ブラックハットとは?意味とWEBマーケティングにおけるブラックハットSEOについて

更新日:

    自社の商品をさまざまなユーザーに見てもらいたいと思ったとき、検索結果を意識することは重要です。
    圏外になってしまったら、せっかく自社に関係のあるキーワードを入力してくれたユーザーの目に留まることもなく、悔しい思いをしてしまいます。
    しかし、気持ちだけが募り、不正に順位を高くしようとしてしまうとブラックハットになり逆効果です。
    こちらではブラックハットの意味や具体的にどんなことをやってはいけないのか紹介していきます。

    ブラックハットとは?その意味を解説

    自分たちのサイトの順位を上げたいからといって不正に上位表示させることを、ブラックハットと呼びます。
    どんなに順位を上げたい気持ちが高まってしまっても、不正なことをしてはいけません。
    今はさまざまな対策が行われているため、すぐに見つかり順位が圏外になってしまいます。
    ユーザーにあたかも人気のあるサイトだと見せかけ、上位表示をさせるためにキーワードを無駄に多く入れることや無駄にリンクを多く入れてしまうと、ブラックハットだとみなされてしまいます。
    基本的にはクローラが見回りをしていて、最近は取り締まりが厳しいため、上位をキープし続けることはありません。
    Googleでは不正を見抜くため、これまでさまざまなアルゴリズムの変更なども行っています。

    WEBマーケティングにおけるブラックハットSEOとは何か?

    WEBマーケティングにおいて、大量のリンクなどを付けて大人気のサイトのように見せる、別のページをクリックしたユーザーに対して勝手に自社のサイトを表示させた場合、ブラックハットSEOに該当します。
    特にまだ人気のないサイトの場合、少しでもユーザーへ良く見せて興味を持ってもらいたい気持ちになってしまうでしょう。
    しかし、不正に人気があるように見せてしまうと、ブラックハットSEOとみなされて、最悪の場合、ペナルティを喰らってしまう可能性もあります。

    実際ブラックハットSEO業者が存在していた

    どの企業も、少しでもユーザーの目に触れて人気のサイトにしたいという思いがあります。
    そのため、サイトを上位表示させるノウハウを知っており、依頼を受けたら上位表示させるという業者が乱立していました。
    とにかく人気を出したいからお金を払ってでも利用しようとする企業も多く、サイトの質よりも被リンクなどを利用して上位表示させる企業もありました。
    低品質な記事ばかりが上位に来ていることが問題になり、そこから今に至るまでGoogleでもアルゴリズムを変更し続けてきました。

    【ペナルティ対象?】やってはいけないブラックハットSEOの手法一覧

    どんなことをやってはいけないのか、こちらでやってはいけないブラックハットSEOの手法を紹介していきます。
    こちらに書かれているようなやり方をしてしまうと、上位表示どころか圏外になってしまうため気を付けてください。

    ワードサラダを利用する

    パっと見た感じでは主語や述語があり文法としてもおかしくない文章ではありますが、読んでみると何を言っているのかわからない文章をワードサラダと呼びます。
    人間が見たら絶対に変と思うような文章でも、それまでのアルゴリズムではキーワードが多く入っていれば上位表示される可能性があったのです。
    意味が通らないので、ユーザーにとってまったく意味のないコンテンツになります。

    相互リンクばかりを使ったコンテンツ

    相互リンクを無駄に貼り付けることも昔よくやられていた手法ですが、今はGoogleのガイドラインでもペナルティの対象だとはっきり発表されています。
    過剰に相互リンクをしている場合や相互リンクのみを目的としているサイトだと認識されると圏外になります。
    関連があり、適度にある場合は問題ありませんが、おかしいと感じられたらアウトですので気を付けましょう。

    ブログに多いトラックバックやスパムコメント

    ブログを見て本来コメントする欄に、関係のないリンクを入れることです。
    正直ブログを一生懸命書いた人にとってもかなり迷惑な行為ですし、見ている人も気になってクリックしてしまい変なサイトに飛んでしまい嫌な思いをします。

    サイトの中のアンカーテキストが合っていない

    普通はサイトに関係のあるアンカーテキストが使われるのは通常ですが、クリックしてほしいからといって、不自然にキーワードを入れるのも良くありません。
    アンカーテキストとリンク先のページが一緒ではないというのはそもそもおかしいため、不自然にキーワードばかりを入れてしまうと圏外になってしまいます。

    自分で被リンクを作って自演する

    どんなに今あまり人気のないサイトを上位表示したいと思っても、複数のサイトを作成して被リンクを送るのは良くありません。
    見てくれているユーザーがほしい情報が掲載されているサイトを複数作るのは良いことですが、意味の薄いコンテンツを大量に作って被リンクを送るとアルゴリズムに見抜かれてしまいます。

    ブラックハットSEOとGoogleの検索アルゴリズムアップデートの関係性

    ブラックハットSEOをしてしまうと、ペナルティを受けてしまい、悪質だと判断されてしまうと、インデックスから外されてしまいます。
    検索順位が下がるだけでもダメージが大きいですが、インデックスからはずされてしまったら表示すらされません。
    Googleの検索アルゴリズムアップデートは日々見直しをされていて、定期的に大きく改善をしています。
    そのためブラックハットSEOをしてもバレないということはなく、簡単にわかるようになっています。
    アルゴリズムだけでは見抜けない部分は、対策チームのプロたちが目視で不正なサイトを運営していないかチェックしているのです。
    今は昔よりも厳しいチェックがあるため、上手にルールの隙間を見つけブラックハットSEOで上位を狙おうとしても、不正しているのがわかる仕組みになっています。

    Google推奨のホワイトハットSEOの手法とは?ブラックハットSEOとの違い

    できれば上位になるような対策をしたいという場合、何も手立てがないわけではありません。
    ブラックハットSEOのようなズルいやり方ではなく、ホワイトハットSEOと呼ばれる正しい方法で上位を狙うことができます。

    ホワイトハットSEOの手法

    ブラックハットSEOでは、意味のない文章を作って上位を狙うなどやってはいけないことをする手法でしたが、ホワイトハットSEOは見ているユーザーを一番に考えているコンテンツのことを言います。
    意味のわからないコンテンツは、検索している側にも不快感を与えるのです。
    しかし、知りたいことについて書かれていて、さらに、ほかにもユーザーのためになるような知識が載っていたらコンテンツとしても充実します。
    基本的にホワイトハットSEOの基準として、騙すようなコンテンツではない、上位にすることだけを考えて不正行為をしないなどルールがあるのです。
    しっかりとGoogleのガイドラインを見て、ルールに沿ったサイトを作れば自然と上位になるでしょう。

    注意点を意識してブラックハットSEOを回避しよう

    どんなに自分たちのサイトの順位を上げたいと思ったとしても、ブラックハットSEOに該当することをしてしまうと、圏外や酷いと検索結果にも出てこないペナルティを受けてしまいます。
    もし上位にして人気のあるコンテンツにしたいのであれば、書いている文章の質を上げることを意識しましょう。
    常にユーザーの立場になり、どんなことが書かれていたら嬉しいか、満足したコンテンツになるのか考え作っていくことが重要です。

    この製品はSEOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    SEOの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【SEO】

        SEO対策に必要な機能がオールインワン: Gyro-n SEO

        (4.5)

        月額料金500円〜無料お試しあり
        初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

        SEO対策において課題となりがちな、「複数のツールを使うことで起きる煩雑化」を1つのツールで課題の洗い出しから分析・検証までを行えるようにすることで解消しているため、管理作業を効率化してSEOの効果を高めたい方には、特におすすめのツールとなっています。

        優秀なキーワード候補機能を搭載

        ジャイロンSEOにはキーワード候補機能が搭載されており、手動では候補を探すことが難しい掛け合わせワード、ミドル・ロングテールのキーワードを抽出することが可能です。 Google(スマホ検索を含む)やYahoo!で検索した際に表示される関連キーワードを日々保存、抽出して一覧で確認することができます。 関連キーワードがサジェストされた期間もわかるため、最新のキーワードトレンドも把握できる点が優秀です。 表示されたキーワード候補はワンクリックで登録することができるため、より手軽にSEO対策を強化することができます。

        順位変動の流れを正確に把握

        SEO対策においては、日々のランキング順位は常に把握しておかなければいけないものです。 しかし、ただ前日比を眺めているだけでは、どうして順位に変動が起きたのか分析しにくく、改善施策も打ち出しにくいものです。 ジャイロンSEOでは、前日比だけでなく、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示することで、より注力すべきキーワードや改善を行うべきワードなどが把握できるようになるため、継続したSEO対策を実現します。

        競合分析ができる

        自社が属する業界において、ベンチマークとなる企業を設定すること、競合サイトの動向を把握していることは非常に重要です。 ジャイロンSEOは各キーワード、グループごとに競合サイトとの比較ができます。 どんなキーワードで順位が負けているのか、また優位に立っているキーワードは何かが簡単に把握できるため、順位アップを目指すべきキーワードに対して注力できるようになります。

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載