアウトソーシングサービスなども登場しています。

    外資系企業では一般的に行われてきたリファレンスチェックですが、日本でも採用競争の激化などから自社とマッチする人材を確実に見極めるため導入する企業が増えている傾向にあります。

    リファレンスチェックは採用候補者に無断で行うことはなく、了承を事前に得た上で行うのが一般的です。

    採用候補者が前職でどんな仕事をしていたのか、書類や面談での内容に虚偽がないのかを確かめるためにも候補者の同僚や上司など近しい人に依頼してもらうようにしましょう。

    選考プロセスにおけるリファレンスチェックを行うタイミングは、企業によって様々ですが内定前に最終チェックとして実施するケースが多いようです。

    前職調査とは違う?

    リファレンスチェックと混同されるものとして前職調査があります。

    しかし、その両者は似て非なるものであり、調査内容が違います。

    リファレンスチェックでは、採用候補者の前職での実績や働きぶりだけでなくコミュニケーション能力など人柄を含めた調査を行います。

    これに対して前職調査は、これまで働いていた企業においての経歴詐称や金銭トラブルがないかなどを調査します。

    しかし、前職調査は個人情報保護法に抵触する場合もあるため、情報収集が難しく、最近ではリファレンスチェックに移行する企業も多いようです。

    おすすめの類似リファレンスチェックサービス

    類似サービス: Parame Recruit

    (4.5)

    月額料金1.5万円〜(チケットプラン)無料お試し要問い合わせ
    初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

    Parame Recruitとは、株式会社Parame Recruitが運営しているリファレンスチェックサービスです。 採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

    面接だけではわからない候補者情報を取得できる

    Parame Recruitは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

    信憑性の担保が可能

    Parame Recruitでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

    チャットで追加質問ができる

    回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

    リファレンスチェックを行うメリット

    採用後のミスマッチを減らすことができる

    リファレンスチェックを行うことで、内定後や入社後に経歴詐称が発覚するリスクや社風に馴染めず早期退職してしまうリスクを減らすことができます。

    自社と採用候補者の間でミスマッチの差が大きいと、教育コストも大きくなりますし、早期退職されてしまうとそもそも採用コストが無駄になってしまいます。

    リファレンスチェックを行い、候補者がどんな人物なのかを把握することで両者にとってWin-Winな関係を構築することが可能になります。

    採用候補者が働きやすい人材活用が可能になる

    リファレンスチェックを行うことで、求職者がどんな理由で前職を辞めたのか、職場での勤務態度がどうだったのかを把握することができます。

    働き方に問題があることがわかれば採用を取りやめ早期退職のリスクを減らすことができますし、何を重視して働いていたのかがわかれば、求職者の希望する労働環境を提供できるようにもなります。

    入社後に自分が働きやすい環境が整備されていれば、企業定着率のアップにもつながるというメリットがあります。

    書類や面接だけではわからない情報を知ることができる

    前職でどんな仕事ぶりだったのか、辞めた詳細な原因、人柄をリファレンスチェックでは知ることができます。

    求職者によっては面接時にマイナスな印象を与えかねない内容をわざと隠したり、話を改変する可能性もあります。

    リファレンスチェックでは、このような求職者のマイナス面も把握することができます。

    また、その逆もあり、求職者自身が認識していなかった長所を知ることができる点もメリットです。

    例えば実績としては表記されていなくても、リファレンスチェックによって「チーム内で細かい面までサポートしてくれた」といった紙面上ではわからなかった貢献度などを知ることができます。
    求職者にとっては当たり前だと思っていることも、企業から見ると大きな長所ということは存外あるものです。

    リファレンスチェックでは、企業側が質問内容を事前に作成して求職者が働いていた企業の関係者などに対してヒアリングを行うため、企業が求めている人材に必要なスキルや能力を持っているのかが事前に把握しやすくなります。

      • qeee枠【リファレンスチェック】※qeee枠未実装

        類似サービス: Parame Recruit

        (4.5)

        月額料金1.5万円〜(チケットプラン)無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

        Parame Recruitとは、株式会社Parame Recruitが運営しているリファレンスチェックサービスです。 採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

        面接だけではわからない候補者情報を取得できる

        Parame Recruitは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

        信憑性の担保が可能

        Parame Recruitでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

        チャットで追加質問ができる

        回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載