Shinobiライティングの料金・評判について。記事の執筆はライターに

最終更新日 

今やサイトは情報を得るためにはなくてはならない手段となりました。しかし、その一方でサイト制作に時間がかかるのでなかなか踏み切れないという企業も多いようです。そんなときに利用したいのが記事作成代行サービスの「shinobiライティング」です。この記事ではshinobiライティングの特徴や導入するメリットなどについて紹介します。

Shinobiライティングの特徴・機能

登録ライターが多い

1つ目の特徴が登録ライターが多いことです。2018年9月の時点では登録ライターが500,000万人を超えており、ライターが少ないと困ることはないでしょう。ライターが多いので、求めている文章を書いてくれるライターが見つかるはずです。

需要と供給が成り立っている

2つ目の特徴が需要と供給が成り立っています。Shinobiライティングは企業が記事発注を頼むところと、ライターが仕事を求めてくる場所です。需要と供給が成り立っているので、突然「サービスが終了しました」ということはそうそうないでしょう。

記事発注シェアNo. 1

3つ目の特徴は記事発注No. 1です。月間に納品している記事数は2,910,000記事となっており、このことからさまざまなジャンルの記事に対応しています。企業のサイトを充実させたい!というにはぴったりです。

Shinobiライティングのメリット

Shinobiライティングのメリットは主に以下の2つです。

サイト運営が楽になる
クオリティの高い記事が納品される

サイト運営が楽になり、クオリティの高い記事が納品されます。記事の執筆は慣れていない方にとっては、とても負担になるでしょう。そこで外注することによって、サイト運営が楽になりクオリティの高い記事が納品されます。

Shinobiライティングの注意点

Shinobiライティングの注意点は必ずしもライターのレベルが高いとは限りません。しかし事前にしっかりと確認をすればある程度は見分けられるので、対策をすればクオリティの高い記事が納品されるでしょう。

Shinobiライティングの価格・料金プラン

Shinobiライティングの価格は1文字1円となっており、500文字ならば500円です。ただし5,000円未満の場合は事務手数料が176円かかります。

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

Shinobiライティングの導入事例・評判

オウンドメディアのWeb担当を任されましたが、できることは限られました。しかしShinobiラインティングに出会え、キーワード指定さえすればすぐに発注できるので、時間にかなりゆとりができました。
EC運営会社員

従業員の少ない会社だとサイトコンテンツをまめに更新できませんでした。記事の外注もなかなかうまくいきませんでしたが、Shinobiライティングは発注も楽で非常に費用対効果が高いです。
メディア運営会社

Shinobiライティングと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
リファイド1記事数千円〜数万円本格発注前にお試し
サグーワークスオンライン発注プラン1文字0.75円
オーダーメイドプラン:1文字1.2円
手続きや発注は全ておまかせ
Bizseek10万円超:依頼金額の5%
10万円以下:依頼金額の10%
記事作成以外の代行も行っている

リファイドは本格発注前にお試しできるので、クオリティの低い記事が納品されたということは少ないでしょう。サグーワークスは手続きや発注は全ておまかせできるので、できるだけ手間を省きたい企業におすすめです。Bizseekaは記事作成以外にも、アプリ開発やwebデザインなどの代行も行っていますので、要望が多い企業にいいでしょう。

Shinobiライティングでサイト運営を楽にしよう

記事の執筆は慣れていればすぐにできますが、慣れていない方からしたら時間もかかり、クオリティもいまいちになってしまいます。ライターに依頼すれば、クオリティの高さと納品スピードは期待できますので依頼してみてください。しかし発注する前に、信頼できるライターか見極めることは大切ですので忘れないようにしてくださいね。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載