緊急連絡・安否確認システムの料金·評判·機能について

更新日:

    地震や台風などの自然災害が多い日本では、東日本大震災などの大型地震を受けて「BCP対策」が求められています。

    BCP(Business Continuity Plan)対策とは不測の事態が発生したときに事業活動をストップしない、もしくは速やかに復旧し影響を最小限にする計画のことです。

    今回紹介する緊急連絡・安否確認システムは、災害時にも簡単操作で従業員の安否確認ができることから注目されているサービスです。

    本記事では緊急連絡・安否確認システムの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    緊急連絡・安否確認システムとは

    緊急連絡・安否確認システムとは日本電気株式会社が運営している安否確認システムです。

    東日本大震災の被災経験を活かして開発されたシステムで、少ないステップで回答することができるため災害時でも迅速に安否確認連絡が可能となっています。

    社員の安否情報が迅速に確認でき、BCP対策を後押しするサービスとして多くの企業で導入されています。

    おすすめの類似安否確認システム

    災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

    (4.5)

    月額料金1,250円〜無料お試し要問い合わせ
    初期費用0円最低利用人数1人〜

    実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

    低価格から導入できる

    バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

    普段から連絡網として活用できる

    災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

    ホワイトボードで情報共有を効率化

    バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

    緊急連絡・安否確認システムの機能·特徴

    災害時にも迅速に安否確認が可能

    万が一災害が起きた際には管理者がPCまたはスマートフォン、携帯電話から安否確認を発動すると、スマートフォンの利用者にはプッシュ通知が、携帯電話の利用者には安否確認メールが届きます。

    Webブラウザを介さず利用できるためネットワークが混雑している状況でも安定した利用が期待できます。

    ワンクリックで安否状況の回答が可能

    災害時にはできるだけ少ない工数で安否状況の連絡ができることが重要です。

    緊急連絡・安否確認システムでは、管理者から発信された安否確認状況の通知に対して、社員はメール本文にある「無事•出勤可能」「無事•出勤不可」といった選択肢から該当するもの(メールアドレス)を選んで空メールを送るだけで安否状況の連絡が可能となります。

    スマートフォンを利用している方の場合は、受け取ったプッシュ通知をクリックして専用アプリから状況を選択して回答するだけで安否状況を伝えることができます。

    利用している端末によって漏れることなく、迅速かつ簡単に安否状況の確認、連絡をすることができるようになります。

    平時の連絡網としても活用できる

    緊急連絡・安否確認システムには一斉メール配信機能が搭載されているため、災害時以外にも普段から業務連絡用のツールとして利用することができます。

    一斉メールは全組織、部門単位、地域単位で送信することが可能です。

    また、アンケート機能があるので災害時の社員支援に活用することはもちろん、普段の業務におけるトラブル対応時などに活用することもできます。

    緊急連絡・安否確認システムの料金·価格

    緊急連絡・安否確認システムは初期費用不要で利用することができます。

    月額料金は利用人数によって異なり詳細は以下の通りです。

    ご利用人数月額料金
    100名以下12,000円
    200名以下14,000円
    300名以下16,000円
    400名以下18,000円
    500名以下20,000円
    600名以下22,000円
    700名以下24,000円
    800名以下26,000円
    900名以下28,000円
    1,000名以下30,000円

    2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    緊急連絡・安否確認システムでは、無料トライアルについては明記がないためお問い合わせが必要となります。

    緊急連絡・安否確認システムで安否確認の効率化を

    緊急連絡・安否確認システムについてご紹介させていただきました。

    • 迅速な安否確認連絡が可能
    • 安否状況の回答もワンクリックで手軽
    • 連絡網として使える機能も搭載

    上記の点から、災害時に迅速かつ簡単な安否確認ができるシステムを探しているという方はもちろん、災害時以外にも活用できるサービスを探しているという方にもおすすめです。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:緊急連絡・安否確認システム公式サイト

      • qeee枠【安否確認サービス】

        災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

        (4.5)

        月額料金1,250円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最低利用人数1人〜

        実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

        低価格から導入できる

        バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

        普段から連絡網として活用できる

        災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

        ホワイトボードで情報共有を効率化

        バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載