RPA導入の失敗事例と原因・対策を紹介!

更新日:

    RPAの導入に関する失敗事例

    RPAは導入すれば多くの業務を自動化することができるため、導入効果が大きいというイメージがある反面、設定や管理などの難しさが原因で思うように活用ができなかったという事例も少なくはありません。

    RPAの運用や導入においてよくある失敗例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

    うまく活用ができていない

    RPAは導入すれば必ず成果がでるものではありません。RPAが得意としている業務、不得意としている分野があるため、導入企業とのマッチ度合いによって業務効率化できるかが大きいと言えるでしょう。

    RPAはホワイトカラーが行うような単純作業、繰り返しの業務を自動化することが得意です。

    ですので、人間が柔軟に考えて判断する必要がある業務を自動化したいという場合にはRPAを導入しても効果は薄いでしょう。

    メンテナンスが多く、取られる時間が多くなってしまう

    RPAは一度設定した業務を繰り返し実行することができますが、トラブルを回避するためにも定期的なメンテナンスが欠かせません。

    実行させる業務が変わった場合や、ルールが変更された場合などにもメンテナンスが必要となるため、頻繁に業務内容が変更されるような業務をRPAに任せると、都度メンテナンスをしなくてはいけないため、その分時間をとられることになります。

    メンテナンスが多くなるほどに業務効率化できた時間よりもメンテナンスにかける時間が増えてしまうため、導入効果をあまり感じられないことになってしまうでしょう。

    RPAの導入・運用に関する失敗の原因

    RPAを導入する際においての失敗原因としては、以下の点がよく挙げられます。

    • RPAを導入する目的が不明確
    • 任せたい業務とRPAの相性が悪い
    • ツールの選定が不十分
    • 担当者のITリテラシー不足
    • ルール設定が不十分

    RPA導入や運用に関する失敗の対策方法

    導入する目的を明確にしておく

    RPAは導入目的を決めて、自社の業務とRPAのマッチ度合いを確かめてからでないと効果的なツール選定は難しいでしょう。

    現状どんな課題があり、RPAで本当に解決できるのか、費用対効果は高いのかを明確にして社内で共有することが重要です。

    また、RPAを導入した際の成功ラインを決めておくと導入効果を可視化しやすくなります。

    システムトラブル時の対処方法を決めておく

    RPAは予期せぬトラブルによって機能停止するケースも考えられます。

    そのため、緊急停止時の対処方法を予め決めて社内で共有しておくことが重要です。

    業務データのバックアップ体制、障害発生時のマニュアルを作成、RPA停止時に業務を誰に割り振るかなどを決めておくと良いでしょう。

    RPAが停止し、復旧までに時間がかかることによって企業としての信用問題に発展してしまうこともあるため、事前にしっかりと対策を立てることが必要があります。

      • qeee枠【RPA】

        継続率97%の国産RPA: Robo-Pat DX(ロボパットDX)

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用0円サポート費用0円

        プログラミングなどの専門的な知識がなくてもロボットを作成できる手軽さと、中小企業でも利用しやすい料金体系が魅力的で、すでに750社1,500アカウント以上で導入されている

        ノンプログラミングでロボットを作成

        ロボパットDXは、プログラミングなどの専門的な知識がなくても手軽にロボットを作成することができます。 RPAを自社に導入したいが、エンジニアがいないため新しいシステムを導入することができないという課題に対しても、現場の社員がロボットを作成して指示を出すことができるロボパットDXであれば、簡単に運用を開始することが可能になります。

        短期での利用が可能

        RPAツールの中には、年間契約しかできず、繁忙期だけRPAを導入したいのに余計なコストが発生してしまうものもあります。 ロボパットDXは、利用者側のニーズを理解して設計されているため、1ヶ月単位での導入を実現しています。

        さまざまな課題を解決

        ロボパットDXを導入することで、属人的な業務の解消やスムーズな引き継ぎが実現できるようになります。また、売り上げに直結しないようなルーティーン業務の自動化、ロボットによる人材不足の解消なども可能になり、業務におけるミスや確認作業のストレスも軽減できます。

        インストール不要でRPAが利用可能: RoboticCrowd

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        クラウド型のため、PCへのインストールが不要でブラウザ上で利用することが可能です。稼働中はPC端末を占有することもないため、土日を含めた24時間365日ロボットを起動することができ、生産性をより高めることができます。

        ノ専門的な知識やスキルは不要で導入できる

        RoboticCrowdは、プログラミング不要で見たままに一連の業務フローをロボットに記録させることが可能です。 さらに、Google Chromeの拡張機能を使えば、より手軽にかつ利便性高く記録させることができます。

        個人/チームのどちらにも最適

        RoboticCrowdは、クラウド型のRPAのため個人での利用はもちろんのこと、ライセンスをチームで共有して利用することもできます。 テキストベースのエディタモードが搭載されており、業務フローをそのままコピーしてチームで共有すれば、ノウハウが蓄積され、更なる業務効率化を可能とします。

        様々なシステムとの連携もスムーズ

        RoboticCrowdは、さまざまなシステムと連携することができます。 プリセットされた多数のAPI接続パッケージを利用することができ、複雑な社内システムとの連携をはじめ、外部APIとの連携もスムーズに実現することが可能です。

        サポート体制に優れたRPA: RoboTANGO

        (4.5)

        月額費用5万円無料お試しあり
        初期費用10万円最短導入期間要問い合わせ

        実際にRoboTANGOを導入した企業からは、「業務時間が大幅に削減できた」、「サポート体制が優れている」といった声が挙げられており、機能性はもちろん、初めての方にも親しみやすいサービスであることがわかります。

        複数端末で利用可能

        RoboTANGOは、一つのライセンスを複数のPC端末で利用することができるフローティングライセンスが標準搭載されています。 そのため、離れた拠点や部署を跨いだ利用も可能なため、最小限のコストで運用することが可能です。

        低価格で利用できる

        RPAツールは、初期費用や月額費用が高額になってしまい、自ずと大企業向けの製品が多いという印象を持つ方も多いでしょう。 RoboTANGOは、1ライセンス5万円から利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入しやすいという特徴があります。

        録画機能でスムーズにロボット作成

        RoboTANGOには、画面上の操作を録画する機能が搭載されており、これを活用して、はじめからスムーズにロボットを作成することができます。 ロボット開発の専門的な知識がなくても、普段行なっている業務をPC上で録画してロボットに覚えさせることで、簡単にベースのロボットを作成することができるため、導入から本格的な運用までを短期間で実現することが可能です。

      • RPA

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載