人事

「ATS」とは?|人事用語

1.ATSとは

ATSとは、Applicant(採用)  Tracking (追跡)  System(システム)の頭文字を意味し、採用に関する一連の業務を包括的に管理するためのシステムです。

ATSを使って、募集要領の作成や掲載、書類審査の進行や面接日程調整、採用後の様々な業務等を管理するための機能が搭載されています。

2.ATS導入の背景
少子高齢化に伴う、労働人口の減少により、優秀な人材の確保は、各企業にとって重要な経営課題となっています。
従来は、採用担当者の個々のノウハウや経験によって行っていた採用業務についても、より最適化された上で、標準化されることが求められています。
採用担当者個人のスキルに依存することなく、一定水準の採用活動を安定して行うことができるため、ATSの導入が注目されています。

3.ATSの特徴

・職種ごとの募集要領を簡単に作成することができ、効率的な管理
・応募者からの応募にかかる情報(履歴書、職務経歴書)を一元的に管理
・書類審査の進行状況や、面接の日程調整等の、採用状況を管理
・面談結果や、面談内容、面談における評価、内定結果、採用日付等を管理
・人事担当者を複数で対応しても、協業での作業が可能
・面談日の自動通知や、メールの自動配信等の業務が効率化

4.ATS導入のメリット

・複数媒体の応募や採用にかかかる、応募者の情報を一元的に管理することができ、複数の人事担当者間で共有すること
・常に最新の状態に更新することで、面談の進捗状況や、採用に関する情報の誤認識等の事務ミスを防止
・同一職種等の採用に係る情報を、水平的に比較することが可能であり、採用活動の質が向上
・役員採用等の機微な情報については、閲覧制御等の対策が可能
・過去の情報をデータベースに蓄積することで、優秀な人材を採用するための分析が可能
・面談日のリマインドや、メール自動通知、掲載の自動終了等、業務を自動化

ATSの使い方・例文

・採用活動にかかる業務を効率化するために、ATSを導入する
・昨年、ATSを導入した結果、人事部の業務ミスが半減した

動画で解説

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載