他のサービスとの違いは?Fit Food Bizの料金・評判・機能について

最終更新日 

ランチタイムになるとお弁当を届けてくれる、販売員が来社してお弁当を販売してくれる、いわゆるお弁当型社食サービスが企業の間でも広く知られるようになってきました。わざわざ外の飲食店まで出歩く必要がなく、美味しいお弁当が食べられることで人気の社食サービスですが、これから導入しようと検討している企業にとって気になるのは料金面やメニューの豊富さ、そして何より栄養面だと思います。

そこで今回は社食サービスの中からカロリーコントロールに優れたお弁当で人気のFit Food Bizをご紹介いたします。

Fit Food Bizとは

Fit Food Bizは株式会社AIVICKが運営する簡易社食サービスです。社食を導入する企業にとって大きな目的である、社員の健康管理に貢献できるお弁当を提供してくれるとあって昨今注目を集めています。

契約すると専用の冷蔵庫がレンタルされ、担当者の発注に応じたお弁当が配達され冷蔵庫に補充されます。従業員はお弁当代を負担して食事が可能となります。冷蔵庫による保管が可能なので好きなタイミングで食事をとることができ、医師監修のカロリー・糖質が計算されたお弁当が食べられるとあって、健康経営に力を入れたい企業にとって強い味方となっています。

Fit Food Bizの機能・特徴

ウェルネスチェック

Fit Food Bizでは社員の健康課題の見える化を様々な角度から割り出しアプローチすることが可能です。その1つとしてウェルネスチェックが行われています。自社で培ってきた経験を活かし健康知識・健康意識・行動を見える化し従業員にアンケートを実施します。その集計結果から会社としての健康レベルを5段階で評価し、各段階に合わせた健康レベル向上のためのプログラムを提供します。

健康ワークショップを実施

Fit Food Bizでは健康課題の見える化として、産業保健師監修のワークショップを管理栄養士・健康経営アドバイザーの資格保有者によって開催しています。もちろん会社毎に健康課題は違うため、初級・中級・上級とレベルを分けた豊富な内容のワークショップを提供しています。

また、SHARPの「AGEsセンサ」を貸し出しており、これを使うことで数十秒で生活習慣をチェックすることができるようになります。自身の生活習慣を簡単にチェックできるようになるので、社員それぞれが自身の健康管理に意識を持つようになるのです。

法人最適食の提供

社食サービスの面では、健康課題の見える化により明らかになった企業それぞれの課題に合わせた三種類のお弁当を提供しています。これらのお弁当は糖質量を三段階に設計されたもので、糖質量20g以内のCarbo20、糖質量40g以内のCarbo40、糖質量60g以内のCarbo60になります。

単純にご飯を減らして糖質を抑えるというわけではなくサラダや肉、魚の量を調節することでビタミン・ミネラル・タンパク質をしっかりと摂取できるので満足感も得られます。一番糖質が多いCarbo60でも一般的なお弁当の糖質量の半分以下に抑えているので男性社員でもしっかりと健康管理が可能となるのです。

Fit Food Bizの価格・料金プラン

Fit Food Bizの料金プランについては要問い合わせとなっています。同社が提供しているFit Food Biz Liteでは一食500円程度でお弁当を利用でき、企業はサービス利用料金を支払う形式になっているのでこちらのサービスも近い金額で利用できると思われますが詳細は公式サイトよりご確認ください。

※2020年5月現在/詳細は要問い合わせ

Fit Food Bizの口コミ・利用企業からの評判

Fit Food Bizで健康的な食事を

“タクシー業界では一般の産業と比較して健康状態が悪い方が多く、健康意識も決して高いとは言えません。従業員のランチ事情について把握はしておらず、これではいけないと思いAIVICK様が提供しているサービスの中からFit Food Biz Liteを導入しました。冷蔵庫で保存できるのですぐにお弁当を食べる必要がなく、ランチタイムが決まっていないタクシー業界にとっては非常に嬉しいサービスだと感じています。”(東宝タクシー株式会社様)

従業員の味覚改善も

“健康経営を始めて4年以上経ちますが、昼食時には会社下のコンビニに長蛇の行列ができ、昼食にかける時間を割かれてしまうという問題が弊社にはありました。もっと食事の大切さを浸透させたいと思い、AIVICK様が提供しているサービスの中からFit Food Biz Liteを導入しました。導入後は社員から「味覚が変わった」、「体重が減った」などの声があがっており、健康に対する意識改善ができていると実感しています。”(株式会社大京様)

SNSでの評判・口コミ

類似サービスとの比較

Fit Food Bizとの類似サービスとして比較できるのは同じお弁当型社食サービスのオフィスおかんやシャショクルが挙げられるかと思います。料金面としてはFit Food Bizが要問い合わせなのに対し、オフィスおかんは月額54,600円から利用が可能です。惣菜自体は1品100円からと非常にリーズナブルです。シャショクルは対面型では固定費0円、無人販売プランでは月額50,000円の料金がかかります。

サービス内容では惣菜の種類の豊富さ、リーズナブルさにはオフィスおかんが定評があり、シャショクルはリーズナブルなお弁当から有名店の高級弁当まで広い価格帯を採用しています。お弁当の種類は3種類と少ないですが栄養・糖質管理が徹底して行われているFit Food Bizのお弁当は健康経営を意識する上ではおすすめと言えるでしょう。

Fit Food Bizで健康経営を

今回は社食サービスの中から従業員の健康管理に強みを持つFit Food Bizをご紹介させて頂きました。昨今、健康経営という言葉が注目を集め、企業は社食サービスを積極的に導入しています。従業員の健康を管理し、促進するということは単純に福利厚生の充実というだけでなく、会社の生産性の向上へと繋がります。

導入に際しては、会社が抱える食事に対する課題をしっかりと事前いヒアリングして課題を明確にしておく必要があります。トライアルを実施しているサービスも多いので社食サービスを体感してみてからそこで課題を発見するのも良いでしょう。

画像・データ出典:Fit Food Biz公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部