McAfee(マカフィー)の料金·評判·機能について

更新日:

    ビジネスにインターネットの活用、Web上でのデータのやりとりが当たり前となっている昨今では、セキュリティ対策についても当然検討すべき課題となっています。

    今回紹介するマカフィーは、世界的に導入されているセキュリティ対策ツールです。

    本記事ではマカフィーの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    マカフィーとは

    マカフィーとはアメリカ発のセキュリティ対策ツールで、日本では販売代理店を通してサポートを受けることができます。

    AV-Comparativesが実施したパフォーマンステストにおいて10回すべてでトップランクを獲得している実績があります。

    おすすめの類似セキュリティソフト

    全世界からのDDoS攻撃を検出・遮断: Cloudbric ADDoS

    (4.5)

    月額費用98,000円~無料お試し要お問合せ
    初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

    クラウド型DDoS攻撃防御対策システム。発信元に最も近いEdgeにてワークロードを分散して処理するため、最大65Tbpsのトラフィックを緩和することが可能で、リアルタイムで常時トラフィックを監視してくれます。

       

    3STEPで簡単導入・利用できる

    専門家でなくても3つのプロセスで簡単に導入できます。 利用者はDNS情報を変更し、Cloudbric ADDoSを経由するように設定すればすぐ利用開始できます。

    セキュリティ・エキスパートによるマネジード型セキュリティサービス付き

    Cloudbric ADDoSの利用開始後、セキュリティ・エキスパートによるトラフィック学習・分析の上、必要に応じ運用ポリシーを調整します。 利用者に応じたカスタマイズされたマネージド・セキュリティ・サービスを提供しています。

    日本のお客様向け手厚いサポート対応

    Cloudbric ADDoSは、日本の利用者に特化ししており、24時間365日の日本語サポート体制で安心して使用できます。

    リモートアクセスのセキュリティを強化: Cloudbric RAS

    (4.5)

    月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
    初期費用要お問合せ特徴通常ブラウザからアクセスが可能

    CloudbricSecurityPlatformにて選択できるZTNAソリューション。安全なテレワーク環境を構築するための企業の課題を解決するSaaS型テレワーク・サービスです。

    二要素認証の追加

    通常のブラウザからアクセスする際に、Cloudbric RASで認証を行なってアクセス可否を判断することができるため、簡単に二要素認証を追加することが可能です。

    認証仕組みの新規導入

    Cloudbric RASを導入することで、クラウド上アプリケーションへのアクセスをCloudbric RASからの特定IPのみ許可したり、制限することで、個々の利用者に対して二要素認証を追加して、より安全なアクセス環境の構築を実現します。

    外部からのアクセス強化

    既存の認証にCloudbric RASの認証を加えることで、利用者のメールアドレスに6桁のPINコードを送付することができます。 これによって、簡単に2段階認証を追加できるため、テレワークなどでの外部からのアクセスを強化することが可能となります。


    マカフィーの機能·特徴

    安定した脅威検出を実現

    マカフィーはセキュリティソフトにおいて重要なビジネスの安全性を担保する効率的なウイルス検出•対応を可能としています。

    マカフィー製品同士の連携により、脅威となるウイルスを共有してセキュリティ管理、向上を実現することができます。

    重要な情報はもちろん、プライバシーな情報までしっかりと保護することができるため、ビジネスの推進、企業としての成長を後押しすることが可能となります。

    スマートフォンのセキュリティも保護

    現代ビジネスにおいてはスマートフォンの活用も欠かせません。

    マカフィーが提供する「マカフィーモバイルセキュリティ」では、iOS、Androidに対応しており、マルウェア対策やウェブプロテクション、デバイスセキュリティを実現でき、外出先からのスマートフォンの利用でも常に堅牢性の高いセキュリティを維持することができます。

    最新のサイバー攻撃にも柔軟に対応

    セキュリティ対策ソフトはただ導入すれば安全性が担保されるというわけではありません。

    なぜなら日々サイバー攻撃は複雑化しており、脆弱性をついた攻撃に対して迅速な対応が求められるからです。

    マカフィーはマカフィー製品同士の連携によってよりセキュリティを高めることができますが、連携前から堅牢性の高いセキュリティ対策が可能な点が優れています。

    日々見つかる新しいウイルスに対しても迅速に対応、情報の共有を行うことができ、デバイスを選ばないセキュリティ対策を実現します。

    脅威情報は共有されるため、ユーザーの場所を選ばずいつでも一貫したセキュリティ対策が可能となるのです。

    マカフィーの料金·価格

    マカフィーには1年版と3年版があり、それぞれの料金は以下の通りです。

    • 1年版:6,500円
    • 3年版:11,000円

    1年版、3年版ともに30日間の返金保証付きとなっています。

    2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    マカフィーでは、主力製品である「マカフィー® トータルプロテクション」の全機能を30日間無料で利用できる体験版を提供しています。

    体験版でも製品版と同様の機能が利用できるため、マルウェア対策やスパイウェアなどの脅威から守ることができます。

    無料体験版はWindowsやMacOS、Android、iOSに対応しています。

    マカフィーのサポート体制について

    セキュリティソフトは専門性な用語も多く、使い方がわからないという方も多いでしょう。

    マカフィーでは、公式サイト上で日本語によるFAQを公開しておりユーザー自身で疑問点を解消することができます。

    また、動画による解説も提供しておりインストール手順からケースごとの対処方法を視覚的に学習することが可能です。

    AIチャットボットによるバーチャルアシスタントを導入しているため、24時間365日の対応が可能な点も優れています。

    マカフィーでセキュリティ強化を

    マカフィーについてご紹介させていただきました。

    • 世界的な実績に基づく堅牢性の高いセキュリティ
    • スマートフォンにも対応
    • 最新のサイバー攻撃にも対応

    上記の点から、単純なセキュリティ対策としてはもちろん、信頼できる高水準なセキュリティツールを探しているという方にもおすすめと言えます。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

      • qeee枠【セキュリティソフト】

        全世界からのDDoS攻撃を検出・遮断: Cloudbric ADDoS

        (4.5)

        月額費用98,000円~無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

        クラウド型DDoS攻撃防御対策システム。発信元に最も近いEdgeにてワークロードを分散して処理するため、最大65Tbpsのトラフィックを緩和することが可能で、リアルタイムで常時トラフィックを監視してくれます。

        3STEPで簡単導入・利用できる

        専門家でなくても3つのプロセスで簡単に導入できます。 利用者はDNS情報を変更し、Cloudbric ADDoSを経由するように設定すればすぐ利用開始できます。

        セキュリティ・エキスパートによるマネジード型セキュリティサービス付き

        Cloudbric ADDoSの利用開始後、セキュリティ・エキスパートによるトラフィック学習・分析の上、必要に応じ運用ポリシーを調整します。 利用者に応じたカスタマイズされたマネージド・セキュリティ・サービスを提供しています。

        日本のお客様向け手厚いサポート対応

        Cloudbric ADDoSは、日本の利用者に特化ししており、24時間365日の日本語サポート体制で安心して使用できます。

        リモートアクセスのセキュリティを強化: Cloudbric RAS

        (4.5)

        月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ特徴通常ブラウザからアクセスが可能

        CloudbricSecurityPlatformにて選択できるZTNAソリューション。安全なテレワーク環境を構築するための企業の課題を解決するSaaS型テレワーク・サービスです。

        二要素認証の追加

        通常のブラウザからアクセスする際に、Cloudbric RASで認証を行なってアクセス可否を判断することができるため、簡単に二要素認証を追加することが可能です。

        認証仕組みの新規導入

        Cloudbric RASを導入することで、クラウド上アプリケーションへのアクセスをCloudbric RASからの特定IPのみ許可したり、制限することで、個々の利用者に対して二要素認証を追加して、より安全なアクセス環境の構築を実現します。

        外部からのアクセス強化

        既存の認証にCloudbric RASの認証を加えることで、利用者のメールアドレスに6桁のPINコードを送付することができます。 これによって、簡単に2段階認証を追加できるため、テレワークなどでの外部からのアクセスを強化することが可能となります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載