Active! gate SS(アクティブ ゲート エスエス)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
300円〜
初期費用
50,000円〜
無料お試し
60日間
導入社数
非公開
これはセキュリティソフトの製品です。
セキュリティソフトの製品をまとめて資料請求

日々のやりとりでメールを使う機会は多いでしょう。しかし、メールから情報が漏れてしまうこともあります。そんな時に便利なのがActive! gate SSというシステムです。Active! gate SSを利用すれば、情報が漏洩するという心配もないでしょう。

Active! gate SSの特徴・機能

添付ファイルの暗号化

添付ファイルのセキュリティ面にも気をつけたいところですが、Active! gate SSには添付ファイルを暗号化する機能があるため安心して使用できます。暗号化の作業も全て自動で行ってくれるので、手間もかかりません。

上司承認

会社でメールを送信する際に、上司にいちいちチェックしてもらうのは手間がかかるでしょう。Active! gate SSには上司承認という機能があり、上司が承認しない限りメールが送信されません。上司がメールの承認をすると社外へ送信されます。

ウイルスを自動チェック

Active! gate SSにはウイルスを自動的にチェックする機能があるため、送信メールがウイルスに侵されてしまうと言った心配もありません。いつでも安全に送信メールを送ることができます。


おすすめの類似セキュリティソフト

全世界からのDDoS攻撃を検出・遮断: Cloudbric ADDoS

(4.5)

月額費用98,000円~無料お試し要お問合せ
初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

クラウド型DDoS攻撃防御対策システム。発信元に最も近いEdgeにてワークロードを分散して処理するため、最大65Tbpsのトラフィックを緩和することが可能で、リアルタイムで常時トラフィックを監視してくれます。

   

3STEPで簡単導入・利用できる

専門家でなくても3つのプロセスで簡単に導入できます。 利用者はDNS情報を変更し、Cloudbric ADDoSを経由するように設定すればすぐ利用開始できます。

セキュリティ・エキスパートによるマネジード型セキュリティサービス付き

Cloudbric ADDoSの利用開始後、セキュリティ・エキスパートによるトラフィック学習・分析の上、必要に応じ運用ポリシーを調整します。 利用者に応じたカスタマイズされたマネージド・セキュリティ・サービスを提供しています。

日本のお客様向け手厚いサポート対応

Cloudbric ADDoSは、日本の利用者に特化ししており、24時間365日の日本語サポート体制で安心して使用できます。

リモートアクセスのセキュリティを強化: Cloudbric RAS

(4.5)

月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
初期費用要お問合せ特徴通常ブラウザからアクセスが可能

CloudbricSecurityPlatformにて選択できるZTNAソリューション。安全なテレワーク環境を構築するための企業の課題を解決するSaaS型テレワーク・サービスです。

二要素認証の追加

通常のブラウザからアクセスする際に、Cloudbric RASで認証を行なってアクセス可否を判断することができるため、簡単に二要素認証を追加することが可能です。

認証仕組みの新規導入

Cloudbric RASを導入することで、クラウド上アプリケーションへのアクセスをCloudbric RASからの特定IPのみ許可したり、制限することで、個々の利用者に対して二要素認証を追加して、より安全なアクセス環境の構築を実現します。

外部からのアクセス強化

既存の認証にCloudbric RASの認証を加えることで、利用者のメールアドレスに6桁のPINコードを送付することができます。 これによって、簡単に2段階認証を追加できるため、テレワークなどでの外部からのアクセスを強化することが可能となります。

類似サービス: iDoperation SC

(4.5)

                   
月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
初期費用要お問合せ最低導入期間要問い合わせ

Doperation SCは、NTTテクノクロス株式会社が提供する画面操作録画ソフトです。 PCやサーバに、録画エージェントをインストールし、画面操作を動画で記録します。 テキスト形式のログだけでは記録できない、WebメールやUSBデバイスによるデータの持ち出しなどの操作も完全に記録することで、不正を抑止します。

   

直感的で使いやすい

iDoperation SCの録画エージェントのインストールは簡単で、導入後すぐに画面操作の録画を開始することができます。 記録した動画は専用のビューアから再生するだけのため、誰でも簡単に操作の確認ができ、操作がない時間帯はスキップしてユーザ操作のみを効率的に再生できる点も優れています。

高画質かつ低容量で録画が可能

高度な画像圧縮技術を採用しているため、小さな動画サイズであっても高画質かつ低容量で録画することができます。 導入前に、必要となるディスク容量やシステムリソースをサイジングシートで簡単に算出できます。

操作ログ管理製品との連携もできる

iDoperation SCは、他の操作ログ管理製品を連携することで、iDoperation SCの検索画面から操作ログ記録製品のログを検索キーワードにして検索でき、該当する操作の頭出し再生を行うことが可能になります。

この製品はセキュリティソフトの製品です。
セキュリティソフトの製品をまとめて資料請求

Active! gate SS導入のメリット

Active! gate SS導入のメリットは主に以下の2つです。
・情報漏洩のリスクを減らせる
・添付ファイルまで暗号化できる
メールで重要なデータのやり取りをすることも多いでしょう。Active! gate SSでは情報が漏洩しないようにあらゆる工夫をしています。重要度の高いメールに関しては、セキュリティーポリシーを管理者が設定するなどの工夫ができます。また、添付ファイルのセキュリティも重要視しており、メール送信時にパスワード付きの暗号化ファイルに変換されます。

Active! gate SSの価格・料金プラン

Zoho Vaultの料金は2つのプランがあり以下のようになっています。
オリジナル運用プラン(vpsタイプ)
初期専用:100,000円
月額費用:500円/1メールアドレス
オリジナル運用プラン(共用タイプ)
初期費用:50,000円
月額費用:300円
60日間の無料トライアルあり

Active! gate SSの注意点

Active! gate SSは共用タイプのプランだと、最大利用ユーザー数が490となっており制限がかけられています。あらかじめ利用するユーザー数を確認しておいたほうが良いでしょう。

Active! gate SSの導入事例・評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

サービス名月額料金特徴
Symantec Email Security.cloudユーザー数によって異なる不適切なメールをブロック
シンプルメール10,000〜250,000大容量ファイルを添付して送信可能
m-FILTER公式ホームページに記載添付ファイルを自動で暗号化

Symantec Email Security.cloudは不適切なメールをブロックしてくれる機能があるため、煩わしいメールを無くしたい方にお勧めです。シンプルメールは大容量のファイルを添付していつものように送信可能です。大容量のファイルをよく送る方におすすめです。m-FILTERは添付ファイルを自動で暗号化してくれます。暗号化を忘れても、システムが自動でしてくれるので、安心できます。

Active! gate SSでメールをより安全に

Active! gate SSは時間差配信や添付ファイルの暗号化などがありセキュリティ面や、いろんな機能がついており、メールを送信する機会があるのなら導入するべきシステムです。無料トライアルもあるので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

これはセキュリティソフトの製品です。
セキュリティソフトの製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【セキュリティソフト】

      全世界からのDDoS攻撃を検出・遮断: Cloudbric ADDoS

      (4.5)

      月額費用98,000円~無料お試し要お問合せ
      初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

      クラウド型DDoS攻撃防御対策システム。発信元に最も近いEdgeにてワークロードを分散して処理するため、最大65Tbpsのトラフィックを緩和することが可能で、リアルタイムで常時トラフィックを監視してくれます。

      3STEPで簡単導入・利用できる

      専門家でなくても3つのプロセスで簡単に導入できます。 利用者はDNS情報を変更し、Cloudbric ADDoSを経由するように設定すればすぐ利用開始できます。

      セキュリティ・エキスパートによるマネジード型セキュリティサービス付き

      Cloudbric ADDoSの利用開始後、セキュリティ・エキスパートによるトラフィック学習・分析の上、必要に応じ運用ポリシーを調整します。 利用者に応じたカスタマイズされたマネージド・セキュリティ・サービスを提供しています。

      日本のお客様向け手厚いサポート対応

      Cloudbric ADDoSは、日本の利用者に特化ししており、24時間365日の日本語サポート体制で安心して使用できます。

      リモートアクセスのセキュリティを強化: Cloudbric RAS

      (4.5)

      月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
      初期費用要お問合せ特徴通常ブラウザからアクセスが可能

      CloudbricSecurityPlatformにて選択できるZTNAソリューション。安全なテレワーク環境を構築するための企業の課題を解決するSaaS型テレワーク・サービスです。

      二要素認証の追加

      通常のブラウザからアクセスする際に、Cloudbric RASで認証を行なってアクセス可否を判断することができるため、簡単に二要素認証を追加することが可能です。

      認証仕組みの新規導入

      Cloudbric RASを導入することで、クラウド上アプリケーションへのアクセスをCloudbric RASからの特定IPのみ許可したり、制限することで、個々の利用者に対して二要素認証を追加して、より安全なアクセス環境の構築を実現します。

      外部からのアクセス強化

      既存の認証にCloudbric RASの認証を加えることで、利用者のメールアドレスに6桁のPINコードを送付することができます。 これによって、簡単に2段階認証を追加できるため、テレワークなどでの外部からのアクセスを強化することが可能となります。

      類似サービス: iDoperation SC

      (4.5)

                         
      月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
      初期費用要お問合せ最低導入期間要問い合わせ

      Doperation SCは、NTTテクノクロス株式会社が提供する画面操作録画ソフトです。 PCやサーバに、録画エージェントをインストールし、画面操作を動画で記録します。 テキスト形式のログだけでは記録できない、WebメールやUSBデバイスによるデータの持ち出しなどの操作も完全に記録することで、不正を抑止します。

         

      直感的で使いやすい

      iDoperation SCの録画エージェントのインストールは簡単で、導入後すぐに画面操作の録画を開始することができます。 記録した動画は専用のビューアから再生するだけのため、誰でも簡単に操作の確認ができ、操作がない時間帯はスキップしてユーザ操作のみを効率的に再生できる点も優れています。

      高画質かつ低容量で録画が可能

      高度な画像圧縮技術を採用しているため、小さな動画サイズであっても高画質かつ低容量で録画することができます。 導入前に、必要となるディスク容量やシステムリソースをサイジングシートで簡単に算出できます。

      操作ログ管理製品との連携もできる

      iDoperation SCは、他の操作ログ管理製品を連携することで、iDoperation SCの検索画面から操作ログ記録製品のログを検索キーワードにして検索でき、該当する操作の頭出し再生を行うことが可能になります。

      類似サービス: Securify Scan

      (4.5)

                         
      月額費用要お問合せ無料お試し2週間
      初期費用要お問合せ最低導入期間要問い合わせ

      Securify Scanとは、株式会社スリーシェイクが運営している脆弱性診断ツールです。 外部セキュリティベンダーでは難しかったスピーディーかつ手軽な脆弱性診断を実現し、セキュリティレベルを可視化、DevSecOpsへの取り組みを支援します。

         

      最短3ステップで診断開始

      Securify Scanの脆弱性診断は、簡単かつ短いステップで実現できます。 まずはプロジェクト名と内容を入力してプロジェクトを作成、診断対象のドメインまたはサブドメインを入力、最後に診断対象のURLを登録するだけで脆弱性の診断を始めることが可能です。

      シンプルで使いやすいインターフェース

      Securify Scanは、シンプルで直感的に操作ができるユーザーインターフェースで設計されています。 現在の診断状況や危険度は、ダッシュボードから一目で確認することができ、セキュリティに関する専門的な知識がない場合でも、脆弱性診断を実施、管理することができます。

      わかりやすい診断結果で改善をサポート

      Securify Scanの診断結果画面では、発見された脆弱性の危険度をスコアによって可視化することができ、その脆弱性によって起こりうる問題や修正方法の例を日本語で丁寧に解説してくれます。 脆弱性と判断した根拠となるリクエストや概要解説、修正方法の提案など、トリアージに必要な情報を提示してもらえるため、自社で修正が必要な情報を調査する手間が発生しません。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載