ThirdEye(サードアイ)の料金・評判について。使いやすいネットワーク監視ツール

最終更新日 

ネットワーク監視ツールはネットワークに異常があった際にすぐに知らせたり、ネットワークが正常に動いているかどうか監視してくれるものです。導入すれば工数を減らせたりなど大変便利なものですが、ツールによって特徴が違います。この記事ではネットワーク監視ツールの1つである「ThirdEye」について紹介します。ThirdEyeの特徴や導入するメリットを見ていきましょう。

ThirdEyeの特徴・機能

マップ画面で監視対象を容易に把握

1つ目の特徴はマップ画面で監視対象を容易に把握できます。ThirdEyeでは物理的な設置場所を再現したマップを作成でき、誰でも見やすい画面になっています。これによりトラブルが起きても瞬時にどこで起きたのか容易に把握できます。

わかりやすいダッシュボード画面

2つ目の特徴はわかりやすいダッシュボード画面です。ダッシュボード画面はカスタマイズ可能で、マップ画面、デバイス一覧、性能監視グラフなどを好きな場所に好きなだけ配置できます。それに加えて複数作成可能で、閲覧権限も設定できますので自分好みにカスタマイズできます。

監視対象の操作履歴管理

3つ目の特徴は監視対策の操作履歴管理です。サービスの管理履歴を管理でき、いつ誰がどの端末でどのような設定変更を行なったのか、情報収集をしたのか自動的に履歴管理できます。自動的に履歴管理ができるので、自分で都度何を起こったのか情報収集をする必要がありません。

ThirdEyeのメリット

ThirdEyeの導入のメリットは主に以下の2つです。

管理が容易になる
誰でも簡単に使えるようになる

1つ目は管理が容易になります。一目で異常を把握できるので、異常が起きて原因がわからないということがありません。2つ目は誰でも簡単に使えるようになります。ネットワーク監視ツールは難しく、専門知識がないから使えないと思っている方もいるでしょう。ThirdEyeでは誰でも簡単に管理・運用できるので使い方に困ることはありません。

ThirdEyeの注意点

ThirdEyeの注意点はSNMPcユーザーであれば非常に使いやすいですが、それ以外の方では理解しきれない部分があるかもしれません。

ThirdEyeの価格・料金プラン

詳細はお問い合わせをしてください。

ThirdEyeの導入事例・評判

導入前の課題はスタッフに依存しない、運用/保守レベルの平準化などがありました。実際に導入してからは、ネットワーク機器を直接管理できるので顧客からの要求に対するレスポンスが向上したりしました。ThirdEyeは弊社とマッチしており、軽快な動作でスマートな運営が可能になりました。
株式会社ロジックベイン

ThirdEyeの比較

サービス月額特徴
Site24x71,750円〜SaaS型オールインワン監視システム
arGuss9,500円〜サポート体制が整っており24時間365日対応
LogStare Collector298,000円〜機能が充実

Site24x7は月額1,750円から利用できて、Webサイト・サーバー・ネットワーク・アプリケーション等を1つの画面から見れるツールです。arGussは月額9,500円から利用できて、24時間365日のサポート体制です。そのためいつ何が起きても丁寧に対応してくれます。LogStare Collectorは必要な機能が揃っています。無償版もあるので試せるのが魅力的です。

ThirdEyeは使いやすいネットワーク監視ツール

ThirdEyeの特徴はなんといっても使いやすいネットワーク監視ツールです。わかりやすいダッシュボードで、使いやすいサービス。使いやすさを重視している企業は、ぜひ導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載