マネーフォワードクラウド請求書の料金評判機能について。月額3,980円から使える?

最終更新日 

毎月の請求書などの帳票発行に工数がかかり、業務効率化が実現できればと考えている方も少なくはないでしょう。

今回紹介するマネーフォワードクラウド請求書は、電子帳簿保存法対応で請求書作成にかかる工数を大幅に効率化することができることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

マネーフォワードクラウド請求書とは

マネーフォワードクラウド請求書とは、株式会社マネーフォワードが運営しているクラウド帳票作成サービスです。

請求書の作成や発送、管理に関わる業務を大きく効率化できることから幅広い企業で導入されている実績があります。

マネーフォワードクラウド請求書の機能·特徴

電子帳簿保存法に対応

マネーフォワードクラウドBoxという電子ストレージサービスと連携することで、請求書を紙で印刷する必要がなくなり原本をファイリングして保管する手間が不要となります。

ペーパレースになることで紙代、印刷にかかるインク代が不要となりコストカットにもつながります。

クラウドBoxは2021年5月現在、無料で利用することができるため、余計なコストも発生しません。

テレワークでも活用できる

マネーフォワードクラウド請求書はクラウド環境で利用できるサービスであるため、PCとインターネット環境があれば場所を選ばずに請求書関連業務を行うことが可能となります。

WindowsとMacに対応しているため、テレワークのような在宅勤務でも手軽に業務行うことができます。

郵送代行にも対応

取引先によっては、メール添付などのファイル送信ではなく、郵送で請求書を送って欲しいという場合もあります。

従来であれば紙に印刷した請求書を封筒に入れ、郵便局まで持っていくという工数が発生し、担当者への負担となっていました。

マネーフォワードクラウド請求書では「郵送ボタン」をクリックするだけで印刷·封入·送付作業を代行してくれるため空いた時間をコア業務に集中することが可能となります。

マネーフォワードクラウド請求書の料金·価格

マネーフォワードクラウド請求書では3つの料金プランを提供しています。

  • スモールビジネス:2,980円(年額プラン)/3,980円(月額プラン)
  • ビジネス:4,980円(年額プラン)/5,980円(月額プラン)
  • エンタープライズ:要問い合わせ

初期費用はいずれも0円です。

2021年5月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

マネーフォワードクラウド請求書では、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けてビジネスプランを1ヶ月無料で利用できるトライアルを提供しています。

公式サイトからメールアドレスを登録してマネーフォワードIDを作成することで体験版を利用することができます。

マネーフォワードクラウド請求書導入のメリット

 

データをクラウド上で保存できる

マネーフォワードクラウド請求書で作成した帳票データはクラウド上で保存されるため、万が一PCが故障してしまったとしてもデータが消えることがありません。

ファイリングして保管しておくスペースも不要になるため、スペースの有効活用にもつながります。

いつでも最新の法改正に対応できる

消費税の変更や、各種税法の法改正があった際もマネーフォワードクラウド請求書側が自動でアップデートしてくれるため、導入企業側で対応する手間が削減されます。

また、アップデートは無料で行われるため、必要最低限のコストだけで運用できる点もメリットと言えます。

マネーフォワードクラウド請求書の導入事例·評判

経営の見える化を実現

“経理業務の内製化を実現するためにマネーフォワードクラウド請求書を導入しました。実際に経理担当者が使ってみて、その近い安さが導入の決め手になりましたね。業務効率化はもちろんですが、クラウド上で保存されたデータを確認することで、何にどれくらい使っているのかが把握できるようになり、経営の見える化につながったと感じています。”(株式会社アダコテック様)

未経験でも簡単に経理業務が可能に

“経理や簿記の経験はなかったのですが、本を少し読むだけで簡単に経理ができるようになるほどマネーフォワードクラウド請求書は使いやすかったですね。毎月の経理業務は数時間程度で終わりますし経理業務が苦になることはありません。”(株式会社プランノーツ様)

類似サービスとの比較

マネーフォワードクラウド請求書の類似サービスとしては@Tovas楽楽明細などが挙げられます。

@Tovasは帳票のWeb配信クラウドサービスとして60,000件以上の利用実績があるサービスです。

取引先のニーズに合わせた送付方法を選択できるため、業務効率化を柔軟に実現することができます。

料金の詳細は問い合わせが必要となりますが、およそ月額10,000程度から利用することが可能です。

楽楽明細は売り上げNo. 1シェアの実績を誇るクラウド帳票発行サービスです。

帳票送付にかかっていた工数が大幅に削減され、月の経理業務が効率化されるだけでなく、帳票のWeb化によるコストカットも期待できます。

料金としては、公式サイトで問い合わせをする必要がありますが、サポート体制も充実しているため安心です。

@Tovas(あっととばす)の料金·評判·機能について。導入事例も紹介

楽楽明細の料金·評判について。売上No.1シェアのクラウド帳票発行サービスとは?

マネーフォワードクラウド請求書で経理業務の効率化を

マネーフォワードクラウド請求書についてご紹介させていただきました。

  • テレワークでも利用できる
  • 郵送代行も可能
  • わかりやすい操作性

上記の点から、テレワークを取り入れている企業はもちろん、郵送での送付に時間を取られているという方にもおすすめなサービスと言えます。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:マネーフォワードクラウド請求書公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載