ブラックハットとは?意味とWEBマーケティングにおけるブラックハットSEOについて

最終更新日 

自社の商品をさまざまなユーザーに見てもらいたいと思ったとき、検索結果を意識することは重要です。
圏外になってしまったら、せっかく自社に関係のあるキーワードを入力してくれたユーザーの目に留まることもなく、悔しい思いをしてしまいます。
しかし、気持ちだけが募り、不正に順位を高くしようとしてしまうとブラックハットになり逆効果です。
こちらではブラックハットの意味や具体的にどんなことをやってはいけないのか紹介していきます。

ブラックハットとは?その意味を解説

自分たちのサイトの順位を上げたいからといって不正に上位表示させることを、ブラックハットと呼びます。
どんなに順位を上げたい気持ちが高まってしまっても、不正なことをしてはいけません。
今はさまざまな対策が行われているため、すぐに見つかり順位が圏外になってしまいます。
ユーザーにあたかも人気のあるサイトだと見せかけ、上位表示をさせるためにキーワードを無駄に多く入れることや無駄にリンクを多く入れてしまうと、ブラックハットだとみなされてしまいます。
基本的にはクローラが見回りをしていて、最近は取り締まりが厳しいため、上位をキープし続けることはありません。
Googleでは不正を見抜くため、これまでさまざまなアルゴリズムの変更なども行っています。

WEBマーケティングにおけるブラックハットSEOとは何か?

WEBマーケティングにおいて、大量のリンクなどを付けて大人気のサイトのように見せる、別のページをクリックしたユーザーに対して勝手に自社のサイトを表示させた場合、ブラックハットSEOに該当します。
特にまだ人気のないサイトの場合、少しでもユーザーへ良く見せて興味を持ってもらいたい気持ちになってしまうでしょう。
しかし、不正に人気があるように見せてしまうと、ブラックハットSEOとみなされて、最悪の場合、ペナルティを喰らってしまう可能性もあります。

実際ブラックハットSEO業者が存在していた

どの企業も、少しでもユーザーの目に触れて人気のサイトにしたいという思いがあります。
そのため、サイトを上位表示させるノウハウを知っており、依頼を受けたら上位表示させるという業者が乱立していました。
とにかく人気を出したいからお金を払ってでも利用しようとする企業も多く、サイトの質よりも被リンクなどを利用して上位表示させる企業もありました。
低品質な記事ばかりが上位に来ていることが問題になり、そこから今に至るまでGoogleでもアルゴリズムを変更し続けてきました。

【ペナルティ対象?】やってはいけないブラックハットSEOの手法一覧

どんなことをやってはいけないのか、こちらでやってはいけないブラックハットSEOの手法を紹介していきます。
こちらに書かれているようなやり方をしてしまうと、上位表示どころか圏外になってしまうため気を付けてください。

ワードサラダを利用する

パっと見た感じでは主語や述語があり文法としてもおかしくない文章ではありますが、読んでみると何を言っているのかわからない文章をワードサラダと呼びます。
人間が見たら絶対に変と思うような文章でも、それまでのアルゴリズムではキーワードが多く入っていれば上位表示される可能性があったのです。
意味が通らないので、ユーザーにとってまったく意味のないコンテンツになります。

相互リンクばかりを使ったコンテンツ

相互リンクを無駄に貼り付けることも昔よくやられていた手法ですが、今はGoogleのガイドラインでもペナルティの対象だとはっきり発表されています。
過剰に相互リンクをしている場合や相互リンクのみを目的としているサイトだと認識されると圏外になります。
関連があり、適度にある場合は問題ありませんが、おかしいと感じられたらアウトですので気を付けましょう。

ブログに多いトラックバックやスパムコメント

ブログを見て本来コメントする欄に、関係のないリンクを入れることです。
正直ブログを一生懸命書いた人にとってもかなり迷惑な行為ですし、見ている人も気になってクリックしてしまい変なサイトに飛んでしまい嫌な思いをします。

サイトの中のアンカーテキストが合っていない

普通はサイトに関係のあるアンカーテキストが使われるのは通常ですが、クリックしてほしいからといって、不自然にキーワードを入れるのも良くありません。
アンカーテキストとリンク先のページが一緒ではないというのはそもそもおかしいため、不自然にキーワードばかりを入れてしまうと圏外になってしまいます。

自分で被リンクを作って自演する

どんなに今あまり人気のないサイトを上位表示したいと思っても、複数のサイトを作成して被リンクを送るのは良くありません。
見てくれているユーザーがほしい情報が掲載されているサイトを複数作るのは良いことですが、意味の薄いコンテンツを大量に作って被リンクを送るとアルゴリズムに見抜かれてしまいます。

ブラックハットSEOとGoogleの検索アルゴリズムアップデートの関係性

ブラックハットSEOをしてしまうと、ペナルティを受けてしまい、悪質だと判断されてしまうと、インデックスから外されてしまいます。
検索順位が下がるだけでもダメージが大きいですが、インデックスからはずされてしまったら表示すらされません。
Googleの検索アルゴリズムアップデートは日々見直しをされていて、定期的に大きく改善をしています。
そのためブラックハットSEOをしてもバレないということはなく、簡単にわかるようになっています。
アルゴリズムだけでは見抜けない部分は、対策チームのプロたちが目視で不正なサイトを運営していないかチェックしているのです。
今は昔よりも厳しいチェックがあるため、上手にルールの隙間を見つけブラックハットSEOで上位を狙おうとしても、不正しているのがわかる仕組みになっています。

Google推奨のホワイトハットSEOの手法とは?ブラックハットSEOとの違い

できれば上位になるような対策をしたいという場合、何も手立てがないわけではありません。
ブラックハットSEOのようなズルいやり方ではなく、ホワイトハットSEOと呼ばれる正しい方法で上位を狙うことができます。

ホワイトハットSEOの手法

ブラックハットSEOでは、意味のない文章を作って上位を狙うなどやってはいけないことをする手法でしたが、ホワイトハットSEOは見ているユーザーを一番に考えているコンテンツのことを言います。
意味のわからないコンテンツは、検索している側にも不快感を与えるのです。
しかし、知りたいことについて書かれていて、さらに、ほかにもユーザーのためになるような知識が載っていたらコンテンツとしても充実します。
基本的にホワイトハットSEOの基準として、騙すようなコンテンツではない、上位にすることだけを考えて不正行為をしないなどルールがあるのです。
しっかりとGoogleのガイドラインを見て、ルールに沿ったサイトを作れば自然と上位になるでしょう。

注意点を意識してブラックハットSEOを回避しよう

どんなに自分たちのサイトの順位を上げたいと思ったとしても、ブラックハットSEOに該当することをしてしまうと、圏外や酷いと検索結果にも出てこないペナルティを受けてしまいます。
もし上位にして人気のあるコンテンツにしたいのであれば、書いている文章の質を上げることを意識しましょう。
常にユーザーの立場になり、どんなことが書かれていたら嬉しいか、満足したコンテンツになるのか考え作っていくことが重要です。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載