GigaCast(ギガキャスト)の料金·評判·機能について

更新日:

    セミナーを開催するにも場所代がかかるから開催したくてもなかなか開催できないという企業様も多いのではないでしょうか。
    開催のための準備が必要で、普段の業務にも支障が出てしまうから頻繁にはできないという方もいるかと思います。
    そこでおすすめなのがGigaCastです。
    今回はGigaCastについて紹介していきます。

    GigaCastとは

    効率良くセミナーを運営したいと考えている場合、GigaCastなら会場を抑えることなくネットを利用したライブセミナーが行えます。
    企業で扱いやすいように作っているため、プレゼン型のセミナーにも対応しているのも特徴です。
    すべてネットで完結するために、参加者申し込みページの自動生成や質疑応答機能など必要なものは揃っています。

    おすすめの類似Web会議システム

    時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を: RemoteMeeting

    (4.5)

    定額制月額費用990円~従量制費用29円/分
    初期費用0円〜無料お試し要お問合せ

    プログラムをインストールすることなく、Webブラウザ環境だけで動作するWebRTCの技術をベースにした高品質なクラウド型Web会議サービス。インストール不要で、使い易い機能配置のため誰でも簡単に利用できます。

    使いやすいインターフェースを採用

    RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。 そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。 Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

    安定した会議を実現

    RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。 メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。 画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

    利用しやすい料金体系

    RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。 Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。 RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

    高品質なテレビ会議を実現: LoopGate

    (4.5)

    月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル環境あり
    初期費用要問い合わせ導入社数2,500社以上

    日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システム。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れたオンラインコミュニケーションツールです。

    接続や操作が簡単

    LoopGateの特徴は、操作性が良いことです。 ボタンを押すだけで、簡単に接続できるため、機械が苦手な方でも問題なく扱うことができます。

    きれいな画質

    画質がきれいなことも、LoopGateの特徴です。 最大で1920×1080ピクセルのフルHDに対応しています。 細部まで鮮明な画質となっており、相手の表情、資料などを確認しながら、テレビ会議が行えます。

    カスタマイズができる

    人感センサーと組み合わせた無人対応窓口の設置など、自社の用途に合わせてカスタマイズも可能です。


    GigaCastの特徴・機能

    効率良くライブセミナーが行えるよう、GigaCastにはさまざまな特徴や機能が搭載されています。
    こちらでいくつか特徴などを説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

    利用する分だけを購入もできる

    定額制になっているとそんなに使わないと思っても、まずはお金を支払わないと利用できません。
    GigaCastの場合はプリペイド制になっているため、使いたいときに使う分だけ購入可能です。
    毎月コンスタントに利用するとわかってから、月額や年間利用への切り替えもできます。

    慣れない方でも大丈夫

    これまで会場でセミナーをするのが当たり前でしたので、ネットですべてを完結するライブセミナーに慣れていない方は多くいます。
    そのため、初めての方でも安心して利用できるように、Webセミナー運営支援サービスも用意されているのも特徴です。
    使い方が不安でサポートが必要という方は有料になりますが、利用してみましょう。

    セミナーの準備も楽になる

    セミナーを開催するための事前の準備も、すべて自動で行ってくれる機能に頼ることができます。
    告知をするだけでなく、参加者の出席確認や招待メールを送るところまですべて行ってくれるため便利です。
    会場を押さえて自分たちで手作業を行い準備するよりも、効率が良いでしょう。

    GigaCast導入のメリット

    使える機能は便利で充実しているにもかかわらず、価格はリーズナブルな点が最大のメリットです。
    本来、さまざまな機能が付いていて充実していると、料金は結構かかってしまいます。
    実際に会場でセミナーをするよりも楽でありながら、コストもかからなくなるでしょう。
    スライド型のプレゼン資料も使えますし、これまで会場で行ってきたことをそのまますべてWeb上で行えるため、できないことがあるストレスを感じることもありません。

    GigaCastの価格・料金プラン

    料金プランはいくつかある中から、好きなものを選べます。
    好きな分だけ購入できるプリペイド制は28,000円〜、月額固定でポイント発行方式の場合は9,800円~で、月額固定で時間帯指定プランなら月額48,000円~、初期費用98,000円です。
    大規模で利用した場合は、従量課金専用クラウドというものもあり費用は相談になります。
    2021年5月現在/詳細は公式サイト

    GigaCastの注意点

    Webセミナーを行ううえでは大変便利ですが、もし操作がわかりにくくWeb運営支援サービスを利用する場合は有料です。
    しかし、そのほかに注意点はありませんので、おすすめのサービスです。

    GigaCastの導入事例・評判

    低価格なシステムで使いやすい

    “お客様の中には勤務時間内の外出ができず、セミナーに参加できない方もいるのではというところから、Webセミナーの実施を決め導入しました。管理画面もわかりやすく、セミナーの準備も自動で行ってくれることが多いため漏れもありません。実際に利用をしてみて、9割近くの方が満足してくれたため非常に満足しています。”(株式会社オウケイウェイヴ様)

    類似サービスとの比較

    GigaCastと似たようなサービスにV-CUBEセミナーが挙げられます。
    V-CUBEセミナーはGigaCastと同様にWebセミナーを開催できるサービスです。
    最大で1万以上ものパソコンに配信することができます。
    クラウドになっていますので、アプリをインストールすることやソフトを購入する必要もありません。
    サポート体制も手厚くなっており、専用のスタジオも用意されていますので安心です。
    料金は基本的に要問い合わせで、セミナーのシステムと専用スタジオ、配信スタッフのサポートで35万円~となっています。

    GigaCastを含むおすすめのweb会議ツール比較

    web会議ツールについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    GigaCastでセミナーの効率化を

    これまで会場を借りてセミナーを行っていた方も、コストをかけずにWebセミナーが行えるためおすすめです。
    ほかにもセミナーを録画して配信もできますし、一緒にアンケートを取ることもできます。
    ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:GigaCast公式サイト

      • qeee枠【WEB会議】

        時間や場所を選ばずに高品質なWeb会議を: RemoteMeeting

        (4.5)

        定額制月額費用990円~従量制費用29円/分
        初期費用0円〜無料お試し要お問合せ

        プログラムをインストールすることなく、Webブラウザ環境だけで動作するWebRTCの技術をベースにした高品質なクラウド型Web会議サービス。インストール不要で、使い易い機能配置のため誰でも簡単に利用できます。

        使いやすいインターフェースを採用

        RemoteMeetingは、1つの画面でメンバーの招待や画面共有などの機能が選択できる使いやすいインターフェースで設計されています。 そのため、PC操作が苦手、初めてWeb会議システムを使うという方でも直感的に操作方法を理解することができるというメリットがあります。 Web会議への招待は、接続コードを発行して案内するか、招待メールを送るだけのため、ホストになる方でも操作方法に迷うことなく会議を始めることが可能です。

        安定した会議を実現

        RemoteMeetingには、Hybrid MCU AMS(Advanced Media Server)が搭載されており、効率的な映像音声処理が可能です。 メイン画面とサブ画面が2つの方式で処理されており、ネットワーク帯域を感知して最適な画質に自動で調整してくれるだけでなく、ネット環境が悪くなってもクリアな音声で会議を続けることができます。 画面共有やファイル共有、議事録作成機能が搭載されているため、会議をしながらの情報共有やプレゼンテーションが簡単に実現でき、画面録画機能でフィードバックを行うことも可能です。

        利用しやすい料金体系

        RemoteMeetingは、2つの料金プランを提供しており、導入企業の運用スタイルに合わせて選ぶことが可能です。 Web会議サービスの多くは、月額固定制の料金プランを採用しているものが多く、会議が少ない月でもコストが発生してしまうことがネックになってしまいます。 RemoteMeetingには、従量制プランがあるため、Web会議の利用が少ない場合でも、発生する費用は使用した時間分だけのため、予算を圧迫することなく導入企業にあった運用が実現できます。

        高品質なテレビ会議を実現: LoopGate

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しトライアル環境あり
        初期費用要問い合わせ導入社数2,500社以上

        日本で開発されたWeb会議・テレビ会議システム。パソコンやタブレットだけでなく、据え置きの専用機もあり、それらを組み合わせて接続できる利用シーンの豊富さと安定した接続性に優れたオンラインコミュニケーションツールです。

        接続や操作が簡単

        LoopGateの特徴は、操作性が良いことです。 ボタンを押すだけで、簡単に接続できるため、機械が苦手な方でも問題なく扱うことができます。

        きれいな画質

        画質がきれいなことも、LoopGateの特徴です。 最大で1920×1080ピクセルのフルHDに対応しています。 細部まで鮮明な画質となっており、相手の表情、資料などを確認しながら、テレビ会議が行えます。

        カスタマイズができる

        人感センサーと組み合わせた無人対応窓口の設置など、自社の用途に合わせてカスタマイズも可能です。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載