労務管理を効率的に行う方法

更新日:

    労務管理を効率的に行う方法

    労務管理を効率化させるには既存業務を見直してITツールの導入などを行うと良いでしょう。

    入社手続き・退社手続き

    入退社手続きは一年の中で何度も発生する業務ですので業務効率化は欠かせません。

    どちらの手続きにも必要な書類が多いため、紙ベースで行なっている場合は手間と時間がかかります。

    入退社手続の効率化にはチェックリストを活用してみたり労務管理システムを導入すると良いでしょう。

    チェックリストはExcelで作成すればコストをかけずに実施できる点が優れています。

    作成したチェックリストをもとに業務を進めることで記入漏れや提出漏れのミスを削減、進捗状況を可視化することが可能です。

    ただし、チェックリストの作成にはExcelに関する知識が必要ですし、手入力が基本ですので入力ミスが発生することもあり得ます。

    そういったリスクを懸念される場合は労務管理システムを導入すると良いでしょう。

    労務管理システムは、労務管理に関する業務に特化した機能が搭載されており、入退社手続きに関する必要書類の作成から提出までがワンストップでできるシステムも多数あります。

    労務管理システムをお探しの方におすすめの関連サービス

    勤怠管理

    勤怠管理は従業員の出勤日や退勤状況など勤怠に関する情報を管理する業務です。

    従業員数の少ない小規模企業であれば、管理が煩雑化することもあまりないですが、従業員数が増えるごとに一人ひとりの管理が難しくなる傾向にあります。そのような場合、Excelや勤怠管理システムを活用してみると良いでしょう。

    Excelで勤怠管理を行うメリットとしては、関数を用いた手軽な情報集計ができる点、無料のテンプレートも多いためコストをかけずに勤怠管理が効率化できる点などが挙げられます。

    勤怠管理システムを導入する場合、Excel入力による打ち間違いなどのミスをなくし、より手軽な操作で勤怠管理を行うことができます。

    また、勤怠管理システムは給与計算システムと連携することで勤怠情報から自動的に給与計算ができる点も優れています。

    さらに、従業員の勤怠状況を分析して超過労働を事前に検知するシステムもあります。

    給与計算

    給与計算業務は従業員数が多いほどに煩雑化しやすい業務です。

    従業員ごとに雇用契約の内容や賃金に関する情報が違うため、アナログな管理では非常に手間がかかるでしょう。

    さらに、税率の変更など法改正があった場合には見直しが必要となるため、ミスにつながることもあり得ます。

    給与計算を効率化させるにもExcelが有効で、ネット上で公開されている無料のテンプレートを活用してコストをかけないで給与計算を効率化することができます。

    ただし、Excelでの管理は税法の改正や給与情報の変更があった際に修正をしなければいけないた、この点が手間に感じる場合は給与計算システムの導入を検討すると良いでしょう。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載