ecコンシェルの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
0円~
初期費用
0円
無料お試し
フリープランあり
導入社数
要お問合せ
これは Web接客の製品です。
Web接客の製品をまとめて資料請求

ECサイトでの売り上げは今やリアル店舗での売り上げ以上に重視されている傾向があります。昨今の新型コロナウイルスの影響で外出を自粛しなければいけない状態ではリアル店舗での営業自体が難しく、企業はECサイトにより注力し、成約率をあげていく必要に迫られています。

ECサイトの売り上げを上げるためにはリアル店舗での接客をEC上で実現することが重要とされ、そのためにWeb接客ツールを導入する企業も増えています。

今回はそんなWeb接客ツールの中からecコンシェルをご紹介いたします。

ecコンシェルとは

ecコンシェルとはNTTドコモが運用するWeb接客ツールです。サイトに訪れるお客様一人ひとりに合わせたバナーを表示し、AIが接客効果を自動で最適化してくれるので質の高いWeb接客を実現できます。

訪問した顧客のアクセス情報を自動で分析し、売り上げや成約率の効果測定も行います。AIが分析したデータを元に複数の施策を自動でABテストし高速でPDCAを回すことができるので高い成約率を期待することができます。インターフェースも簡単に作られているので直感的操作で設定することができ、管理者は必要項目を設定するだけでキャンペーン設定をすることができます。

ecコンシェルの機能・特徴

お客様に合わせたWeb接客を実現

ecコンシェルの最大の特徴ともいえるのが、訪問したお客様一人ひとりに合わせた接客を実現できるという点になります。閲覧しているデバイスごとに表示する施策を変えることができ、商品購入履歴のないお客様に初回購入キャンペーンを配信するなども可能です。

自社で保有しているデータをCSV形式でインポートすることで会員情報や登録地域などの情報を元にユーザーを細かくセグメントすることができるのでより効果的なWeb接客を実現することができます。接客の方法もバナータイプ、モーダルタイプ、インラインタイプと複数種類あるので、自社サイトのデザインに合わせた接客方法を設定することができます。

自動最適化機能

ecコンシェルでは通常のマーケティングと同様にWeb接客の質を向上させるために、AIがABテストを自動で実行してくれます。ABテストを繰り返し、改善されたプランを提示してくれるので新しいコンテンツをどんどん試すことができるというのは企業にとっては嬉しい機能です。

コンバージョン率改善のためには常にPDCAを回して行くことが重要ですので、情報集積、分析、提案を自動で行なってくれるecコンシェルはサイト改善に大きく貢献してくれるシステムといえるでしょう。

安心のサポートとコンサルティング

導入実績6,500社以上を誇るecコンシェルではサポート体制も充実しており、システムの不明点のような質問からタグの設置方法などの専門的な質問にもメールで対応してくれます。

さらに、Web接客のエキスパートがサイト分析やレポーティング、シナリオの提供など多面的にコンサルティングしてくれるので、Web接客について知識がないという企業でも安心して導入することができるでしょう。


Web接客のおすすめ製品

OfficeBot

(5)

月額費用150,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用350,000円最短導入期間要問い合わせ

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。 チャットボットによる生産性向上や育成効率アップだけでなきう、社内DXにも貢献することができます。 AI搭載型のチャットボットで、導入企業側でFAQを登録することですぐに活用することができ、通常のAI運用で発生する学習基幹や検索語句設定が不要という特徴があります。

自動化で企業DXを促進

OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

他言語に対応

OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

GENIEE ENGAGE

(5)

月額費用CV数×CV単価無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

GENIEE ENGAGEとは、株式会社ジーニーが運営しているカゴ落ち・フォーム落ち防止対策ツールです。 購入/申込中で離脱してしまった、いわゆるカゴ落ち・フォーム落ちユーザーに対して、メール/SMSを活用してアプローチが可能で、ホットユーザーの取りこぼしを防ぎます。

最適なクリエイティブを作成

GENIEE ENGAGEは、これまでに多商材・多業界の導入実績があり、その経験を活かして商材・サービスごとの訴求に合わせたクリエイティブを作成しています。 メールでは、HTMLを用いて商品画像やバナー画像を差し込み、テキストだけでなく視覚的に訴求することも可能です。

送信回数と送信時間をカスタマイズ

GENIEE ENGAGEは、訴求メールの送信回数と送信時間をカスタマイズすることが可能です。 他社ツールでは、1回のみがデフォルトとなっていますが、GENIEE ENGAGEであれば、独自機能で2回の複数回送信が可能で、CV数をより高めることができます。

安心のサポート体制

GENIEE ENGAGEは、導入企業専属のカスタマーサポートが実装から配信の最適化までをサポートしているため、安心して導入することができます。 定期的に改善ミーティングを実施し、より配信効果を高めるためのコンサルティングを行なっています。

OPTEMO

(5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

OPTEMOとは、株式会社ジェイタマズが運営している商談獲得ツールです。 Webサイトを訪問した顧客が見ている画面をリアルタイムに確認しながら、最適なタイミングでチャットや音声通話によってリードを獲得することができます。

商談化率の高いリードとコミュニケーションがとれる

OPTEMOは、専用のコードを導入したいページへ入れるだけで導入することができます。 Webページを訪問者した顧客の動きをリアルタイムに把握し、温度感が高い最適なタイミングでチャットや音声通話によってコミュニケーションを図ることが可能です。

インサイドセールスが自ら商談を獲得

OPTEMOでは、顧客側・企業側双方がチャットや音声通話を活用してコミュニケーションを図ることができます。 サイト訪問者が見ているページをリアルタイムに可視化できるため、顧客側の温度感が高いタイミングでインサイドセールス部門自ら声掛けし、商談を獲得することが可能となります。

SFA/MAツールと連携

OPTEMOは、Salesforceやhubspot、Marketo、Marketing Cloud Account Engagement(旧:Pardot)といったSFA・MAツールと連携することができます。 これらのツールと連携することで、顧客の温度感がより高いタイミングでのアプローチが可能となります。

Web接客の製品をまとめて資料請求

ecコンシェルの価格・料金プラン

ecコンシェルでは3つの料金プランを提供していて、月額無料で利用できるフリープラン、月額9,800円から利用できるスタンダードプラン、月額48,000円から利用できるエンタープライズプランがあります。フリープランでは設置できるサイト数は1つで、接客配信数は月100回まで、スタンダードプランでは設置できるサイト数は2つで、接客配信数は月10,000回まで、エンタープライズプランでは設置できるサイト数は無制限で、接客配信数も無制限になっています。

※2020年5月現在/詳細は要問い合わせ

ecコンシェルの強み

シンプルで使いやすいUIを搭載

ecコンシェルは、シンプルでわかりやすいUIで設計されており、マニュアルなしでキャンペーンを設定するだけでターゲットとするセグメントに最適なタイミング訴求することが可能です。

Web接客ツールは、利便性が高い反面、キャンペーンの設定方法が複雑で、専門的な知識がないと操作ができないというサービスもありますが、ecコンシェルであれば、使いやすいUIで社内に浸透させることができます。

AIによる最適化でPDCAを回すことができる

ecコンシェルには、NTTドコモとPKSHA Technologyが共同で開発したAIが搭載されており、高速でPDCAを回してコンバージョン率を改善することができます。

複数の施策を自動でA/Bテストしてレポート化してくれるため、結果を分析して改善アクションを繰り返すことで、自然とPDCAサイクルが早まり、コンバージョン率の改善につながります。

優れたサポート体制

ecコンシェルは、専門のサポートメンバーがクライアントのWeb接客運用を丁寧にバックアップしてくれます。

疑問点への回答やサイトに合わせたタグの設置など、専門的な部分についてもメールで対応しています。

ecコンシェルの口コミ・利用企業からの評判

ecコンシェル導入でコンバージョンアップ

“自社ECサイトのPV数アップ、コンバージョンアップのためにWeb接客ツールを導入したいと考え、費用が安く、シナリオ作成も簡単なecコンシェルを導入しました。ecコンシェルは管理画面がわかりやすく、効果を見ながらシナリオを設定することができる点は素晴らしいですね。今後はお客様のエンゲージメントを高めるためにecコンシェルをもっと活用していきたいと思います。”(株式会社AXES様)

ecコンシェルは費用対効果が抜群

“サイト改修をしなくてもコンバージョンをあげられるツールを探していたのですが、どれも導入費用が高く、機能とのバランスも悪いものでした。ecコンシェルはこの2つのバランスが良く、ABテストも自動で行なってくれるので狙っていなかった部分にまで訴求効果を出すことができ、少ない運用負担でPDCAを回すことができるので非常に助かっています。”(タワーレコード株式会社様)

類似サービスとの比較

ecコンシェルとの比較で挙げられるものとしては、KARTEやChatPlusがあるかと思います。

これらのサービスを料金で比較するとecコンシェルには月額無料で利用できるフリープラン、月額9,800円から利用できるスタンダードプランが安価なものとしてあり、KARTEでは料金については要問い合わせとなっていますが、エンタープライズプランのみの提供となっているのでそれなりの金額がかかると思われます。ChatPlusでは月額1,980円からのミニマムプランが最安プランです。価格で考えると無料プランもあるecコンシェルになりますが、月額1,980円から使えるChatPlusでは安価ながら多数の機能を使用することができるのでそちらもおすすめです。

機能面から見るとやはりそれなりの金額がかかるであろうKARTEは多くの業界で導入実績があるのでやはり機能面では対応できる部分が大きいかと思われます。自社の企業規模、Web接客ツールを運用したいサイト数などを検討してから比較するのが良いでしょう。

この製品に関連する動画を紹介

ecコンシェルでリアル店舗同様の接客を

今回はWeb接客ツールのecコンシェルをご紹介させて頂きました。

外出自粛の流れが続いている状態では消費が落ち込むのは仕方のないこととも言えますが、そんな時だからこそ今まで以上に相手の顔が見えない場所での営業に力を入れるべきと言えるでしょう。

ユーザーにとって、ECサイトでの良い経験がリピート率を左右すると言っても過言ではないので、企業としてはいかにストレスフリーなWeb接客を実現できるかを課題とし、Web接客ツールの導入へと繋げたいところです。

無料版やお試し利用ができるサービスも多いのでまずは一度Web接客ツールがどのようなものか体験してみることをおすすめします。

画像・データ出典:ecコンシェル公式サイト

Web接客の製品比較

InterPlay Elastic Framework

InterPlay Elastic Framework

月額費用要問い合わせ

InterPlay Elastic Frameworkとは、アルプス システム インテグレーション株式会社が提供しているリモート接客ツールです。アバター、ビデオ通話、タッチ操作、多言語翻訳など、幅広いコミュニケーション機能を搭載しており、企業ごとのニーズに合わせた運用を実現します。

詳細記事はこちら

無料お試し要問い合わせ

OPTEMO

OPTEMO

月額費用要問い合わせ

OPTEMOとは、株式会社ジェイタマズが運営している商談獲得ツールです。 Webサイトを訪問した顧客が見ている画面をリアルタイムに確認しながら、最適なタイミングでチャットや音声通話によってリードを獲得することができます。

無料お試し要問い合わせ

GENIEE ENGAGE

GENIEE ENGAGE

月額費用CV数×CV単価

GENIEE ENGAGEとは、株式会社ジーニーが運営しているカゴ落ち・フォーム落ち防止対策ツールです。 購入/申込中で離脱してしまった、いわゆるカゴ落ち・フォーム落ちユーザーに対して、メール/SMSを活用してアプローチが可能で、ホットユーザーの取りこぼしを防ぎます。

無料お試し要問い合わせ

OfficeBot

OfficeBot

月額費用150,000円〜

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。 チャットボットによる生産性向上や育成効率アップだけでなきう、社内DXにも貢献することができます。 AI搭載型のチャットボットで、導入企業側でFAQを登録することですぐに活用することができ、通常のAI運用で発生する学習基幹や検索語句設定が不要という特徴があります。

詳細記事はこちら

無料お試し要問い合わせ

Web接客の製品比較

InterPlay Elastic Framework

InterPlay Elastic Framework

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

InterPlay Elastic Frameworkとは、アルプス システム インテグレーション株式会社が提供しているリモート接客ツールです。アバター、ビデオ通話、タッチ操作、多言語翻訳など、幅広いコミュニケーション機能を搭載しており、企業ごとのニーズに合わせた運用を実現します。

詳細記事はこちら

OPTEMO

OPTEMO

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

OPTEMOとは、株式会社ジェイタマズが運営している商談獲得ツールです。 Webサイトを訪問した顧客が見ている画面をリアルタイムに確認しながら、最適なタイミングでチャットや音声通話によってリードを獲得することができます。

GENIEE ENGAGE

GENIEE ENGAGE

月額費用CV数×CV単価

無料お試し要問い合わせ

GENIEE ENGAGEとは、株式会社ジーニーが運営しているカゴ落ち・フォーム落ち防止対策ツールです。 購入/申込中で離脱してしまった、いわゆるカゴ落ち・フォーム落ちユーザーに対して、メール/SMSを活用してアプローチが可能で、ホットユーザーの取りこぼしを防ぎます。

OfficeBot

OfficeBot

月額費用150,000円〜

無料お試し要問い合わせ

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。 チャットボットによる生産性向上や育成効率アップだけでなきう、社内DXにも貢献することができます。 AI搭載型のチャットボットで、導入企業側でFAQを登録することですぐに活用することができ、通常のAI運用で発生する学習基幹や検索語句設定が不要という特徴があります。

詳細記事はこちら

    その他の関連する記事

    これは Web接客の製品です。
    Web接客の製品をまとめて資料請求

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    簡単設定のみですぐ使える

    良い点

    設定が簡単で、設置まですぐできたところです。

    改善点

    データの分析機能をもう少し充実させてもらえると嬉しいです。

    導入して解決できた課題や得られた成果等

    初めてのお客様にクーポンを配布でき、再訪の機会を増やしてくれます。
    あまり高度なことを要求しなければ、シンプルで安価に導入可能です。
    WEB接客を手軽に始めたい方にはおすすめのツールだと思います。

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【Web接客】

        企業DXを実現するAIチャットボット: OfficeBot powered by ChatGPT API.

        (4.5)

                 
        月額費用150,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用350,000円最短導入期間要問い合わせ

        実際にOfficeBotを導入した企業からは、「社員の自己解決力が80%以上に向上した」、「回答到達率が80%になった」、「店舗サポートの事務工数が84%削減された」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスと言えるでしょう。

        自動化で企業DXを促進

        OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

        AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

        OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

        他言語に対応

        OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

        類似サービス: GENIEE ENGAGE

        (0)

                 
        月額料金CV数×CV単価無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        GENIEE ENGAGEとは、株式会社ジーニーが運営しているカゴ落ち・フォーム落ち防止対策ツールです。 購入/申込中で離脱してしまった、いわゆるカゴ落ち・フォーム落ちユーザーに対して、メール/SMSを活用してアプローチが可能で、ホットユーザーの取りこぼしを防ぎます。

               

        最適なクリエイティブを作成

        GENIEE ENGAGEは、これまでに多商材・多業界の導入実績があり、その経験を活かして商材・サービスごとの訴求に合わせたクリエイティブを作成しています。 メールでは、HTMLを用いて商品画像やバナー画像を差し込み、テキストだけでなく視覚的に訴求することも可能です。

        送信回数と送信時間をカスタマイズ

        GENIEE ENGAGEは、訴求メールの送信回数と送信時間をカスタマイズすることが可能です。 他社ツールでは、1回のみがデフォルトとなっていますが、GENIEE ENGAGEであれば、独自機能で2回の複数回送信が可能で、CV数をより高めることができます。

        安心のサポート体制

        GENIEE ENGAGEは、導入企業専属のカスタマーサポートが実装から配信の最適化までをサポートしているため、安心して導入することができます。 定期的に改善ミーティングを実施し、より配信効果を高めるためのコンサルティングを行なっています。

        類似サービス: OPTEMO

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        OPTEMOとは、株式会社ジェイタマズが運営している商談獲得ツールです。 Webサイトを訪問した顧客が見ている画面をリアルタイムに確認しながら、最適なタイミングでチャットや音声通話によってリードを獲得することができます。

           

        商談化率の高いリードとコミュニケーションがとれる

        OPTEMOは、専用のコードを導入したいページへ入れるだけで導入することができます。 Webページを訪問者した顧客の動きをリアルタイムに把握し、温度感が高い最適なタイミングでチャットや音声通話によってコミュニケーションを図ることが可能です。

        インサイドセールスが自ら商談を獲得

        OPTEMOでは、顧客側・企業側双方がチャットや音声通話を活用してコミュニケーションを図ることができます。 サイト訪問者が見ているページをリアルタイムに可視化できるため、顧客側の温度感が高いタイミングでインサイドセールス部門自ら声掛けし、商談を獲得することが可能となります。

        SFA/MAツールと連携

        OPTEMOは、Salesforceやhubspot、Marketo、Marketing Cloud Account Engagement(旧:Pardot)といったSFA・MAツールと連携することができます。 これらのツールと連携することで、顧客の温度感がより高いタイミングでのアプローチが可能となります。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載