OPROARTS(オプロアーツ)の料金·評判·機能について。月額30,000円から利用できる?

最終更新日 

DMの宛名入力などの業務を効率化させるために、帳票作成システムを活用する企業が増えてきました。
そこで本記事では、高機能で拡張性が高いと評判のOPROARTS(オプロアーツ)について取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

OPROARTSとは

OPROARTSは、株式会社オプロが提供しているクラウド型の帳票サービスです。
独自の帳票エンジンを搭載しており、さまざまな紙ベースの業務を電子化することができます。
大手楽器メーカー、IT系企業など1,000社以上が導入しています。

OPROARTSの特徴·機能

ではここから、OPROARTSの特徴や機能を見ていきましょう。

完全自由設計

OPROARTSの特徴は、帳票テンプレートの設計が自由にできることです。
Excelなどのオフィスソフトアドイン、ブラウザ上のデザインツールなどを活用して、自社に合わせて自由にデザインが可能です。
見積書、請求書などの標準テンプレートも用意されています。
自社で帳票テンプレートを作成する時間がないときには、株式会社オプロへ依頼することも可能です。

メールやFAXなどとも連携できる

メール連携機能が搭載されていることも、OPROARTSの特徴です。
契約プランによっては、FAX、電子署名、OCR(光学文字認識)、ストレージなどの連携も可能となっています。

大量出力に対応

OPROARTSは、大量出力にも対応可能です。
月間で最大850万ページ、年間では1億ページの出力が可能となっており、スピード出力も非常に早いのでストレスを感じることなく操作できます。

万全のセキュリティ

OPROARTS上で取り扱ったデータはすべて消去し、保持していません。
ISMS認証を用いており、ISO27017も取得しています。
セキュリティがしっかりしているので安心して利用できます。

OPROARTS導入のメリット

OPROARTSの強みは、さまざまなサポートが用意されていることです。
紹介セミナー、ハンズオンセミナーなどのイベントが開催されていますので、導入前にじっくり相談することができます。
また、導入後に設定等で困ったときには、24時間対応のWebサポート、対面サポートなども利用できます。
スポット契約で帳票作成サービスが用意されていることも、OPROARTSの強みです。
帳票テンプレート作成、データ統合設定、単体テストなどの作業を代行してもらえるので、業務がより効果かできるというメリットがあります。
そのほかも、帳票変更サービス、プレミアムサポートなども用意されています。

OPROARTSの価格·料金プラン

OPROARTの各プランの月額料金は、Starterプランが30,000円、Businessプランが100,000円、Enterprise Plusプランが380,000円、Private Plusプランが600,000~円です。
そのほかに、初期費用が100,000円~2,000,000円かかります。
詳細な料金については、要問い合わせです。
公式サイトにあるトライアルライセンス申し込みフォームから連絡することで、1ヶ月間の無料トライアルも利用できます。
2021年3月現在/詳細はOPROARTSの公式サイトを確認

OPROARTSの注意点

OPROARTS導入の際には、初期費用と月額料金が必要となります。
高額な費用がかかる以外には、注意すべき点はありませんのでおすすめのサービスです。

OPROARTSの導入事例·評判

宛名作成にOPROARTSを活用中

“客先への見積書やDMなどの宛名状作成にOPROARTSを活用しています。配置の設計が自由できるなど高機能です。困ったときには直接対応してくれるなど顧客の悩みに真摯対応してくれる点にも満足しています。”(株式会社ジーベックテクノロジー様)

OPROARTSとSalesforceを連携したことで誤記入が減った

“OPROARTSとSalesforceを連携したことで、誤記入の発生率が30%削減しました。また、申込書の作成時間も60%削減しました。”(株式会社ブイキューブ様)

類似サービスとの比較

OPROARTSと類似したサービスとしては、株式会社シムトップスが提供しているi-Reporterがあります。
i-Reporterの価格については公表されていませんが、無料トライアルが用意されており、事前にお試しが可能です。
機能としては、帳票レイアウトの新規作成、PDFやExcel形式での帳票出力などを搭載しています。
iPad, iPhone, Windowsタブレットのモバイル端末で利用できるのがi-Reporterです。

OPROARTSを導入して帳票作成の効率化を

OPROARTSは、帳票テンプレートを自由に設計することができ、その他のシステムの連携や大量出力にも対応しています。
1ヶ月間の無料トライアル版もありますので、帳票サービスの導入を検討されている方は試してみると良いでしょう。

画像·データ出典:OPROARTS公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部