• ChatSeller(チャットセラー)の料金·評判·機能について。どんな特徴がある?

    最終更新日 

    近年は、Web上で商品やサービスの提案を行うことやチャットを使って顧客からの問い合わせ対応を行う企業が多くなりました。
    本記事では、ChatSeller(チャットセラー)について取り上げて、特徴、機能、価格などをご紹介いたします。

    ChatSellerとは

    ChatSellerは、 株式会社たびらくが提供しているチャット接客支援サービスです。
    Webでの接客やセールス活動に役立つ機能を搭載していることから、オンライン取引を行う企業などで導入されています。

    ChatSellerの特徴·機能

    ではその役立つ機能とはどのような機能なのでしょうか。
    具体的に紹介していきます。

    さまざまな機能が搭載

    ChatSellerの特徴は、チャット会話管理機能、Botワークフロー管理機能など、さまざまな機能が用意されていることです。
    顧客情報管理機能もあります。

    PKSHA Technology社提供の高精度CRM

    PKSHA Technology社提供のCRMを活用していることも、ChatSellerの特徴です。
    高精度のCRMによって、コンテンツマッチ提案、返答率アップの最適化を行い、対応オペレーターへ選択肢を提示してくれます。

    AIチャットボット

    ChatSellerは、感情解析や自動属性入力機能を搭載したAIチャットボットも活用してます。
    AIチャットボットが顧客に対して自動で話しかけることや顧客の潜在ニーズの洗い出しなども行ってくれます。

    ChatSellerの強み

    ChatSellerの強みは、チャット人材です。
    沖縄県やタイのバンコクなどでチャットセンターの運営をして、専門家のネットワークを築いてきた実績があるため、さまざまな業種に対応可能なチャット人材の提供が可能となっています。
    必要に応じて、チャット人材の増員もできます。
    専門知識やスキルを持った人材を活用できるという強みがあるため、チャットボットのように機械的な回答、不自然な会話になることがありません。

    ChatSellerの価格·料金プラン

    公式サイトには、ChatSellerの価格、料金プランに関する記載がありません。
    提供サービスやチャット人材の人数などによって価格が異なるため、詳細な料金については、お問い合わせが必要です。
    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    ChatSellerの注意点

    ChatSellerの注意点は、公式サイトに記載されている情報、口コミ情報が少ないことです。
    具体的な機能、価格などの詳しい情報を知りたい場合には、公式サイトのフォームから資料を請求する必要があります。
    ただ、資料請求をするだけなので、そこまでデメリットとは言えず、おすすめのサービスです。

    ChatSellerの導入事例·利用企業からの評判

    現在調査中です。

    類似サービスとの比較

    ChatSellerと似たようなサービスとしては、メディアリンク株式会社が提供しているsinclo(シンクロ)があります。
    sincloは、リアルタイムモニター、ステータス管理などの機能を搭載した次世代型チャットツールです。
    チャットボット機能を搭載しており、ChatSellerと同じように顧客からの問い合わせ対応を自動化してくれます。
    sincloの価格は、コスト重視プランが月額 9,440 円~、成果重視プランが月額 29,440 円~となっています。
    ChatSellerの料金プランは公表されていないため、価格面で両者の比較はできません。
    ChatSellerはチャットボットをメインに活用、sincloは人を中心にしたチャットセールスを目指したい企業に向いています。

    sinclo(シンクロ)の料金·評判·機能について。月額9,440円から使える?

    ChatSellerでチャットセールスの確立を

    高精度CRMやAI活用のチャット接客支援サービスChatSeller。
    ChatSellerで接客やセールスを行って成約の最大化を図ることができるので、是非この機会に導入を検討してみてください。

    画像·データ出典:ChatSeller公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部