SaaS管理ツールのおすすめ3選を比較【最新版】

更新日:

昨今では、どの企業でも何かしらのSaaS系のサービスを導入している企業が多いはずです。

今回はそのSaaSを管理するサービスである「SaaS管理ツール」についてご紹介いたします。

SaaSにまつわるアカウントやコストの管理などに頭を悩ませている企業の方はぜひ、参考になさってみてください。

SaaS管理ツールとは?

「SaaS管理ツール」とは、社内のSaaS系ツールの利用状況を可視化してくれるサービスです。

コスト・アカウントの権限を一元的に管理できる上、誰がどの程度SaaSを利用しているかなどの状況も把握できます。

近年、企業ではSaaSが幅広く導入されるようになり、それに伴いSaaS管理ツールも盛んに利用されるようになりました。

しかし、社内で利用するSaaSの数が増えるに従って、管理の面が困難になる傾向にあります。

特に業務内容によって違うSaaSを利用している場合などにおいては、社内でも利用状況が把握しきれず、利用されていないままずっと放置されていたり、使用料を払い続けていたりするケースも少なくないはずです。

また、入退職などによって使用されていないアカウントがそのまま放置されていたりなど、アカウントの管理についても煩雑さを極めます。

そういった困りごとを解決することを背景に、SaaS管理ツールは登場しました。

SaaS管理ツール導入のメリット

アカウントを管理できる

SaaS管理ツールを導入すれば、「アカウントの可視化」が実現されます。

SaaSは、当然それぞれのツールごとにアカウントを作成して利用しますが、沢山のツールを利用している場合、入退社などによって社員が入れ替わるごとに行われるアカウントの削除・作成などの作業が、非常に煩雑になるはずです。。

また、稼働中のアカウントをExcelやスプレッドシートで管理する場合、入力ミスや消し忘れなどを完全に払拭することは不可能でしょう。

SaaS管理ツールを使用した場合、各個人のアカウントがツール内で簡単に閲覧できるようになるため、使用中のSaaSのアカウント・権限などを誰でもすぐに把握でき、煩わしさを解消することができます。

アカウントの追加や変更に関しても、ツール側で一括して行えるようにしておけば業務は大幅に効率化されるはずです。

コストの削減に最適

アカウントを可視化することで、不要なアカウントを把握できることは先にも述べた通りですが、社員の入れ替えなどにより誰も使っていないアカウントに費用を払い続けていたとしたら、非常に無駄なコストが発生していることになります。

SaaS管理ツールによって、SaaSのコストを可視化できれば、不要なアカウントにどのくらいの費用を払い続けているかをチェックすることが可能です。

契約更新のタイミングなどで、今後そのSaaSを利用し続けるかどうかを考え直すきっかけにもなるでしょう。

同じ機能を持つ割安なツールへと変更したり、ツールそのものの利用を一旦やめて、業務への取り組みを変えるなど、より良い環境づくりへと繋げることができるはずです。

強固なセキュリティ対策

SaaSは、高機能でかつ手軽さが魅力なツールですが、一方でセキュリティリスクも潜んでいます。

特にリモートワークが普及した昨今、社外から同じツールにアクセスすることも少なくないと思われますが、SaaS管理ツールを利用すれば、悪意のある第三者からのアクセスの解消にも役立ちます。

また、各SaaSをいつ誰が利用しているかすぐ把握できるので、社内での不正アクセスのリスクも払拭できるでしょう。

おすすめのSaaS管理ツールサービス

ソアスク

特徴

ソアスクは、株式会社オプロが提供しているクラウド型のサブスクリプション管理サービスです。

価格管理・見積管理・契約管理などあらゆる管理機能が満載で、サブスクリプションビジネスを成功させた企業の強い味方です。

導入支援パッケージにより、自社に合わせて、カスタマイズできるのも嬉しいポイントです。

Scalebase

特徴

Scalebase(スケールベース)は、アルプ株式会社が提供しており、サブスクリプション管理プラットフォームですとして高い評価を得ているサービスです。

商品マスタ管理・契約情報管理など、サブスクリプションビジネスのあらゆる業務の一元管理を可能とし、会計システム・電子契約書サービス・請求書管理システムなど他社のシステムと連携できる強みを持っています。

zuora

特徴

zuoraとは米国の企業によるサブスクリプション管理システムです。

クラウドベースでサブスクリプションの管理を行えます。

注文・見積もり・請求・回収・分析・収益認識など、上流〜下流までのプロセスの自動化を可能としてくれます。

SaaS管理ツールの選び方

SaaS管理ツールを選択する際は以下のポイントに着目すると良いでしょう。

SaaS管理ツールの種類を確認する

SaaS管理ツールには主に以下2つのタイプが存在しますので、最適な方を選びましょう。

利用状況の把握が得意なタイプ

アカウントを管理する点にウエイトをおいた利用状況の把握を得意とするタイプは、アカウントの作成・削除・権限管理などを得意分野とし、アカウント管理をより効率的に行いたい企業におすすめです。

SaaSにかかっているコストを可視化できる機能も、企業にとって嬉しいポイントと言えるでしょう。

セキュリティ対策に強みを持つタイプ

シングルサインオン(別々のSaaSへのログインを一度のID・パスワード入力で行える技術)や2要素認証(ID・パスワード以外にも生体認証・ワンタイムパスワードが行える)などが可能なタイプは、セキュリティ面に強みを発揮します。

誤送信や悪意のある接触に対応できるセキュリティ機能が非常に高度であるため、安全かつ効率的なアカウント管理に最適です。

対応できるSaaSの種類を確認する

SaaS管理ツール選定の際には、そのツールが管理できるSaaSを事前にしっかりと確認しておくことが必要です。

使用中のSaaSが管理の対象外であることも考えられるため、十分に注意しましょう。

アカウント情報の連携機能の有無を確認する

入退社手続きが行える「労務管理システム」と連携できるSaaS管理ツールを利用すれば、社員の入れ替わりがあった際に、アカウントの管理や削除の手間を省くことが可能です。

また、システムの連携を図ることにより、労務管理システムが所有している利用者の氏名・組織名・メールアドレスなどといった個人情報をSaaS管理ツールでも共有できるなど、便利な使い方が広がります。

まとめ

以上、「SaaS管理ツール」についてご紹介いたしました。

SaaS系サービスは、これまで実現しなかった業務の効率化や自動化を叶えてくれますが、その分アカウント管理やセキュリティ対策、コスト管理に注意を払う必要があります。

導入中のSaaS系サービスの管理に頭を悩ませている企業の方はぜひ、この記事を参考になさってみてください。

これはSaaS管理の製品です。
SaaS管理の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【SaaS管理】

      類似サービス: YESOD

      (4.5)

               
      月額料金要問い合わせ契約期間要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ記事提供開始要問い合わせ

      YESODとは、株式会社イエソドが運営しているクラウドID統制プラットフォームです。 利用しているSaaSアカウントの統合管理や従業員情報をリアルタイムに把握できるサービスを展開しており、統合ID管理を実現します。

         

      散在した社内のID情報を統合

      YESODが提供している「YESOD ディレクトリサービス」を導入することで、従業員や組織の情報をリアルタイムに把握できるようになります。

      アカウント管理のセキュリティを強化

      YESODが提供している「YESOD アカウント棚卸」では、利用しているSaaSアカウント情報を自動で取得してSaaS統制を強化、セキュアな管理体制を実現します。

      類似サービス: LOCKED

      (4.5)

               
      月額料金要問い合わせ契約期間要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ記事提供開始要問い合わせ

      OCKEDとは、株式会社onetapが運営しているSaaSアカウントの管理ツールです。 SaaSの活用に特化した2つのサービスを提供しており、SaaSアカウントの自動設定や安全な運用を実現します。

      アカウントを一括で自動設定できる

      LOCKEDのサービスの1つであるLOCKED DASは、Microsoft365やGoogle Workspaceなどの人事系SaaS利用時のIDや氏名、部署などのアカウントを監視することができます。

      棚卸台帳で設定状況の記録や把握ができる

      LOCKEDの棚卸台帳機能では、部署/役職/拠点/所属企業名/在籍状況/入退職日など、様々な項目で柔軟にユーザーを検索し、アカウントの保有状況を瞬時に把握する事が可能です。 監査の面から定期的に行われるべき棚卸しを、簡単かつミスなく実現できるようになります。

      利用実態ログで解析ができる

      利用端末や地域などを記録する事で、統制面の強化や利用促進まで、様々な取り組みが実現できます。 結果は分かりやすいレポートで確認できるため、各社の状況がひと目で分かります。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載