【初心者でもわかる】キーワード選定の重要性を解説!アフィリエイト成功の秘訣やおすすめツールについて

更新日:

    簡単にキーワード選定をしてしまうと、的外れな言葉ばかりを選んでしまい、あまり見てもらえないサイトになってしまう可能性があります。
    特にアフィリエイトでは、まず自分のサイトを見てもらい興味を持ってもらわないとリンクもクリックしてもらえないですし、それに伴う報酬も入ってきません。
    こちらでは重要となるキーワード選定の具体的な方法やメリット、記事の書き方などについて解説していきます。

    キーワード選定の重要性を解説!アフィリエイト成功には最重要か?

    アフィリエイトで稼ぐためには、まず自分のサイトをユーザーに探してもらい見てもらうことが重要です。
    ほかの記事に埋もれてしまっては、まったく見てもらえませんので、クリックすら期待できません。
    アフィリエイトで報酬を得たいと思っている方にとって、キーワード選定は重要になります。
    誰にも見てもらえない記事を一生懸命書いても、無駄な時間が過ぎてしまうだけです。

    キーワードの選定が良いとユーザーに見つけてもらえる

    逆に、ターゲットとなるユーザーにとって気になっているキーワードがしっかりと入っていると、自分の作成した記事を見つけてもらうことができます。
    さらに、自分たちが気になっていた記事の内容でタメになったり興味を持ったりしたら、今度は貼り付けているリンクのクリックまでしてくれます。
    ユーザーの満足度が高い記事であるとGoogleから評価されると、今度はユーザーがキーワードを入力して検索したときにトップページへ表示されやすくなるのです。
    キーワードについて書かれている記事であればなんでも良かったようなユーザーにもクリックしてもらえる可能性が高くなり、さらに見てもらえるサイトになります。

    キーワードの選定をしなかったらどうなる?

    もし何も考えず、とにかく記事を作りたいと思いキーワードの選定をしなかったらどうなってしまうのかというと、軸がないためブレブレなコンテンツになってしまいます。
    初めはAという目的に近いサイトだったものがいつの間にか、BになりCになっていき急にAに戻るようなわかりにくいものになってしまいます。
    頭の中でこうしたいと思っていても、さまざまな考えが出てきていつの間にか関係のないワードも含めたゴチャゴチャなサイトができてしまうのです。
    それを防ぐためにも、キーワードの選定は必ずしたほうが良いでしょう。

    キーワード選定の具体的な方法・ポイントを解説

    キーワードを選定する際に、どのようにするのか方法がわからない方もいるでしょう。
    こちらでは具体的な方法とポイントを解説していきます。

    キーワード選定ツールを使う

    自分がメインとして書きたいアフィリエイトの記事に対し、どんなキーワードが良いかキーワード選定ツールを使ってみましょう。
    よりレベルの高いキーワードを選定してユーザーに見つけて欲しいというときには有料タイプが良いですが、無料のツールでも検索ボリュームや関連するキーワードについて見つけてくれるツールはたくさんあります。
    ツールを使うことにより、どんな検索をしているユーザーが多いのか、目安を把握しやすくなります。

    ポイントとしては自分にとってメインとなるキーワードを決めること

    サイトを作るうえで、このキーワードについて書いていこうというメインのテーマを決めていきましょう。
    メインがブレてしまうと、全体的にサイト自体がブレ始めてしまうので注意が必要です。
    メインを決め、そこからサブのワードを考えていくのがポイントです。

    キーワード選定をしたうえでの記事の書き方について

    ここからはキーワード選定をした後、どのように記事を書いていけば良いのかについて紹介していきます。

    記事の中だけでなくタイトルにもキーワードは入れる

    記事の中にキーワードを入れることを意識する方は多いと思いますが、タイトルも重要です。
    必ず対策キーワードを入れて、ユーザーに見つけてもらいやすくします。
    タイトルというのは記事の文章のメインとなることを書きますので、キーワードが入るのは自然です。
    ○○について知りたいと思って検索しても、○○がタイトルに入っていないと、検索した記事は本当に自分に合ったものかユーザーも不安になってしまいます。
    不自然にキーワードを入れることは避けたいですが、タイトルに入っているとわかりやすくなります。

    タグ付けをしていく

    話が自然とわかりやすく流れるように、タグ付けをしていきます。
    h1からh3やh4あたりまでに分け、ユーザーにわかりやすい記事づくりを心がけましょう。
    なんの話についてどう広げていくのかも明確になり、サイトとしても非常にわかりやすいものとなっていきます。

    要点を初めに書いておく

    自分がわからないことを検索したときの立場になったとき、早く答えがほしいというのが本音ではないでしょうか。
    前置きが長いと、どこから答えが見つけられるのかわからず面倒になってページを離れてしまいます。
    まずは要点や結論を先に書き、その後理由や関連したことを書きましょう。

    キーワード選定をまず初めに行うメリット

    キーワード選定をまず初めに行うメリットについて、いつか紹介していきます。

    初心者でも一貫性のあるブログやサイトが作れる

    キーワード選定がないと、記事の内容がさまざまな方向に飛んでしまうこととなります。
    さまざまな方向に飛んでしまうと、ユーザーも変だと感じてサイトから離れてしまいます。
    しかし、初めにキーワード選定を行っておくことで、ブレない文章を始めから書けるようになるのです。
    もしブレそうになってしまっても、キーワードを意識すれば問題ありません。

    ファンとなるユーザーも増える

    キーワード選定が初めに行われて一貫性のあるサイトだとわかれば、ユーザーも安心します。
    このサイトはいつ見ても自分の気になっていることを解決してくれる、信頼できるサイトだと思うのです。
    すると、アフィリエイトの場合でもURLのクリック数を増やせる場合や新しい記事を更新した際に必ず見てくれるファンが増えます。

    キーワード選定をする際の注意点とは

    キーワード選定をするときに、注意する点がいくつかあります。
    こちらも大切なことですので、理解しておきましょう。

    継続的にキーワード選定をする

    ダイエットや仕事もそうですが、初めを頑張ればずっと維持できるわけではありません。
    キーワード選定もその時々でトレンドになっている言葉も変わりますし、キーワードに対してネタ切れになってしまうときもあるため、定期的に見直しが必要です。
    ほったらかしにしていても良いことはないため、追加選定をするなど継続的に考えておきましょう。

    検索順位も把握しておくようにする

    ユーザーが、どのようなキーワードを多く入力して検索しているのかも重要です。
    検索順位が高いものキーワードを意識したサイトやブログづくりをしたほうが、より検索して見てもらえます。
    全体的な検索順位も自分のサイトはどの位置にいるのか把握し、リライトをする新しい記事を追加するなどの工夫は必要です。

    キーワード選定を見直してサイト改善に取り組もう

    キーワード選定はアフィリエイトやブログを行ううえで大変重要ですので、ツールなども上手に使いながらユーザーに見てもらえるものを選びましょう。
    ユーザーに最適なキーワードを選定することで、SEO対策になり上位にコンテンツが表示されさらに見てもらえるサイトになります。
    記事づくりは、初めは慣れないと感じてしまいがちですが、実際に考えてサイトを制作しているうちに慣れていくので大丈夫です。
    選定については、初めにやって終わりではなく定期的な見直しが大切です。

    この製品はSEOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    SEOの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【SEO】

        SEO対策に必要な機能がオールインワン: Gyro-n SEO

        (4.5)

        月額料金500円〜無料お試しあり
        初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

        SEO対策において課題となりがちな、「複数のツールを使うことで起きる煩雑化」を1つのツールで課題の洗い出しから分析・検証までを行えるようにすることで解消しているため、管理作業を効率化してSEOの効果を高めたい方には、特におすすめのツールとなっています。

        優秀なキーワード候補機能を搭載

        ジャイロンSEOにはキーワード候補機能が搭載されており、手動では候補を探すことが難しい掛け合わせワード、ミドル・ロングテールのキーワードを抽出することが可能です。 Google(スマホ検索を含む)やYahoo!で検索した際に表示される関連キーワードを日々保存、抽出して一覧で確認することができます。 関連キーワードがサジェストされた期間もわかるため、最新のキーワードトレンドも把握できる点が優秀です。 表示されたキーワード候補はワンクリックで登録することができるため、より手軽にSEO対策を強化することができます。

        順位変動の流れを正確に把握

        SEO対策においては、日々のランキング順位は常に把握しておかなければいけないものです。 しかし、ただ前日比を眺めているだけでは、どうして順位に変動が起きたのか分析しにくく、改善施策も打ち出しにくいものです。 ジャイロンSEOでは、前日比だけでなく、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示することで、より注力すべきキーワードや改善を行うべきワードなどが把握できるようになるため、継続したSEO対策を実現します。

        競合分析ができる

        自社が属する業界において、ベンチマークとなる企業を設定すること、競合サイトの動向を把握していることは非常に重要です。 ジャイロンSEOは各キーワード、グループごとに競合サイトとの比較ができます。 どんなキーワードで順位が負けているのか、また優位に立っているキーワードは何かが簡単に把握できるため、順位アップを目指すべきキーワードに対して注力できるようになります。

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載