Cloudbric RASの料金・評判・機能・事例について

最終更新日 

新型コロナウイルスの対策として、幅広い業界で導入されるようになったテレワーク·リモートワークという働き方。

コロナ禍が収まりつつある昨今においても、テレワークは働き方の1つとして定着するようになりました。

テレワークにおいて、オフィスと変わらぬパフォーマンスで仕事をするために各社が導入しているのが、離れた場所から社内PCや社内ネットワークにアクセスできるリモートアクセスです。

しかし、リモートアクセスを導入したくても、セキュリティ面に不安があり、なかなか踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

Cloudbric RAS(クラウドブリック Remote Access Solution)は、リモートアクセスにおけるセキュリティを強化して課題を解消するサービスとして注目されています。

料金や特徴などを解説しますので、サービス選定の参考にしてください。

Cloudbric RASとは

Cloudbric RASとは、クラウドブリック株式会社が運営している認証基盤リモート・アクセス・ソリューションです。

パブリックに公開されている業務システムを安全に利用可能にする5つのセキュリティ必須サービスを始め、認証セキュリティ機能が拡張された企業のビジネスを守る最もスマートなクラウド型サービスを提案しています。

Cloudbric RASの特に優れている点

通常ブラウザからアクセスが可能

Cloudbric RASは、登録済みユーザーであれば、通常のブラウザからアクセスを行なってメールアドレスとOTP認証から選択して認証することができます。

管理者は統合管理画面からユーザーの管理やアクセス·ステータスの閲覧が可能です。

ITツールの操作に慣れていない方でも直感的に操作できるため、従業員マニュアルの用意やトレーニングにかける時間も不要で、同時接続者数の増減による柔軟な処理能力を有しています。

管理者負荷を軽減できる

Cloudbric RASは、DNS変更のみで導入できる手軽さが魅力的で、持続的なメンテナンスは不要です。

企業のパブリックに公開されている業務システムをドメイン単位で管理できるため、複数のシステムを一元管理することができます。

Cloudbric WAF+と組み合わせてセキュリティを強化

同社のサービスであるCloudbric WAF+と一緒に導入することで、サーバー観点のWebセキュリティに対して、ユーザー観点の認証セキュリティを付与することが可能で、End To Endのセキュリティ環境を構築することができます。

Cloudbric WAF+はアプリケーション層の脆弱性を狙った攻撃の防御としてのアプリケーションファイアウォールを基に、企業セキュリティにおいて必須とされている「 L3/L4/L7 DDos攻撃対策サービス」、「SSL証明書サービス」、「脅威IP遮断サービス」、「悪性ボット遮断サービス」というサービスも併せて提供しているため、+@のセキュリティ対策が実現できます。

Cloudbric RASの主要な機能・特徴

Cloudbric RASの主な機能は、以下の通りです。

  • 認証セキュリティ:メールOTP認証、Google OTP認証
  • Webセキュリティオプション:WAF、L3/L4/L7 DDos攻撃遮断、暗号化通信、脅威IP遮断、悪性ボット遮断
  • ダッシュボード:ユーザ・アクセス・ダッシュボード、Webセキュリティ・ダッシュボード
  • レポート:ユーザ・アクセス月次レポート、Webセキュリティ月次レポート
  • ユーザ管理:利用ユーザ承認、アカウント管理、グループ管理、接続ログ

Cloudbric RASの料金·価格

Cloudbric RASは、エージェントやモジュールのインストールが必要ありません。

Cloudbric RASは、3つのプロセスを以て簡単に導入ができ、お客様ではDNS情報を変更しCloudbric RASを経由するように設定をして頂くだけでサービスを利用することができます。

サービス開始後、Webブラウザ基盤のインターフェースにてユーザー登録、利用ユーザの承認等の簡単なプロセス終了後、Cloudbric RASのセキュリティが適用されます。

Cloudbric RASは、Cloudbric WAF+基盤費用に月々9,500円を追加することで簡単に認証セキュリティを付加できます。

詳細な料金については、下記から資料ダウンロードをお願いします。

価格情報は202112月時点のもの

Cloudbric RASで解決できる課題

二要素認証の追加

通常のブラウザからアクセスする際に、Cloudbric RASで認証を行なってアクセス可否を判断することができるため、簡単に二要素認証を追加することが可能です。

認証仕組みの新規導入

Cloudbric RASを導入することで、クラウド上アプリケーションへのアクセスをCloudbric RASからの特定IPのみ許可したり、制限することで、個々の利用者に対して二要素認証を追加して、より安全なアクセス環境の構築を実現します。

外部からのアクセス強化

既存の認証にCloudbric RASの認証を加えることで、利用者のメールアドレスに6桁のPINコードを送付することができます。

これによって、簡単に2段階認証を追加できるため、テレワークなどでの外部からのアクセスを強化することが可能となります。

Cloudbric RASの詳細について

堅牢性の高いセキュリティでリモートアクセスのセキュリティを強化するCloudbric RASは、テレワーク·リモートワークを導入している、今後導入する予定がある方には、特におすすめしたいサービスです。

サービス内容の詳細や料金については、資料ダウンロードをお願いします。

無料

Cloudbric RAS
資料ダウンロードはこちら

無料

Cloudbric RAS
資料ダウンロードをする

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載