MSS for EDRの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これはWAF・サイバー攻撃対策の製品です。
WAF・サイバー攻撃対策の製品をまとめて資料請求

EDR(Endpoint Detection and Response)という言葉をご存知でしょうか?

ユーザーが利用するサーバーなどで不審な動きを検知した場合、素早く対応するためのシステムをEDRといいます。

今回紹介するMSS for EDRは、EDR製品に対して、セキュリティの常駐監視などをするサービスです。

MSS for EDRの気になる機能・料金・評判・口コミをまとめましたので、ぜひご覧ください。

MSS for EDRとは?

MSS for EDRは、EDR製品を導入している企業に対して、ユーザーの代わりにセキュリティ監視するサービスです。

不審な動きを検出した場合は、迅速に対処して、ユーザーに報告します。

インシデントに対しては、24時間365日、常駐体制を取っています。

おすすめの類似WAF・サイバー攻撃対策システム

Webサイトを堅牢性の高いセキュリティで守る: Cloudbric WAF+

(4.5)

月額料金28,000円〜無料お試しあり
初期費用要問い合わせ導入実績6,550サイト以上

あらゆる包囲からのサイバー攻撃に対し、強固なセキュリティでWebサイトを守ることができ、高セキュリティでありながら、リーズナブルに利用することができます。 日本国内だけでも6,550サイト以上で導入されており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えます。

簡単に導入できる

Cloudbric WAF+は、最短3プロセスで導入できる手軽さが魅力的です。 エージェントやモジュールをインストールする必要がなく、導入ヒアリングシートに必要事項を記入して提出、Cloudbric WAF+側でセキュリティプラットフォームを構築してもらい、DNSの情報を変更すれば設定は完了です。 利用開始後は、セキュリティエキスパートが検知ログの収集·分析を行い、セキュリティ運用ポリシーの提案を行ってくれるため、導入企業向けにカスタマイズされたセキュリティサービスを利用することができます。

常時SSLを実現

Cloudbric WAF+では、ウェブサイトからの通信を暗号化することができるSSL証明書を無償で提供しています。 SSL証明書の登録と更新を全て任せることで、常時SSLを簡単に実現することができるため、セキュリティ強化につながります。 また、Webサーバ側のSSL証明書を持ち込む際にも、管理画面で簡単にアップロードすることが出来ます。

DDoS対策も可能

過剰なデータを送りつけてサーバの運用を妨害するサイバー攻撃であるDDoS攻撃に対しても、Cloudbric WAF+であれば簡単に対策することができます。 利用しているプランに関わらず、基本料金内でL3/L4のネットワークレベルとL7のアプリケーションレベルのDDoS攻撃に対応できるため、余計なコストもかかりません。

複数のセキュリティ対策がオールインワン: BLUE Sphere

(4.5)

月額費用45,000円〜無料お試しあり
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

WAFをはじめとしたDDoS防御やDNS監視など、複数の機能に加え、もしもの時の損害にも対応できるサイバーセキュリティ保険を付帯しているサービスで、WEBサイトのセキュリティ課題を一気に解消することができます。

複数のセキュリティ対策をオールインワンで提供

BLUE Sphereであれば基本機能の章で紹介した複数の機能が一つの製品にまとまっているため、包括的にWEBサイトを防御することができます。BLUE Sphereは非常にコストパフォーマンスに優れている製品だと言えるでしょう。

登録ドメイン数が無制限

WAFを提供しているサービスのほとんどが、登録するWEBサイト数(ドメイン数)に制限があります。 しかしBLUE Sphereは、複数のサイトを運営している企業でも契約の結び直しや追加料金を払うことなくドメインを追加することができます。

改ざん検知も可能

攻撃者がWEBサーバに不正ログインをしてWEBサイトを書き換えてしまうサイバー攻撃も軽視できない重大な問題となっています。 WEBサイトを改ざんされるとサービスが利用できなくなったり、サイト訪問者へのウイルス感染などの危険性があるため、改ざん時には早急に検知する対策が望まれます。

この製品はWAFの製品です。

WAFの製品をまとめて資料請求

MSS for EDRの特徴

MSS for EDRには、大きく3つの特徴があります。

・社内外からのネットワーク内端末セキュリティ調査
・ユーザーにかわって監視・抑制対応
・英語対応可能

この3点について、詳しく説明します。

社内外からのネットワーク内端末セキュリティ調査

MSS for EDRは、社内外からのEDR製品以外の不審な情報を元に、セキュリティ被害の有無や影響などをセキュリティ専門アナリストが調査します。

インシデントが発見された場合は、抑制対応します。

ユーザーに代わって監視・抑制対応

MSS for EDRは、24時間365日システムを監視し、ユーザーを保護しています。

それにより、ユーザーの運用負担軽減が可能です。

影響度判定の結果、攻撃が認められた場合は、ユーザーに代わって抑制対応します。

英語対応可能

MSS for EDRは英語対応可能です。

そのため、ユーザーの拠点が海外にあっても、国内と同様のサービスを英語で提供できます。

国内外に拠点を持つユーザーにとって、同様のサービスが受けられるのは大きなメリットになります。

MSS for EDRの料金

MSS for EDRの料金についての掲載はありません。

詳細は、公式サイトのお問い合わせフォームから問い合わせてみてください。

MSS for EDRの評判・口コミ

MSS for EDRの評判・口コミをまとめました。

実際に導入した企業の声は参考になりますので、ぜひご覧ください。

MSS for EDRの良い評判・口コミ

MSS for EDRの良い評判・口コミには以下のようなものがありました。

・明らかに運用面の負荷が軽減した
・夜間でも、有事には監視センター側から対応ができるため、安心できる環境が整えられた
・アラートの内容や対応策を連絡してもらえるので、すぐに社内対応できるようになった

MSS for EDRは大手企業や大学などが数多く導入しています。

そのことからも、評判の良いシステムであることが分かります。

MSS for EDRの悪い評判・口コミ

MSS for EDRの悪い評判や口コミは、2022年6月現在見当たりませんでした。

この製品に関連する動画を紹介

EDR製品を持つユーザーにとってメリットが多いMSS for EDR

MSS for EDRは、EDR製品を導入している企業にとって、手厚いサポートが可能なシステムと言えます。

さまざまなセキュリティ対策が必要な近年では、自社のみで全てのセキュリティ対策を行うのは不可能です。

そのようなとき、代わりにセキュリティ対策や、有事の際に対応してくれるのは、運用面の負荷軽減にも繋がります。

EDR製品をすでに導入し、さらなるセキュリティ強化を検討していたら、ぜひ一度、公式サイトから問い合わせてみてください。

これはWAF・サイバー攻撃対策の製品です。
WAF・サイバー攻撃対策の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【WAF】

      Webサイトを堅牢性の高いセキュリティで守る: Cloudbric WAF+

      (4.5)

      月額料金28,000円〜無料お試しあり
      初期費用要問い合わせ導入実績6,550サイト以上

      あらゆる包囲からのサイバー攻撃に対し、強固なセキュリティでWebサイトを守ることができ、高セキュリティでありながら、リーズナブルに利用することができます。 日本国内だけでも6,550サイト以上で導入されており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えます。

      簡単に導入できる

      Cloudbric WAF+は、最短3プロセスで導入できる手軽さが魅力的です。 エージェントやモジュールをインストールする必要がなく、導入ヒアリングシートに必要事項を記入して提出、Cloudbric WAF+側でセキュリティプラットフォームを構築してもらい、DNSの情報を変更すれば設定は完了です。 利用開始後は、セキュリティエキスパートが検知ログの収集·分析を行い、セキュリティ運用ポリシーの提案を行ってくれるため、導入企業向けにカスタマイズされたセキュリティサービスを利用することができます。

      常時SSLを実現

      Cloudbric WAF+では、ウェブサイトからの通信を暗号化することができるSSL証明書を無償で提供しています。 SSL証明書の登録と更新を全て任せることで、常時SSLを簡単に実現することができるため、セキュリティ強化につながります。 また、Webサーバ側のSSL証明書を持ち込む際にも、管理画面で簡単にアップロードすることが出来ます。

      DDoS対策も可能

      過剰なデータを送りつけてサーバの運用を妨害するサイバー攻撃であるDDoS攻撃に対しても、Cloudbric WAF+であれば簡単に対策することができます。 利用しているプランに関わらず、基本料金内でL3/L4のネットワークレベルとL7のアプリケーションレベルのDDoS攻撃に対応できるため、余計なコストもかかりません。

      AWS WAFの運用を成功に導く: Cloudbric WMS for AWS

      (4.5)

      月額費用要見積もり無料お試し30日間無償
      初期費用要見積もり最短導入期間要問い合わせ

      Cloudbric WMS for AWSとは、クラウドブリック株式会社が運営しているAWS WAFに特化した運用サービスです。 AWS WAFは、専門的な知識が必要で、運用のためには複雑な設定が必要になるケースも多いため、自社に専門的なリソースがない場合は運用が難しいケースもあります。

      脅威インテリジェンスの専門性

      Cloudbric WMSでは、95カ国700,000サイト以上から収集される脅威情報と、日本を含んだ3カ国にて特許を取得している、自社開発の独自AI技術に基づいた危険度スコアリングによる脅威IPの遮断とS3ログ分析による攻撃遮断が可能となっています。

      高度化されたカスタム・ルール

      Cloudbric WMSは、日本を含んだ5カ国にて特許取得済みの論理演算検知ロジックをコーディングして、Webアプリケーションを守るために必要なセキュリティをカスタム・ルールにて提案してくれます。

      配コンサルティングとサポート付き

      Cloudbric WMSは、セキュリティ・ルール適用、誤検知対応はもちろん、その他の機能設定までを任せることができるコンサルティング付きのサービスとなっています。 24時間365日のモニタリングとサポートを提供しており、導入から利用までの全プロセスにおける柔軟なサポートが可能です。

      複数のセキュリティ対策がオールインワン: BLUE Sphere

      (4.5)

      月額費用45,000円〜無料お試しあり
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      WAFをはじめとしたDDoS防御やDNS監視など、複数の機能に加え、もしもの時の損害にも対応できるサイバーセキュリティ保険を付帯しているサービスで、WEBサイトのセキュリティ課題を一気に解消することができます。

      複数のセキュリティ対策をオールインワンで提供

      BLUE Sphereであれば基本機能の章で紹介した複数の機能が一つの製品にまとまっているため、包括的にWEBサイトを防御することができます。BLUE Sphereは非常にコストパフォーマンスに優れている製品だと言えるでしょう。

      登録ドメイン数が無制限

      WAFを提供しているサービスのほとんどが、登録するWEBサイト数(ドメイン数)に制限があります。 しかしBLUE Sphereは、複数のサイトを運営している企業でも契約の結び直しや追加料金を払うことなくドメインを追加することができます。

      改ざん検知も可能

      攻撃者がWEBサーバに不正ログインをしてWEBサイトを書き換えてしまうサイバー攻撃も軽視できない重大な問題となっています。 WEBサイトを改ざんされるとサービスが利用できなくなったり、サイト訪問者へのウイルス感染などの危険性があるため、改ざん時には早急に検知する対策が望まれます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載