【簡単に解説】コンテンツマーケティングとは?|コンテンツマーケティングの事例やメリット、KPIについて

更新日:

    コンテンツマーケティングは近年注目度の高いマーケティング手法ですが、実はさまざまなタイプが存在していて、なかなか理解しにくいのも事実です。
    ここではコンテンツマーケティングとはなんなのか、基本的な知識を簡単に解説するほか、具体的に何をどうすれば効果が期待できるのかを解説します。
    コンテンツマーケティングをどこから始めれば良いのかわからない、実施するメリットや事例、定めるべきKPIを知りたいという場合に、ぜひご活用ください。

    【簡単に解説】コンテンツマーケティングとは?

    コンテンツマーケティングを簡単にいえば、ユーザーが「良かった」と思えるコンテンツを提供し続け、ファンになってもらい商品を買ってもらう手法です。
    アメリカで10年以上前から実施されている方法で、日本でも2015年から続けられていますからもはや王道と言っても良いでしょう。
    考え方はとてもシンプルで、お客さんに商品やサービスを好きになってもらい買ってもらうという、昔からどの商売でも行われてきた手段と言えます。
    ただその舞台がWebになり、提供するものがコンテンツになったというだけで、ユーザーをファンにする、魅力を感じてもらう、納得してもらうといった姿勢に変わりはありません。
    たとえば、調味料を広く売りたいときに、その調味料を使った料理のレシピを無料で配布するのは昔からスーパーマーケットなどでも実施されてきました。
    これもれっきとしたマーケティング手法です。
    Webにステージを変えれば、レシピや料理のアイディアをコンテンツとして公開することで、同じマーケティング手法を取ることができます。
    概念としては難しく考える必要はなく、ユーザーに「良かった」と思ってもらえる情報を提供することで、最終的に売上につなげることだと理解すれば良いでしょう。

    コンテンツマーケティングを実施するメリット

    そもそも、コンテンツマーケティングが世界的に流行っている理由は、ユーザーサイドに好意的に受け留められていることが第一に挙げられます。
    日本でもそうですが、Webを閲覧しているとき不特定多数に「数撃てば当たる」といったような広告の露出を目にすると、正直うんざりするユーザーが大半でしょう。
    目の前で興味のないチラシをバラ撒かれても見る気がしませんし、商品のキャッチコピーだけを何度も見せられてもそこから得るものがありません。
    コンテンツであれば、ためになる知識も得られますし、メーカーやブランド、商品の背景やドラマを知る機会にもなります。
    こうしたことから、より内容のあるコンテンツが求められるようになり、コンテンツマーケティングを実施するメリットも形成されたと言えるのです。
    また、Webサイト運営者にとってGoogle検索からの流入は非常に重要な指標ですが、Googleの検索エンジンの評価がコンテンツの「質」重視に変化したことが大きな要因でもあります。
    いずれにせよクオリティの高いコンテンツは資産であり、大きなコストをかけずにいつでも始められることから、現在のコンテンツマーケティング人気につながったと言えるでしょう。

    コンテンツマーケティングの成功事例を紹介

    コンテンツマーケティングで成功している企業は少なくありません。
    ここでは最新の情報をまとめて紹介しましょう。

    Lidea

    ライオン株式会社が運営するサイト「Lidea(リディア)」は、生活情報オウンドメディアです。
    メインのコンテンツはストック型のお役立ち情報で、ニュースはフロー型のお知らせ情報として新商品情報やキャンペーン情報などを発信しています。
    自社内に研究開発部門を抱えているアドバンテージを活かし、専門家が監修することで専門性と権威性を満たしたお役立ちコンテンツに特化しているのが勝因です。
    かなり幅広い記事を用意していますが、2日に1本以上という頻繫なペースで更新していることも特徴と言えます。
    内容は衛生や健康美容のほか、掃除洗濯、育児まで生活に密接な情報となっており、まさにメインターゲットのユーザー層にマッチする内容です。
    メディア運営は2014年10月から開始されていますが、SNSでは以下のような実績を持っています。

    • Facebookフォロワー数6,808人
    • Instagramフォロワー数9,556人
    • Twitterフォロワー数4.2万人

    またYouTubeでもライオン公式チャンネルを展開し、チャンネル登録者数1.33万人、LINEでのおともだち数約752万人となっています。

    コンテンツマーケティングにおけるKPIとは?

    KPIはご存知の通り、目標を達成するまでの過程を評価するための指標です。
    ゴールはもちろん売上ですが、コンテンツマーケティングにおいて導入すべきKPI数値としては、前後のユーザー数や問い合わせ数、セッション数やページビュー数、コンバージョン率などが妥当でしょう。
    特にコンテンツマーケティングは、ユーザーに役立つ情報を提供することでファンを育成することも目的ですから、どれだけ多くの継続閲覧者を獲得できるかがポイントとなります。
    コンテンツを大量に作成して更新頻度を増やしても、漠然と実施しては成果に結びつきません。
    また短期では効果を得にくい手法のため、スパンは中長期で設定する必要があります。
    現実的ではない数値設定はモチベーションのダウンになりますので、過去のデータと市場動向を比較して数値を算出するか、似た規模の競合サイトをベンチマークするのも良い手段です。
    いずれにせよPDCAサイクルを活用し、経過を常時数値化してスピーディに改善することが重要です。

    コンテンツマーケティングを成功させるための流れ

    コンテンツマーケティングを成功させるためには、いくつか決定すべき項目があります。
    流れに沿って見ていきましょう。

    ステップ1:ペルソナ設定

    ユーザーに「良かった」と思ってもらえるコンテンツを作ろうとするときに、肝心のユーザーの顔が見えていなくては始まりません。
    コンテンツマーケティングに限りませんが、マーケティング戦略を決めるためには見込み客を群ではなく個人として捉える必要があります。
    そこでペルソナを設定し、人物像まで特定することから始めましょう。

    ステップ2:情報決定

    そのコンテンツでペルソナに何を伝えるのかを決めます。
    もちろん興味や関心を抱いてもらえる内容、見て良かったと思ってもらえる内容にすることが大切です。
    検索ワードなども調査して、情報のジャンルをリストアップしましょう。

    ステップ3:順番決定

    伝えるべき情報が決まったら伝える順番を決めます。
    ペルソナの行動を時系列で捉え、行動の全体像を可視化できるカスタマージャーニーマップを作成するのがおすすめです。

    ステップ4:メディア決定

    内容とフェーズによってメディアやフォーマットが異なります。
    同じ情報でもどうやって提供するか、テキストなのか動画配信なのかでも効果が大きく変わるため、最も適切な方法がどれかを検討し決定します。

    ステップ5:コンテンツ提供

    最後のステップは、情報発信です。
    ここで最も重要なポイントが、最高のクオリティでコンテンツを制作することと最も適切なタイミングでコンテンツを提供することです。
    コストがかかりますが、コンテンツマーケティングはコンテンツのクオリティですべての命運が決まります。
    また、ユーザーが興味を持つタイミングでコンテンツを提供しなければ単なるセールスだと捉えられ、「良かった」と思ってもらえることはありません。
    目指すのは、「まさに今」「欲しいと思っていた」タイミングを狙って先回りすることです。
    ここが一番難しいところですが、極めることで大きな成功を収めることは間違いありません。

    正しいフローを意識してコンテンツマーケティングを成功させよう

    コンテンツマーケティングは、かなり昔から世界中で実施され続けてきた王道のマーケティング手法です。
    自社のターゲットユーザーに「良かった」と思ってもらえるコンテンツを提供することでファンになってもらい、商品やサービスを購入してもらうことが目的です。
    また、質の高いコンテンツは自社の資産になるため、コンテンツ制作は決してその場限りの捨て作業ではありません。
    KPIを設定し、ペルソナに向けてクオリティの高いコンテンツを絶妙なタイミングで提供し続けることで、大きな成功を収めることができるでしょう。

      • qeee枠【SEO】

        SEO対策に必要な機能がオールインワン: Gyro-n SEO

        (4.5)

        月額料金500円〜無料お試しあり
        初期費用0円最低導入期間1ヶ月〜

        SEO対策において課題となりがちな、「複数のツールを使うことで起きる煩雑化」を1つのツールで課題の洗い出しから分析・検証までを行えるようにすることで解消しているため、管理作業を効率化してSEOの効果を高めたい方には、特におすすめのツールとなっています。

        優秀なキーワード候補機能を搭載

        ジャイロンSEOにはキーワード候補機能が搭載されており、手動では候補を探すことが難しい掛け合わせワード、ミドル・ロングテールのキーワードを抽出することが可能です。 Google(スマホ検索を含む)やYahoo!で検索した際に表示される関連キーワードを日々保存、抽出して一覧で確認することができます。 関連キーワードがサジェストされた期間もわかるため、最新のキーワードトレンドも把握できる点が優秀です。 表示されたキーワード候補はワンクリックで登録することができるため、より手軽にSEO対策を強化することができます。

        順位変動の流れを正確に把握

        SEO対策においては、日々のランキング順位は常に把握しておかなければいけないものです。 しかし、ただ前日比を眺めているだけでは、どうして順位に変動が起きたのか分析しにくく、改善施策も打ち出しにくいものです。 ジャイロンSEOでは、前日比だけでなく、直近の順位の動きを検索結果画面に一覧表示することで、より注力すべきキーワードや改善を行うべきワードなどが把握できるようになるため、継続したSEO対策を実現します。

        競合分析ができる

        自社が属する業界において、ベンチマークとなる企業を設定すること、競合サイトの動向を把握していることは非常に重要です。 ジャイロンSEOは各キーワード、グループごとに競合サイトとの比較ができます。 どんなキーワードで順位が負けているのか、また優位に立っているキーワードは何かが簡単に把握できるため、順位アップを目指すべきキーワードに対して注力できるようになります。

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載