どんなことができる?KARTE(カルテ)の料金・評判・機能について

最終更新日 

自社サイトを訪れたユーザーに最適なサービスを提供することで企業は顧客との関係性を深め、コンバージョン率を向上させることが可能になります。そのためには自社サイトを訪問したユーザーの行動分析はかかせません。そんなユーザー分析から最適なアプローチまでを可能とするのがWEB接客ツールです。

今回はそんなWEB接客ツールの中からKARTEというサービスをご紹介させていただきます。

KARTEとは

KARTE(カルテ)とは株式会社プレイドが運営するWEB接客ツールです。サイト訪問者の行動を分析し一人ひとりの状況を可視化することが可能になります。個々のお客様にあわせたCX(顧客体験)を提供するプラットフォームとして多くの企業で導入されているサービスです。金融・保険からアパレル、IT、旅行など幅広い業界で利用されており、業種を問わず最適な顧客体験を提供することが可能なサービスと言えます。

KARTEの機能・特徴

顧客情報を人として理解

サイト訪問者のデータをユーザー属性やコンバージョン率などのデータとして判断するのではなく、前後の行動を理解することで文脈的に人を理解することが可能になります。これによってユーザーを身近に感じることが可能となり、分析はもちろんその後のアプローチも改善することができます。サイト訪問者のあらゆる情報を解析しリアルタイムに可視化することが可能になるのでその先を見越したアプローチを起こすことができるのです。

顧客に合わせたユーザー体験を実現

ユーザーをセグメント分けすることで様々なアクションが可能となります。テンプレートが多彩にあり時間や感情、行動などにあわせてWEB接客などの最適なアクションを実現できます。アクションは専門的な知識がなくても簡単に設定することが可能で、設定後ボタンひとつですぐに反映、ユーザーのリアクションだけでなくフィードバックもすぐに確認することができます。シナリオ設計に自信がない企業でもシナリオストアにてシナリオ設計済みのアクションや企業の成功事例をワンクリックで自社サービスへインストールすることができるので安心です。

一人ひとりに合わせたテンプレートを使用することでテンプレートのカスタマイズが可能となります。もちろんオリジナルのクリエイティブを使用することもできるので思いついたアイデアを自由にカタチにしてユーザー体験の更なる向上を図ることができるのです。

いつでも顧客と繋がれる

KARTEでは顧客がいつも持ち歩いているツールでコミュニケーションを取ることが可能です。これによってサイトに訪問していない顧客に対しても自然なアクションを実現できます。具体的にはSMSやLINE、プッシュ通知、チャット、メール、Facebook等でコミュニケーションをすることが可能です。世代や性別、職業によって最適なツールでコミュニケーションを図ることでユーザー体験の向上が見込めます。

サイト訪問中の顧客情報・顧客状況をリアルタイムに可視化できるので訪問者を知った上でコミュニケーションをとることが可能となります。

KARTEの価格・料金プラン

現在KARTEではエンタープライズプランのみを提供しており、初期費用・月額料金ともに公式サイトより問い合わせが必要となります。

※2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

利用企業からの評判・口コミ

KARTEでオムニチャネルの基盤ができました

“KARTEを選んだ最大の理由はその拡張性の広さです。KARTEを使用して顧客とスタッフのOne to Oneのコミュニケーションが実現できているので大変嬉しく思っています。今後はオムニチャネルとしての基盤が整備できたことを受け、顧客へ最適なタイミングでメッセージを届けられるよう精度を高めていきたいと思います。”(PAL CLOSET ONLINE STORE様)

KARTEで顧客理解が深まりました

“以前は別のツールを使っていましたが、自由に管理画面を操作できず施策を打ち出しにくいという課題があり、広い拡張性のあるKARTEに変更することに決めました。KARTEを導入してからはWEBサイトからの資料請求率が一年前と比較して1.5倍に上昇しましたね。今後も顧客理解を深めることで顧客に寄り添ったサイト作りを実現していきたいと思っています。”(メディケア生命保険株式会社)

SNSでの口コミ・評判

 

類似サービスとの比較

KARTEとの類似サービスとしてはチャットプラスやフリップデスクなどが挙げられます。これらのサービスを料金と特徴で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用特徴
KARTE要問い合わせ要問い合わせ・ユーザーをリアルタイムで分析

・テンプレートが豊富

チャットプラス・ミニマムプラン(1,500円~)

・ビジネスライトプラン(5,800円~)

・ビジネスプラン(15,800円~)

・プレミアムプラン(28,800円~)

・AIチャットボット(150,000円~)

0円・最短3分でチャットサービスが利用可能

・1IDで複数端末からログイン可能

フリップデスク5,000円〜150,000円・導入はタグを設置するだけ

・マルチデバイスに対応

料金面では初期費用がかからず最安1,500円から利用できるチャットプラスがおすすめです。幅広い機能を使い顧客一人ひとりにあったカスタマイズを利用したい場合はKARTEの拡張性が適しています。

KARTEで最高の顧客体験を

今回はWEB接客ツールのKARTEをご紹介させていただきました。KARTEは導入することで顧客それぞれにあった最適なWEB接客を実現してくれます。利用しているうちにその広い拡張性から自社にあったオリジナルな運用が実現できるでしょう。

導入に際しては、予算はもちろんのことですが現在のユーザー体験で不足している要素、技術面での課題、課題解決のためにどんな機能が必要かを事前に明確にしておくことが重要です。

画像・データ出典:KARTE公式サイト

 

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部