Workcloud(ワーククラウド)の料金·評判·機能について。どんなことが効率化できる?

最終更新日 

企業が提供するサービスの多様化やワークスタイルの多様化で、企業における人材労務管理は複雑化しています。
従来のような表計算ソフトによる管理や導入コストがかかる独自システムによる管理から、もっと気軽に効率的に人事労務管理ができるサービスへの注目が集まっています。
その1つであるWorkcloud(ワーククラウド)の特徴や強み、料金プランなどを分析していきます。

Workcloudとは

Workcloudは会社の人事をオンライン上で一元管理できる人事労務管理クラウドサービスです。
人事管理、勤怠管理、有休管理、給与計算、マイナンバー管理に至るまで、人材管理や労務管理に必要な機能が揃っており、誰もが簡単に使えます。

Workcloudの特徴·機能

人事労務管理をオンライン上でスマート化してくれるWorkcloudの特徴や機能を見ていきましょう。

人事労務管理の効率をアップ

人材の管理や勤怠管理、給与計算に至るまでオンライン上で完結でき、人事·事業戦略のためのデータ利用もしやすくなります。
給与計算に必要なデータを自動収集できるので手入力によるミスがなくなり、ワンクリックで給与計算から給与明細発行までスピード完結できるのも便利です。煩雑な作業が自動処理化でき、作業効率がアップできます。

手間なく入退職管理

入社と退職の管理もスムーズで、社会保険、雇用保険、税務署対応など各手続きに必要なフォームを作成して、プリントアウトするだけで、そのまま提出できます。
退職者の最後の給与計算やハローワークの準備も手間がかかりません。クラウドシステムなので、変更が多い保険料率や税率、法律の改正が自動でアップデートされるのも便利です。また、自社の健康組合や年金基金がある場合も、独自の控除率を設定して計算することが可能です。

楽々勤怠管理

タイムカードの打刻漏れや勤務シートによる面倒な勤怠管理や転記ミスも防ぐことができます。
カードアプリがなくても、PC、スマホでインターネットブラウザを使って簡単に打刻ができるので、直行や直帰など社外からの打刻もできます。
飲食店など店舗が複数ある場合でも、店舗所在地ごとに勤怠管理ができ、上長の承認を必要とする設定も可能です。
フレックスタイム制の残業計算に対応しており、月単位、週単位、1日単位、コアタイムなど、事業所や職場のワークスタイルに合わせた設定ができます。打刻や承認漏れがないよう、メールで通知する機能も搭載されています。

Workcloudの強み

Workcloudはクラウドを利用したデータの一元管理をはじめ、就業時間や休暇申請、社会保険手続きや給与計算、マイナンバーの管理など人事労務に必要な機能が揃っており、人事労務管理のスピードアップと効率化が図れます。
サポート体制が充実しているので、操作に困ったときなども気軽に問い合わせができます。
各従業員の休暇のスケジュールなどを部署単位で閲覧できるようにするなど、視覚化や明確化が可能となり、公正でスムーズな職場運営ができるようになるのも強みです。

Workcloudの価格·料金プラン

Workcloudの公式サイトでは、料金プランが明示されていません。
企業の規模などによって費用が異なってくるため、見積もりが必要となります。
料金の詳細を知りたい際には、問い合わせが必要です。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

Workcloudの注意点

Workcloudは人事労務管理に必要な幅広い機能が揃い、各企業の必要に合わせて柔軟な設定ができるのが魅力です。
ただし、料金プランが具体的ではないため、導入にあたって不安になることや躊躇されるかもしれません。

Workcloudの口コミ·利用企業からの評判

休みの取得状況が明確化

“これまで有休申請と承認を口頭で済ませるケースも多く、実際の取得日数が管理側の表計算ソフトのデータと合致していないことや休んだのに休んでいないことになっているなどの問題が生じていました。Workcloudを導入したことで、有休の申請から承認までのフローで、誰がいつ休むかを明確化できます。カレンダー機能を使って、チームスタッフの休み状況が一目瞭然で管理しやすいので助かっています。”(株式会社システムズ ゴー様)

経営判断に必要不可欠な心強い人事労務管理システム

“重要な情報を集約して一元管理でき、リアルタイムでデータを確認できるのが便利です。今月の人件費、社会保険費用などのデータをまとめて確認できるので、会社の運営コストが把握しやすくなりました。残業計算、給与計算を自動化が図れて作業時間が軽減されました。誰が何時間働いたか、月次·年次の勤務時間状況がグラフで確認できるため、一目で視認性が高く、使い勝手に優れています。勤怠管理をペーパーレス化して、コストダウンにも役立っています。”(公認会計士·税理士 松本会計事務所様)

類似サービスとの比較

類似サービスである「レコル」は簡単にシステムを導入でき、勤怠管理における作業の効率化と管理コスト削減をサポートしてくれます。初期設定が不要で、最速で申し込み即日から利用が可能です。
操作画面はシンプルで直感的操作ができるので、マニュアルなしでも簡単に使いこなせ、教育コストもかかりません。システムを導入後に運用方法などで困った場合には、専門の操作窓口で無料サポートが受けられます。
料金は初期費用0円、運用·サポート費用0円、月額費用1人あたり100円(税抜き)で、最低利用料金は3,000円からです。
Workcloudは料金は要問い合わせとなりますが、人事労務管理に必要な機能をフル装備し、グラフ機能なども備えており、経営判断のサポートにも役立ちます。

Workcloudで労務管理のスピードアップを

Workcloudは人事労務管理に必要な機能を備え、面倒な給与計算などの自動化も図れ、作業効率を高めてくれるオンラインクラウドサービスです。
休暇申請状況や残業状況などの見える化も図られ、透明性の高い人事労務管理ができるようになります。

画像·データ出典:Workcloud公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部