ユーザーごとで自動ABテストができる?ecコンシェルの料金·評判·機能について

最終更新日 

ECサイトでの売り上げは今やリアル店舗での売り上げ以上に重視されている傾向があります。昨今の新型コロナウイルスの影響で外出を自粛しなければいけない状態ではリアル店舗での営業自体が難しく、企業はECサイトにより注力し、成約率をあげていく必要に迫られています。

ECサイトの売り上げを上げるためにはリアル店舗での接客をEC上で実現することが重要とされ、そのためにWeb接客ツールを導入する企業も増えています。

今回はそんなWeb接客ツールの中からecコンシェルをご紹介いたします。

ecコンシェルとは

ecコンシェルとはNTTドコモが運用するWeb接客ツールです。サイトに訪れるお客様一人ひとりに合わせたバナーを表示し、AIが接客効果を自動で最適化してくれるので質の高いWeb接客を実現できます。

訪問した顧客のアクセス情報を自動で分析し、売り上げや成約率の効果測定も行います。AIが分析したデータを元に複数の施策を自動でABテストし高速でPDCAを回すことができるので高い成約率を期待することができます。インターフェースも簡単に作られているので直感的操作で設定することができ、管理者は必要項目を設定するだけでキャンペーン設定をすることができます。

ecコンシェルの機能・特徴

 

お客様に合わせたWeb接客を実現

ecコンシェルの最大の特徴ともいえるのが、訪問したお客様一人ひとりに合わせた接客を実現できるという点になります。閲覧しているデバイスごとに表示する施策を変えることができ、商品購入履歴のないお客様に初回購入キャンペーンを配信するなども可能です。

自社で保有しているデータをCSV形式でインポートすることで会員情報や登録地域などの情報を元にユーザーを細かくセグメントすることができるのでより効果的なWeb接客を実現することができます。接客の方法もバナータイプ、モーダルタイプ、インラインタイプと複数種類あるので、自社サイトのデザインに合わせた接客方法を設定することができます。

自動最適化機能

ecコンシェルでは通常のマーケティングと同様にWeb接客の質を向上させるために、AIがABテストを自動で実行してくれます。ABテストを繰り返し、改善されたプランを提示してくれるので新しいコンテンツをどんどん試すことができるというのは企業にとっては嬉しい機能です。

コンバージョン率改善のためには常にPDCAを回して行くことが重要ですので、情報集積、分析、提案を自動で行なってくれるecコンシェルはサイト改善に大きく貢献してくれるシステムといえるでしょう。

安心のサポートとコンサルティング

導入実績6,500社以上を誇るecコンシェルではサポート体制も充実しており、システムの不明点のような質問からタグの設置方法などの専門的な質問にもメールで対応してくれます。

さらに、Web接客のエキスパートがサイト分析やレポーティング、シナリオの提供など多面的にコンサルティングしてくれるので、Web接客について知識がないという企業でも安心して導入することができるでしょう。

ecコンシェルの価格・料金プラン

ecコンシェルでは3つの料金プランを提供していて、月額無料で利用できるフリープラン、月額9,800円から利用できるスタンダードプラン、月額48,000円から利用できるエンタープライズプランがあります。フリープランでは設置できるサイト数は1つで、接客配信数は月100回まで、スタンダードプランでは設置できるサイト数は2つで、接客配信数は月10,000回まで、エンタープライズプランでは設置できるサイト数は無制限で、接客配信数も無制限になっています。

※2020年5月現在/詳細は要問い合わせ

ecコンシェルの口コミ・利用企業からの評判

ecコンシェル導入でコンバージョンアップ

“自社ECサイトのPV数アップ、コンバージョンアップのためにWeb接客ツールを導入したいと考え、費用が安く、シナリオ作成も簡単なecコンシェルを導入しました。ecコンシェルは管理画面がわかりやすく、効果を見ながらシナリオを設定することができる点は素晴らしいですね。今後はお客様のエンゲージメントを高めるためにecコンシェルをもっと活用していきたいと思います。”(株式会社AXES様)

ecコンシェルは費用対効果が抜群

“サイト改修をしなくてもコンバージョンをあげられるツールを探していたのですが、どれも導入費用が高く、機能とのバランスも悪いものでした。ecコンシェルはこの2つのバランスが良く、ABテストも自動で行なってくれるので狙っていなかった部分にまで訴求効果を出すことができ、少ない運用負担でPDCAを回すことができるので非常に助かっています。”(タワーレコード株式会社様)

 

類似サービスとの比較

ecコンシェルとの比較で挙げられるものとしては、KARTEやChatPlusがあるかと思います。

これらのサービスを料金で比較するとecコンシェルには月額無料で利用できるフリープラン、月額9,800円から利用できるスタンダードプランが安価なものとしてあり、KARTEでは料金については要問い合わせとなっていますが、エンタープライズプランのみの提供となっているのでそれなりの金額がかかると思われます。ChatPlusでは月額1,980円からのミニマムプランが最安プランです。価格で考えると無料プランもあるecコンシェルになりますが、月額1,980円から使えるChatPlusでは安価ながら多数の機能を使用することができるのでそちらもおすすめです。

機能面から見るとやはりそれなりの金額がかかるであろうKARTEは多くの業界で導入実績があるのでやはり機能面では対応できる部分が大きいかと思われます。自社の企業規模、Web接客ツールを運用したいサイト数などを検討してから比較するのが良いでしょう。

ecコンシェルでリアル店舗同様の接客を

今回はWeb接客ツールのecコンシェルをご紹介させて頂きました。

外出自粛の流れが続いている状態では消費が落ち込むのは仕方のないこととも言えますが、そんな時だからこそ今まで以上に相手の顔が見えない場所での営業に力を入れるべきと言えるでしょう。

ユーザーにとって、ECサイトでの良い経験がリピート率を左右すると言っても過言ではないので、企業としてはいかにストレスフリーなWeb接客を実現できるかを課題とし、Web接客ツールの導入へと繋げたいところです。

無料版やお試し利用ができるサービスも多いのでまずは一度Web接客ツールがどのようなものか体験してみることをおすすめします。

画像・データ出典:ecコンシェル公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部