X-MON(エックスモン)の料金・評判について。監視製品を1つにしよう

最終更新日 

サーバやクラウド、ネットワーク機器などを監視するためのツールはいくつもあります。ツールに頼ることによって、これらの監視も簡単になります。障害時に状況が順次に把握できたり、トラブルにもスムーズに対応できるのです。この記事ではそんな監視ツールの1つである「X-MON」についてご紹介します。X-MONの特徴や導入するメリットなどについてみていきましょう。

X-MONの特徴・機能

統合して監視が可能であるワンパッケージ製品

1つ目の特徴が統合して監視が可能であるワンパッケージ製品です。導入前はネットワークとサーバでそれぞれ監視しているソフトが違うということがあるでしょう。X-MONを導入すれば1つの監視製品のみで済みます。

電話やチャットシステム、警告灯と連携して通知が受け取れる

2つ目の特徴が電話やチャットシステム、警告灯と連携して通知が受け取れます。メールでお知らせするだけではなく、自動音声の電話、チャット、警告灯などあらゆる手段で障害を知らせてくれます。通知機能もカスタマイズ可能なのでより自分の使いやすいように使えるのです。

充実した保守サポート

3つ目の特徴が充実した保守サポートです。X-MON導入前は保守サポートのレベルが色々とあって選定が面倒、サポートのレベルが低いなどという悩みがあったでしょう。しかしX-MON導入後では、保守サポートは1つのみで質問や相談も受け付けます。自社のエンジニアが直接サポートしてくれるので安心して利用できるでしょう。

X-MONのメリット

X-MONの導入のメリットは主に以下の2つです。

1つの監視製品で済む
わかりやすいサポートで安心感

ネットワークやサーバでそれぞれで監視しているソフトが違うというのも多いでしょう。しかしX-MONを導入すれば、その1つの製品で監視が済むのでとても楽になります。2つ目がわかりやすいサポートで安心感です。こういったものを導入する際に、「きちんと使えるか?」などといった心配があるでしょう。X-MONでは充実したわかりやすいサポートで使えます。

X-MONの注意点

X-MONの注意点は使いこなせるまでに時間がかかることです。機能が充実している分、必要なものを見分ける必要があるのでしっかりと把握する必要があります。

X-MONの価格・料金プラン

X-MONのソフトウェア価格は以上のようになっています。初年度のプロダクトサポートは必須となっています。自身の使い道に合わせて導入をしましょう。

ノードとは監視対象のことで、10ノード版であれば10台の監視対象の監視が可能です。こちらの表以外にも、規模に合わせてプランを選択できるのも嬉しい点でしょう。

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

X-MONの導入事例・評判

X-MONを導入したきっかけは運用保守の容易さです。ソフトウェアとハードウェアが1つになっているので、運用保守が簡単です。業務の引き継ぎも楽になりました。監視設定のバックアップ・リストアが簡単であったり、ランニングコストの低さとEOL保守の厚さを評価しました。
株式会社アット様

X-MONの比較

サービス名月額特徴
Logstorageお問い合わせ日本国内企業のニーズにマッチ
MylogStarお問い合わせオンラインショップから見積もりが出せる
arGuss9,500円復旧オペレーションの自動化が可能

Logstorageは日本国内企業のニーズにマッチしているので導入しやすいのが特徴でしょう。MylogStarはオンラインショップから見積もりが出せるので、コストを気にしている企業にぴったりです。arGussは復旧オペレーションの自動化が可能になっているので、業務の負担を減らせるでしょう。

X-MONで監視製品を1つにしよう

X-MONを導入することで、ネットワークやサーバーの監視を1つにまとめることができます。これによって煩わしさがなくなり、すっきりするでしょう。機能は多いものの、使いこなせてしまえば便利でしょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載