Cocripo(コクリポ)の料金·評判·機能について。無料でウェビナーが開催できる?

最終更新日 

IT技術が進化した現代においては、従来の集合型のセミナーも変わりつつあります。

新型コロナウイルスの影響により、密集することが難しくなったこともあり、ウェビナーを活用する企業が増えてきました。

今回紹介するCocripo(コクリポ)はウェビナーの開催をサポートして簡単に操作できることで注目されているサービスです。

料金面や機能面などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

コクリポとは

コクリポとは株式会社コクリポが提供しているウェビナーサポートサービスです。

ウェビナーを開催したことがないという企業でも、簡単に操作することが可能で、導入·運用に関するサポートが充実しているのでウェビナーの確かな成功を実現することができます。

コクリポの機能·特徴

簡単な操作性

コクリポは近年普及しているWeb会議システムというわけではなく、「ウェビナー専用ツール」として提供されています。

複雑な操作は不要で、タイトルや概要、日時など基本的な情報を入力するだけで簡単にウェビナー集客、予約募集ページの作成ができます。

PC操作に不安があるという方でも直感的に操作することができるので安心で、ウェビナーの準備から当日の操作までをサポートしてくれます。

サポート体制が充実している

ウェビナーサポートツールは海外製のものも多く、サポート体制に不安があるという方もいると思います。

コクリポは国産ツールなので日本語でのサポートはもちろん導入に関する手厚いサポートが受けられることが特徴的です。

操作方法に不安がある場合でもわかりやすいマニュアルが用意されており、もちろん問い合わせに対するオペレーター対応を受けることもできます。

また、ウェビナーツールならではの「ご質問会ウェビナー」を行っているので不明点や運用に関する疑問点を直接質問することが可能です。

コクリポの料金·価格

コクリポの料金プランは3プラン提供されています。

月額無料で利用できるフリープランはウェビナーに参加できる人数が3人と限られていますがウェビナーを初めて行いたい方が試験的に運用するには十分と言えます。

ビジネスプランは月額30,000円で利用することが可能で一度に100人までウェビナーに参加することができます。

さらに上位のエンタープライズプランは月額70,000円で利用することが可能です。

また、有料プランは初月無料で利用することができ、無料期間だけ利用することもできます。

2021年1月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

コクリポの有料プランは初月無料で利用することができます。

また、利用人数に制限はありますが、無料で利用できるプランも提供されているので十分に使用感を試すことが可能です。

コクリポの導入事例·評判

商談化率が50%に

“新規リードの獲得を目標としてウェビナーを開催しています。ただ聞くだけでなく、参加できるウェビナーにしたいと思いアンケートやクイズを行い参加者との対話ができるウェビナーを行いました。今までは問い合わせまで至らなかった層が商談化まで進めることができ、40%〜50%という商談化率を達成しています。”(株式会社キャスター様)

類似サービスとの比較

コクリポとの類似サービスとしては、ZoomやCallingが挙げられます。

ZoomはWeb会議システムとして企業だけでなく、個人で利用する方も多いほど知名度の高いツールです。

無料で100人まで参加することができるので、ウェビナーの開催に活用することもできます。

料金面は最安のプランで1ホストにつき月額2,000円からとなります。

CallingはURLをクリックするだけで手軽に参加することができるWeb会議システムです。

会議を行うためにルームを作成することができ、1つのルームで参加できる最大人数は30人となっています。

1IDにつき月額1,500円の費用が発生し、最低利用数は10IDからとなっています。

Zoom(ズーム)の料金·評判·機能について。無料でどこまで使える?

Calling(コーリング)の料金·評判·機能について。月額1,500円から使える?

コクリポで効果的なウェビナーの開催を

ウェビナーの開催には専門的なノウハウが必要なイメージですが、コクリポを導入することで手厚いサポートを受けることができ集客効果を高めたウェビナーが実現できます。

無料プランが提供されているだけでなく、有料プランは初月無料で利用できる導入ハードルの低さは魅力的ですので、本記事を読まれた方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:コクリポ公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部