Google Meetの料金·評判·機能について。無料で利用できる?

最終更新日 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けリモートワークをはじめた結果、多くの企業がリモートワークの便利さに気づきました。
きっかけこそコロナウイルスでしたが、リモートワークという働き方は今後も残り続けるでしょう。
それを受け、あらゆる企業がビデオ会議サービスの導入を進めていますが、今回は数あるサービスの中でもGoogle Meetに注目し、その特徴や費用などを紹介していきます。

Google Meetとは

Google Meetとはビデオ会議サービスで、名前からもわかる通りGoogle社が開発元です。
以前はHangouts Meetという名称でしたが、2020年より現在の名前に変わりました。

Google Meetの特徴・機能

続いてGoogle Meetの特徴を解説していきます。

ビジネスに特化

Google MeetはGoogle Workspace(旧称 G Suite)というビジネス向けサービスの一つとして作られたものです。
そのためビジネスシーンで使いやすいように設計されています。
たとえば、Google Meetなら会議中の画面を自由にレイアウトできます。
上席の社員を画面の上のほうに固定表示、といった調整ができるので、会議の際に重宝するでしょう。

Googleだからこその安心感

Google社は言わずと知れた世界規模のIT企業であり、その信頼性は随一です。
もちろんGoogle Meetもセキュリティ性能が高く、情報の流出を的確に防いでくれます。
また、同じGoogleのサービスであるGmail、カレンダー、ドライブなどのサービスとも連携も可能です。
ビジネスで日ごろからGmailやドライブなどを使用している方ならGoogle Meetもスムーズに使えるでしょう。

ブラウザで使用できる

SkypeやZoomなどビデオ会議サービスはさまざまにありますが、それらは専用のアプリを事前にダウンロードしておかなければなりません。
一方で、Google Meetはその必要がなく、ウェブブラウザを開けさえすればすぐに使用できます。
ブラウザもGoogleChromeに限定されず、Edge、Firefox、Safariなどでも使えるので、DuckDuckGoやOperaなど特殊なものでない限り普段使っているブラウザのままで大丈夫です。

電話からでも参加可能

Google Meetでのビデオ会議には電話を使って音声参加することが可能です。
Wi-Fiがない環境から会議に参加したい場合に重宝するでしょう。
なお、通話料は発生してしまいます。

Google Meet導入のメリット

Google MeetのメリットはやはりGoogle社製であることでしょう。
どれだけデジタルに強い方でも、はじめて導入するサービスだといくらか戸惑うものです。
しかし、Google MeetはGoogle社製であるため普段使っているサービスと近い感覚で使用できます。
また、Googleのほかのサービスとも連携している点も大きな強みでしょう。
特にGmailの場合、画面上にある「会議を開始する」ボタンを押すだけですぐにビデオ会議に参加できます。
ほかのサービスと違いアプリをインストールする必要もないので、Google Meetを導入するメリットは多いと言えるでしょう。

Google Meetの価格・料金プラン

Gmailやスプレッドシートと同じように、Google Meetは無料で使用できます。
しかし、無料版は3人以上での会議が1時間まで、参加人数の上限も100人、会議の録画不可などの制限があるので、機能を拡張したい場合は「Google Workspace Essentials(月額8ドル)」や「Google Workspace Enterprise」などの有料プランを検討しましょう。
2021年5月現在/詳細は公式サイトを確認

Google Meetの注意点

有料プランの申し込みには独自ドメインのメールアドレスが必要になります。
GmailやYahoo!メールなどのいわゆるフリーメールでは申し込み不可なのでご注意ください。
しかし、これ以外に特別注意しなくてはならない点はなく、基本的にはとても使いやすいサービスと言えるでしょう。

Google Meetの導入事例・評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

Google Meetとよく比較されるのがZoomです。
Zoomにも無料プランがありますが、こちらは3人以上でのグループミーティングが40分までです。
その代わり、Zoomは無料プランだとしても録画ができます。
なお、基本的にはアプリをダウンロードしての使用になりますが、Zoomもブラウザから会議に参加することが可能です。
有料プランは年間で20,100円からあります。
Zoomにはチャット機能が付いており、そこにてファイルの受け渡しやスクリーンショットの送付などが可能です。
また、履歴検索にも対応しているので、重要事項は文字に起こしてチャットで共有、後から検索して見直すといった使い方ができるでしょう。
加えて、Zoomにはビデオブレイクアウトルームという、通話参加者をさらに複数のグループに分けてその中だけで通話し合う機能が設けられています。
たとえばオンラインでの研修でこの機能を使えば班ごとでの話し合いが可能です。

Zoom(ズーム)の料金·評判·機能について。無料でどこまで使える?

Web会議システムについては以下の記事でも紹介しています。

今必要なweb会議のやり方とビジネスマンが使うweb会議ツール5選

Google Meetで円滑なビデオ会議を

Google社が開発したGoogle Meetにはさまざまな便利機能があります。
また操作性が良く、ビデオ会議サービスに慣れていない方でも安心して使えるでしょう。
今回の記事を読み、Google Meetに興味が湧いた方はぜひ導入をご検討ください。

画像·データ出典:Google Meet公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載