サジェストとは?言葉の意味や検索における役割について解説

最終更新日 

自社でオウンドメディアを展開していたり、ブログの運営を行なっている方にとって重要なのがSEO対策です。

ただ闇雲に記事を書くのではなく、ユーザーが検索した際にヒットしやすい記事を作成するためには「サジェストキーワード」を意識してみると良いでしょう。

本記事ではサジェストについて、基本的な意味やSEO対策におけるサジェストの役割と重要性、サジェストキーワード抽出に役立つツールなどを紹介しますので参考にしてください。

検索エンジンのサジェストとは?表示例も解説

そもそもサジェストとは?

サジェストとは予測変換のことを意味し、Googleなどの検索エンジンやネットショップを利用した際に、検索欄にキーワードを入力するとそのキーワードと関連性の高いキーワードが自動的に表示される機能です。

この自動的に表示されたキーワードのことをサジェストキーワードといいます。

この機能を「サジェスト機能」といい、自動的に表示されるキーワードを「サジェストキーワード」といいます。

普段からインターネットで買い物や調べ物をする人であれば自然と目にしたことがあるサジェストキーワードですが、GoogleだけでなくYahoo!やBingなどの検索エンジンにも搭載されており、Amazonや楽天市場などのECモール、YouTube、ニコニコ動画などの動画配信サイトにも導入されています。

検索エンジンにおけるサジェスト機能とは?

GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおけるサジェスト機能は、検索窓にキーワードを入力すると関連性の高いキーワードや合わせて検索されているワードを表示してくれる機能です。

これまでに検索エンジンを利用した人が入力したキーワードを蓄積し、検索されている回数が多いキーワードを関連ワードとして表示してくれるため、キーワードごとの検索者ニーズが把握できるようになります。

このような特性があるため、SEO対策においては上位表示させたいキーワードを選定する際に、サジェスト機能を利用して関連キーワードを抽出することで、より多く検索ニーズが把握できボリュームのあるコンテンツを作成することができます。

サジェストキーワードの例

画像のように入力したキーワードと関連性が高い、検索された回数の多いキーワードがサジェストキーワードとして本来入力したキーワードより下に表示されます。

SEO対策におけるサジェストの役割と重要性

SEO対策をすることで、より優れたコンテンツ、ユーザーにとって有益なコンテンツと評価され特定のキーワードで検索した際の検索結果に大きく影響がでます。

このSEO対策を行う上でサジェストは非常に重要な役割を担うのです。

サジェスト機能によって表示されるキーワードは、実際に検索エンジンのユーザーがこれまでに検索窓に入力した回数の多いキーワードであるため、自社だけでは思いつかなかったキーワードや、ユーザーがメインキーワードに関連して何を知りたいのかニーズを把握できるようになります。
ユーザーのニーズが把握できれば、より質の高いコンテンツを作成することができますし結果として自社サイトへの訪問率を高めることにもつながります。

今では多くの業界で取り入れられているサジェスト機能を活用したSEO対策ですが、まだ試したことがないという方は是非活用してみてください。

サジェスト機能を活用したコンテンツの作成例

例えば「スポーツカー」についての記事を作成する場合、上記の画像のようにサジェストでは「外車」や「レンタカー」、「中古」や「かっこいい」といったサジェストキーワードが表示されます。

ですので、記事内ではおすすめのスポーツカーをランキング形式で紹介したり、スポーツカーをレンタルできるサービスについてライティングを行うと良いでしょう。

また、日本車と外車ごとにおすすめのスポーツカーを紹介するのもコンテンツの質を高めるのに有効です。

ネガティブなサジェストワードは操作で消すことができる?

サジェストキーワードがネガティブなもの、「詐欺」や「危険」、「怪しい」などのキーワードで埋まってしまうことをサジェスト汚染と呼びます。

実際にそうであるかどうかに関わらず、検索された回数が多いことでサジェストが汚染されてしまうことによりこのようなケースが引き起こされます。

ネガティブなサジェストキーワードの削除方法

Googleにサジェストキーワードの削除申請を行う

もし自社に関連するキーワードやコンテンツを作成しようとしているキーワードがサジェスト汚染されてしまった場合はGoogleに削除申請をすると良いでしょう。

ただし、サジェストキーワードはユーザーにとっての「知る権利」に該当するため、申請したからといって必ず削除できるとは限らない点に注意が必要です。

誹謗中傷や風評対策業者に依頼する

例えば自社の評判を落とすような事実と異なるサジェストキーワードが表示されるような場合には、専用の対策業者に依頼してみるのも有効です。

ただし、当然ながら効果に応じた報酬が発生するケースがほとんどですのでこの点には注意しましょう。

SEO対策に役立つサジェストツール4選

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツールは、検索窓にキーワードを入力するだけでサジェストキーワードを一度に確認、CSV形式でダウンロードすることも可能なツールです。

サジェストキーワードを確認するだけであれば、Googleからキーワードを入力するだけで良いですが、表示されたキーワードをダウンロードすることができないため、定期的にダウンロードしてサジェストキーワードの変化を知りたいという場合にも活用することができます。

同シリーズでYahoo!やBingなどに対応しているサービスも提供しています。

KOUHO.jp

簡単な操作でサジェストキーワードの抽出ができるツールです。

Amazonや楽天、Bingなどのキーワード抽出ができるだけでなくTwitter共起語も抽出できるため、幅広い活用ができます。

2021年12月現在、Googleサジェストが調整中となっており利用できないので注意が必要です。

Keyword Tool

Googleキーワードプランナーやその他のキーワード検索ツールの代用として利用できるサジェスト抽出ツールです。

GoogleやAmazon、YouTube、BingなどだけでなくInstagramやTwitterなどのSNSのサジェストキーワードの検索もできます。

日本以外の国ごとに検索することができるため、グローバルに展開をしている方にもおすすめです。

データのダウロード形式もCSV形式以外にExcel形式にも対応しています。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、見出し検索や文字数カウントツールなどさまざまなツールを提供しているラッコシリーズのサジェストキーワード抽出ツールです。

Google、Yahoo!知恵袋、Bing、YouTubeなどのサジェストキーワードを抽出することができます。

抽出されたキーワードをクリックすることで、そのキーワードで検索した場合の結果が表示されるためわざわざキーワードを入力する手間がかかりません。

※goodkeyword2020年11月にラッコキーワードへ統合されています

まとめ

サジェストについて基本的な意味や、SEO対策における重要性、活用方法、サジェスト抽出に有効なツールなどを紹介しました。

SEO対策においてサジェストキーワードの活用は非常に高い効果を発揮するので、本記事で紹介したツールを活用してぜひ自社のコンテンツ制作に取り入れてみてください。

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載