OpManager(オーピーマネージャ)の料金・評判・特徴について

更新日:

    ネットワークはとても便利なものですが、常にネットワークを監視していないと、トラブルがあったときに素早く対処ができません。しかし人がずっと24時間監視するというのは無理があるでしょう。そんなときに活用したいのがネットワーク監視ツールの「OpManager」です。この記事ではOpManagerの特徴やメリットなどについて紹介します。

    OpManagerの特徴・機能

    充実した機能

    1つ目の特徴が充実した機能です。OpManagerは死活監視、リソース監視、トライフィック監視、コンフィグ管理、ログ解析、障害監視などさまざまな機能があります。公式サイトを除けば分かりますが、膨大な量の機能がありますので、あの機能がないと困ることはないでしょう。

    ドラッグ&ドロップで操作可能

    2つ目の特徴がドラッグ&ドロップで操作可能ということです。機能が多いと、必然的に使いにくくなりそうという心配が出るでしょう。しかしOpManagerではドラッグ&ドロップで操作できるので、とても使いやすくなっています。公式サイトでは体験サイトもありますので、ぜひ使ってみてください。

    豊富な導入実績

    3つ目の特徴が豊富な導入実績です。ツールやサービスを利用する際には導入実績があれば安心して導入できるでしょう。OpManagerでは官公庁、地方自治体などでも導入がされており、大手企業でも導入されているのでその信頼感は抜群でしょう。

    おすすめの類似WAF・サイバー攻撃対策システム

    Webサイトを堅牢性の高いセキュリティで守る: Cloudbric WAF+

    (4.5)

    月額料金28,000円〜無料お試しあり
    初期費用要問い合わせ導入実績6,550サイト以上

    あらゆる包囲からのサイバー攻撃に対し、強固なセキュリティでWebサイトを守ることができ、高セキュリティでありながら、リーズナブルに利用することができます。 日本国内だけでも6,550サイト以上で導入されており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えます。

    簡単に導入できる

    Cloudbric WAF+は、最短3プロセスで導入できる手軽さが魅力的です。 エージェントやモジュールをインストールする必要がなく、導入ヒアリングシートに必要事項を記入して提出、Cloudbric WAF+側でセキュリティプラットフォームを構築してもらい、DNSの情報を変更すれば設定は完了です。 利用開始後は、セキュリティエキスパートが検知ログの収集·分析を行い、セキュリティ運用ポリシーの提案を行ってくれるため、導入企業向けにカスタマイズされたセキュリティサービスを利用することができます。

    常時SSLを実現

    Cloudbric WAF+では、ウェブサイトからの通信を暗号化することができるSSL証明書を無償で提供しています。 SSL証明書の登録と更新を全て任せることで、常時SSLを簡単に実現することができるため、セキュリティ強化につながります。 また、Webサーバ側のSSL証明書を持ち込む際にも、管理画面で簡単にアップロードすることが出来ます。

    DDoS対策も可能

    過剰なデータを送りつけてサーバの運用を妨害するサイバー攻撃であるDDoS攻撃に対しても、Cloudbric WAF+であれば簡単に対策することができます。 利用しているプランに関わらず、基本料金内でL3/L4のネットワークレベルとL7のアプリケーションレベルのDDoS攻撃に対応できるため、余計なコストもかかりません。

    複数のセキュリティ対策がオールインワン: BLUE Sphere

    (4.5)

    月額費用45,000円〜無料お試しあり
    初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

    WAFをはじめとしたDDoS防御やDNS監視など、複数の機能に加え、もしもの時の損害にも対応できるサイバーセキュリティ保険を付帯しているサービスで、WEBサイトのセキュリティ課題を一気に解消することができます。

    複数のセキュリティ対策をオールインワンで提供

    BLUE Sphereであれば基本機能の章で紹介した複数の機能が一つの製品にまとまっているため、包括的にWEBサイトを防御することができます。BLUE Sphereは非常にコストパフォーマンスに優れている製品だと言えるでしょう。

    登録ドメイン数が無制限

    WAFを提供しているサービスのほとんどが、登録するWEBサイト数(ドメイン数)に制限があります。 しかしBLUE Sphereは、複数のサイトを運営している企業でも契約の結び直しや追加料金を払うことなくドメインを追加することができます。

    改ざん検知も可能

    攻撃者がWEBサーバに不正ログインをしてWEBサイトを書き換えてしまうサイバー攻撃も軽視できない重大な問題となっています。 WEBサイトを改ざんされるとサービスが利用できなくなったり、サイト訪問者へのウイルス感染などの危険性があるため、改ざん時には早急に検知する対策が望まれます。

    この製品はWAFの製品です。

    WAFの製品をまとめて資料請求

    OpManagerのメリット

    OpManagerのメリットは主に以下の2つです。

    費用を安く抑えられる
    一元管理により原因が迅速に切り分けられる

    1つ目が費用を安く抑えられます。年間234,000円から導入可能で、デバイス数に応じた料金体系になっています。その他にも柔軟なプランがあり、自分に合ったものを選択できます。費用を気にする企業でも導入しやすいのが嬉しいですね。2つ目が一元管理により原因が迅速に切り分けられます。すべてを1つの画面で管理するので、トラブルが起きてもすぐに把握できるのがメリットです。

    OpManagerの注意点

    OpManagerの注意点は10,000台以上の大規模ネットワーク監視には対応していないことです。そのため、事前にネットワーク監視数を確認する必要があります。

    OpManagerの価格・料金プラン

    234,000円から導入できますが、デバイスの大きさによっても異なりますので、まずは問い合わせてみましょう。

    2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    OpManagerの導入事例・評判

    ネットワーク構成図上の赤くなっているところはダウンを示しており、それによってどこにその機器があるのかなどを瞬時に把握でき、すぐに現場へ足を運べます。ネットワーク構成図があることで、運用が劇的に改善できました。
    福岡ソフトバンクホークス株式会社

    試したところ、機能や使いやすさ、見やすさが優れていました。さらにインストールも楽で、簡単な設定ならば1日かからず導入できてるので、選定になりました。OpManagerを導入したことで、深夜残業や休日出勤がなくなりました。
    トラスコ中山株式会社

    OpManagerと類似サービスとの比較

    サービス月額特徴
    Site24x70円〜クラウド環境に対応、Webサイトアプリケーションも監視
    Zabbix0円直感的な操作ができ動作が軽い
    Nagios0円〜テキストファイルで設定行う

    Site24x7はクラウド環境に対応しており、webサイトアプリケーションも監視できるのが特徴です。Zabbixは直感的な操作ができ、動作が軽いので、操作性や重さを気にする企業にいいでしょう。Nagiosはテキストファイルで設定を行うので、専門知識があるエンジニアがいる企業におすすめです。

    OpManagerで休日出勤・残業をなくそう

    働き方改革が行われ、休日出勤や残業に対する世間の目も厳しいものとなりました。とはいっても業務量を減らすのは難しいでしょう。そんなときはOpManagereを利用してみてください。低コストで導入でき、休日出勤・残業をなくせたとの声もありますので、予想以上の価値があるでしょう。

    この製品はWAF・サイバー攻撃対策の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    WAF・サイバー攻撃対策の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【WAF】

        Webサイトを堅牢性の高いセキュリティで守る: Cloudbric WAF+

        (4.5)

        月額料金28,000円〜無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ導入実績6,550サイト以上

        あらゆる包囲からのサイバー攻撃に対し、強固なセキュリティでWebサイトを守ることができ、高セキュリティでありながら、リーズナブルに利用することができます。 日本国内だけでも6,550サイト以上で導入されており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えます。

        簡単に導入できる

        Cloudbric WAF+は、最短3プロセスで導入できる手軽さが魅力的です。 エージェントやモジュールをインストールする必要がなく、導入ヒアリングシートに必要事項を記入して提出、Cloudbric WAF+側でセキュリティプラットフォームを構築してもらい、DNSの情報を変更すれば設定は完了です。 利用開始後は、セキュリティエキスパートが検知ログの収集·分析を行い、セキュリティ運用ポリシーの提案を行ってくれるため、導入企業向けにカスタマイズされたセキュリティサービスを利用することができます。

        常時SSLを実現

        Cloudbric WAF+では、ウェブサイトからの通信を暗号化することができるSSL証明書を無償で提供しています。 SSL証明書の登録と更新を全て任せることで、常時SSLを簡単に実現することができるため、セキュリティ強化につながります。 また、Webサーバ側のSSL証明書を持ち込む際にも、管理画面で簡単にアップロードすることが出来ます。

        DDoS対策も可能

        過剰なデータを送りつけてサーバの運用を妨害するサイバー攻撃であるDDoS攻撃に対しても、Cloudbric WAF+であれば簡単に対策することができます。 利用しているプランに関わらず、基本料金内でL3/L4のネットワークレベルとL7のアプリケーションレベルのDDoS攻撃に対応できるため、余計なコストもかかりません。

        AWS WAFの運用を成功に導く: Cloudbric WMS for AWS

        (4.5)

        月額費用要見積もり無料お試し30日間無償
        初期費用要見積もり最短導入期間要問い合わせ

        Cloudbric WMS for AWSとは、クラウドブリック株式会社が運営しているAWS WAFに特化した運用サービスです。 AWS WAFは、専門的な知識が必要で、運用のためには複雑な設定が必要になるケースも多いため、自社に専門的なリソースがない場合は運用が難しいケースもあります。

        脅威インテリジェンスの専門性

        Cloudbric WMSでは、95カ国700,000サイト以上から収集される脅威情報と、日本を含んだ3カ国にて特許を取得している、自社開発の独自AI技術に基づいた危険度スコアリングによる脅威IPの遮断とS3ログ分析による攻撃遮断が可能となっています。

        高度化されたカスタム・ルール

        Cloudbric WMSは、日本を含んだ5カ国にて特許取得済みの論理演算検知ロジックをコーディングして、Webアプリケーションを守るために必要なセキュリティをカスタム・ルールにて提案してくれます。

        配コンサルティングとサポート付き

        Cloudbric WMSは、セキュリティ・ルール適用、誤検知対応はもちろん、その他の機能設定までを任せることができるコンサルティング付きのサービスとなっています。 24時間365日のモニタリングとサポートを提供しており、導入から利用までの全プロセスにおける柔軟なサポートが可能です。

        複数のセキュリティ対策がオールインワン: BLUE Sphere

        (4.5)

        月額費用45,000円〜無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        WAFをはじめとしたDDoS防御やDNS監視など、複数の機能に加え、もしもの時の損害にも対応できるサイバーセキュリティ保険を付帯しているサービスで、WEBサイトのセキュリティ課題を一気に解消することができます。

        複数のセキュリティ対策をオールインワンで提供

        BLUE Sphereであれば基本機能の章で紹介した複数の機能が一つの製品にまとまっているため、包括的にWEBサイトを防御することができます。BLUE Sphereは非常にコストパフォーマンスに優れている製品だと言えるでしょう。

        登録ドメイン数が無制限

        WAFを提供しているサービスのほとんどが、登録するWEBサイト数(ドメイン数)に制限があります。 しかしBLUE Sphereは、複数のサイトを運営している企業でも契約の結び直しや追加料金を払うことなくドメインを追加することができます。

        改ざん検知も可能

        攻撃者がWEBサーバに不正ログインをしてWEBサイトを書き換えてしまうサイバー攻撃も軽視できない重大な問題となっています。 WEBサイトを改ざんされるとサービスが利用できなくなったり、サイト訪問者へのウイルス感染などの危険性があるため、改ざん時には早急に検知する対策が望まれます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載