【儲かる?】カフェフランチャイズのおすすめ一覧15選!
年収や開業資金の目安は?

更新日:

【儲かる?】ラーメン フランチャイズのおすすめ一覧15選! 年収や開業資金の目安は?

カフェは飲食業の中でも幅広い人々に愛される業態で、大手チェーン店だけでなく個人経営も盛んです。
しかし、新型コロナウイルスの影響で消費者の行動が変化し、カフェ業界にも大きな影響が及びました。
こうした時代の変化も踏まえ、これからカフェフランチャイズを開業する予定の方は、成功に必要なポイントやフランチャイズ本部の選び方を押さえておくことが成功するために大切です。
また、カフェを営業するためには、資格の取得や営業許可を得なければなりません。
本記事ではカフェフランチャイズへの加盟に興味がある方に向けて、開業までの流れやフランチャイズ選びなどの重要なポイントを解説します。

カフェのフランチャイズ(FC)加盟一覧

    カフェフランチャイズの目安の収益モデルは?

    カフェフランチャイズに加盟して起業や独立を目指す方にとって、安定した収益を上げ続けられるかは非常に重要なポイントではないでしょうか。
    万が一赤字が続いてしまうと事業を継続することが難しく、廃業という選択をしなければなりません。
    また、ビジネスモデルによっては、開業直後の集客が上手くいかず、初期投資が回収できるまでに時間を要することもあるでしょう。
    開業前の不安を少しでも減らした状態でカフェを開業したい方は、事前にカフェフランチャイズの収益モデルを把握しておくことが重要です。
    ここでは、カフェフランチャイズの収益モデルについて、いくつかのカフェフランチャイズを例に挙げて紹介します。

    例1:PRONTOの収益モデル

    PRONTOの収益モデルは次のとおりです。

    月間年間
    売上高¥9,800,000¥117,600,000
    家賃¥1,764,000¥21,168,000
    原材料費¥2,646,000¥31,752,000
    人件費¥2,842,000¥34,104,000
    ロイヤリティ¥294,000¥3,528,000
    その他経費¥1,274,000¥15,288,000
    営業利益¥784,000¥9,408,000

    ※フランチャイズ比較ナビより

    PRONTO(プロント)のフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?
    PRONTO(プロント)のフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?
    PRONTO(プロント)のフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について PRONTO(プロント)とは?PRONTOのビジネス概要 PRONTO(プロント).....

    例2:コメダ珈琲フランチャイズの収益モデル

    コメダ珈琲のフランチャイズの収益モデルは次のとおりです。

    月間年間
    売上高¥20,000,000¥240,000,000
    人件費¥6,000,000¥72,000,000
    賃料¥3,000,000¥36,000,000
    広告費¥500,000¥6,000,000
    光熱費¥400,000¥4,800,000
    ロイヤリティ¥600,000¥7,200,000
    その他経費¥1,000,000¥12,000,000
    営業利益¥8,500,000¥102,000,000

    ※フランチャイズ比較ナビより

    コメダのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?
    コメダのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?
    コメダのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について コメダとは?コメダのビジネス概要 コメダ珈琲店は1968年に創業された日本のカフェチェーンで、現在で.....

    カフェフランチャイズの目安の開業資金・初期費用

    カフェフランチャイズに加盟する際には、加盟金や保証金、研修費、物件取得費、設備導入費など、開業までにさまざまな費用がかかります。
    また、フランチャイズブランドによって異なりますが、売上の一部をロイヤリティとして本部に支払う必要があります。
    カフェフランチャイズに加盟する前に、どのくらいの自己資金を用意しておく必要があるかをあらかじめ確認しておくことが重要です。
    ここでは、初期費用、開業資金、ロイヤリティが具体的にどのくらいかかるかを紹介します。

    初期費用(加盟金・保証金)

    カフェフランチャイズにかかる初期費用は次のとおりです。

    初期費用金額
    加盟金¥1,500,000〜¥3,000,000
    保証金¥1,000,000〜¥1,500,000

    開業資金(店舗費・研修費・運営資金)

    ラカフェフランチャイズにかかる開業資金は次のとおりです。

    初期費用金額
    研修費約¥500,000
    設備導入費¥5,000,000〜¥10,000,000
    内装工事費¥8,000,000〜¥20,000,000
    初期在庫費約¥300,000
    広告宣伝費約¥200,000
    資格取得費約¥10,000

    ロイヤリティ

    カフェフランチャイズのロイヤリティは一定ではなく、ブランドや契約内容により異なります。
    一般的に売上の5%~10%をロイヤリティとして支払う歩合制を採用しているブランドが多いです。
    歩合制のロイヤリティは売上に応じて金額が計算されるため、開業初期から高額なロイヤリティを支払う必要はありません。
    一方、定額制のロイヤリティを採用しているブランドもあります。
    この場合、毎月一定のロイヤリティを支払うことで事業を運営できます。
    売上が増えたとしてもロイヤリティは一定のため、売上が増えるほど利益率が高くなる点がメリットと言えるでしょう。
    さらに、一部のフランチャイズブランドでは粗利分配制を採用していて、利益の一部を本部と加盟店で分け合うロイヤリティの仕組みです。
    売上や利益に応じてロイヤリティが変動するため、加盟店の成果に基づいた報酬が得られます。
    ロイヤリティの種類によって事業収益が変動するため、加盟前に初期費用や開業資金と合わせて、各ブランドのロイヤリティについて詳細を本部に確認しましょう。

    カフェフランチャイズの市場性、今後の需要の見通し

    1980年代に国内で始まったセルフサービス型カフェは、1990年代に参入した外資系カフェも含めて日々の生活に浸透しています。
    カウンターで注文し、自分で飲み物を運ぶ形式は、大手チェーンやフランチャイズが多く、市場で大きなシェアを持っています。
    一方、個人経営のカフェもSNSを活用した独自のコンセプトや魅力的なメニューで成功しており、これがフランチャイズ展開のモデルになることもあります。
    今後のカフェフランチャイズ市場では、ターゲット層に特化したカフェの需要が増えるでしょう。
    例えば、分煙化を徹底したカフェは喫煙者に、完全禁煙のカフェは非喫煙者に人気があります。
    また、時間をかけてコーヒーを抽出するカフェはゆったりした時間を過ごしたい顧客に、価格を抑えたメニューを提供するカフェは忙しいビジネスパーソンに支持されるでしょう。
    明確なコンセプトとターゲット層のニーズに応えることがカフェフランチャイズ市場で成功するために重要です。

    カフェフランチャイズに加盟するための資格は?

    カフェフランチャイズに加盟するために必要な資格は主に以下の3つです。

    • 食品衛生責任者資格
    • 防火対象物使用開始届
    • 飲食店営業許可申請

    まず、食品衛生責任者資格は、食品の衛生管理を行うための国家資格です。
    飲食店では衛生管理が不十分だと食中毒などのリスクがあるため、この資格を持つ人を1人配置することが義務付けられています。
    資格を取得するには、各都道府県の食品衛生協会が開催する講習を受講する必要があり、その後の修了試験に合格すれば取得可能です。
    また、新築のカフェやテナントでの開業時には、防火対象物使用開始届を消防署に提出する必要があります。
    この届出には、住所、業態、消防設備、避難経路などを記載し、火災予防に役立てます。
    収容人数が30人以上の場合は、防火管理者も必要なため注意してください。
    そして、飲食店の営業許可は保健所に申請します。
    以前までカフェや喫茶店は「喫茶店営業許可証」で営業できましたが、2021年6月に廃止され、現在は「飲食店営業許可証」に統一されています。
    営業許可を持たずに営業すると罰則がありますので、必ず取得しましょう。
    さらに営業許可には食品衛生責任者が必要です。
    書式や条件は保健所によって異なるので、事前に確認してください。

    カフェフランチャイズの選び方

    カフェフランチャイズには、さまざまなブランドや事業形態があるため、慎重に選ぶ必要があります。

    • 出店地域に合ったメニューか
    • 集客できる知名度やブランド力があるか
    • きちんと利益が回収できるビジネスモデルか
    • 開業資金と毎月のロイヤリティ
    • 開業に必要な資格や許認可

    以上のような点は、カフェフランチャイズを選ぶ上で重要な指標となります。
    ここからは、カフェフランチャイズの選び方について、各ポイントを詳しく解説するので参考にしてください。

    出店地域に合ったメニューか

    カフェフランチャイズを選ぶ際は、出店地域に合ったメニューを提供できるかどうかが重要です。
    地域の文化や人々の好みに合ったメニューや商品を提供することで、顧客のニーズに応えることができます。
    例えば、地域の特産品や季節の食材を活用したメニューは地元の顧客に好評を得やすく、地域密着型のカフェとしての地位を確立するのに役立ちます。
    また、多様なメニューや飲食文化を取り入れることで、幅広い客層を魅了し、競合他社との差別化を図ることができるでしょう。
    出店地域の特性や需要を十分に考慮し、メニュー構成を検討することが成功の鍵となります。

    集客できる知名度やブランド力があるか

    カフェフランチャイズを選ぶ際に、本部の知名度やブランド力は極めて重要です。
    有名なフランチャイズブランドは、消費者からの信頼を獲得しやすく、多くの顧客を引き付けることができるため、開業当初から安定した収益を見込むことができます。
    また、有名なフランチャイズブランドであれば、競合他社に比べて優位性を獲得しやすく、市場での立ち位置を確立しやすいです。
    さらに、本部からの支援やマーケティング活動が充実していることが多いため、オーナーが成功するための環境が整っています。
    カフェフランチャイズを選ぶ際には、本部の知名度やブランド力を重視し、業界で確立された信頼と実績のあるブランドを選ぶことがポイントです。

    きちんと利益が回収できるビジネスモデルか

    カフェフランチャイズを選ぶ際に重要な要素の1つは、きちんと利益が回収できるビジネスモデルかどうかです。
    ビジネスモデルが持続可能であり、十分な利益を上げることができるかをあらかじめ検討することが必要です。
    商品の原価や利益率、店舗運営に必要な人件費や家賃、光熱費などの固定費や変動費も考慮しましょう。
    また、利益を最大化するためには、適切な価格設定や効率的なコスト管理が求められます。
    ビジネスモデルが明確で、十分な利益を得られる見込みがあるフランチャイズブランドを選びましょう。

    開業資金と毎月のロイヤリティ

    カフェフランチャイズを選ぶ際には、開業資金と毎月のロイヤリティの額を慎重に考慮する必要があります。
    まず、開業に必要な初期費用や設備投資、店舗内装などの費用を把握し、十分な資金を用意しなければなりません。
    また、毎月支払うロイヤリティは、売上高の一定割合や固定金額など、フランチャイズブランドごとに制度が異なり、経営の安定性や利益率に直結します。
    高額なロイヤリティは収益を圧迫し、利益を減少させる可能性があります。
    そのため、開業前にロイヤリティの支払い条件や金額をしっかりと確認し、ビジネス計画を立てることが重要です。
    フランチャイズ加盟する前に説明会で開業資金と毎月のロイヤリティについて必ず確認してください。

    開業に必要な資格や許認可

    カフェフランチャイズを選ぶ際には、開業に必要な資格や許認可についても注意が必要です。
    飲食業を営む場合には特定の資格や許認可が必要とされます。
    例えば、「食品衛生責任者資格」「防火対象物使用開始届」「飲食店営業許可申請」などが挙げられます。
    フランチャイズ本部は、加盟店オーナーが資格取得や手続きをスムーズに進めるためのサポートを提供していますが、事前に必要な資格や許認可について十分に調査し、準備しておくことが重要です。
    適切な資格や許認可を取得することで、開業時のトラブルを回避し、スムーズな経営を実現することができます。

    カフェフランチャイズを開業するまでの流れ

    カフェフランチャイズを開業するまでの主な流れは次のとおりです。

    1. 資料請求や説明会への参加
    2. 担当者との面談
    3. 契約審査申し込み
    4. 店舗選び
    5. 加盟金の支払い
    6. 内外装工事や設備の導入
    7. 採用や研修

    まず、興味のあるカフェフランチャイズの資料を請求し、説明会に参加します。
    ここでは、フランチャイズの詳細や条件、サポート内容などを確認します。
    説明会後、さらに詳しい情報を得るために担当者と面談を行い、具体的な質問や疑問点を解決し、カフェフランチャイズへの理解を深めましょう。
    そして、担当者との面談で納得できたら、フランチャイズ契約の審査を申し込み、フランチャイズ本部は申請者の経歴や資金状況などを審査します。
    契約審査に通過したら立地調査を行い、最適な場所を選定後、店舗の立地選びを行ってください。
    この際にフランチャイズ本部からサポートやアドバイスを受けることが可能です。
    店舗が決まったらフランチャイズ加盟金を支払い、正式にフランチャイズの一員となり、開業準備が本格的に始まります。
    フランチャイズ本部の指導のもとブランドに合った店舗作りを進め、店舗の準備が整ったらスタッフの採用と研修を行います。

    カフェフランチャイズを成功させるには?成功のポイント

    カフェフランチャイズを成功させるためには、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

    • カフェ経営に必要なスキルを身につける
    • 競合と差別化をする
    • 可能な限りスモールスタートを心がける
    • 本部の研修やサポートをしっかりと活用する

    これらのポイントを押さえておくことで、カフェ事業を安定して運営できます。
    反対に、成功するためのポイントに反した運営をすると、失敗してしまう可能性が高まるため注意が必要です。
    これからカフェフランチャイズに加盟しようと考えている方は、必ず確認してください。

    カフェ経営に必要なスキルを身につける

    カフェフランチャイズで成功するためには、カフェ経営に必要なスキルを身につけておくことが重要です。
    オーナーはコーヒーの淹れ方や調理のスキルだけでなく、スタッフのマネジメント、顧客対応、売上管理など、多岐にわたるスキルを身に付ける必要があります。
    また、競合店との差別化や顧客満足度の向上のために、マーケティングやサービス向上のスキルも重要です。
    これらのスキルは本部が提供する研修などで習得することができるため、積極的に活用することでカフェ経営の成功に近づくことができるでしょう。

    競合と差別化をする

    カフェ市場は競争が激しく、お客さんの選択肢も豊富なため、成功するためには競合店との差別化が不可欠です。
    独自のメニューや特別なサービスを提供することで、お客さんに魅力や新鮮さを提供し続け、集客力を高めることができます。
    ただし、フランチャイズの場合、本部の経営方針やブランドイメージに沿ったサービス提供が求められるため、オーナー個人の判断で自由に経営することができません。
    そのため、独自サービスや新メニューを導入するには、本部と綿密な相談が必要です。

    可能な限りスモールスタートを心がける

    カフェフランチャイズで成功させるためには、「可能な限りスモールスタートを心がける」ことが重要です。
    小規模な店舗から始めることで、事業の安定化や経営の効率化を図ることができ、比較的早い段階で初期投資を回収することができるでしょう。
    また、小さな店舗での運営経験を積むことで、将来的な拡大計画や戦略の構築にも役立ち、長期的な成功につながります。
    これからカフェフランチャイズに加盟して開業する予定の方は、過度な拡大や設備投資を控え、リスクを最小限に抑えるようにしましょう。

    本部の研修やサポートをしっかりと活用する

    フランチャイズカフェを開業する際には、本部から提供される研修やサポート制度をしっかりと活用することが重要です。
    各フランチャイズごとに異なる研修プログラムやサポート内容が用意されていますが、これらの制度を利用することで、経営に必要なあらゆるノウハウやスキルを習得することができます。
    例えば、料理の調理法からスタッフの採用や顧客対応、効果的なマーケティング手法まで、幅広い領域での研修が提供されています。
    また、本部が出店先の選定や広告活動を支援するため、オーナーは開業時から安心して事業を展開することができるでしょう。
    結果として、未経験者でもフランチャイズカフェを成功させることが可能となります。

    カフェフランチャイズは失敗したときにどれくらいのリスクがあるか?

    カフェフランチャイズに加盟し、複数のカフェを運営するまでに事業を拡大しているオーナーが数多くいる一方で、数ヶ月で廃業しているオーナーもいます。
    そのため、カフェフランチャイズに加盟する前に、失敗した場合にどのくらいのリスクがあるかを理解しておくと良いでしょう。
    まず、開業のために揃えたカフェの設備や備品の代金、集客のために費やした広告費などは戻ってきません。
    また、契約に基づいてロイヤリティの未払い分は本部に支払わなければなりません。
    このような経済的損失がカフェフランチャイズで失敗した場合のリスクと言えるでしょう。
    さらに、フランチャイズ契約の内容によっては、解約時に違約金が発生するケースもありますので、あらかじめ確認しておくことが重要です。
    具体的な金額については、事業規模によっても異なるため一概には言えませんが、¥3,000,000〜¥7,000,000を見込んでおくと良いでしょう。

    カフェフランチャイズのQ&A

    ここからはカフェフランチャイズに加盟する際によくある質問とその回答について紹介します。

    Q.フランチャイズ加盟のメリットは?

    A. 個人で事業を始めた場合の成功率は約30%と言われていますが、フランチャイズに加盟して開業した場合の成功率は約70%という統計データがあります。
    データでも証明されているとおり、フランチャイズに加盟することで、本部からノウハウ提供やさまざまなサポートを受けることができるため、事業が成功しやすいのが大きなメリットです。
    また、売上を向上させるために最も重要な集客に関しても、ブランドの知名度を利用して優位に行えます。
    本部がホームページやチラシの作成をしてくれたり、テレビCMを行うことで、オーナーはその他の事業運営に専念できるでしょう。

    Q.フランチャイズ加盟のデメリットはあるの?

    A.フランチャイズに加盟することでオーナーはさまざまなメリットを受けられる一方、デメリットもあります。
    例えば、自分で立ち上げた会社であれば自由にビジネスモデルを変えたり、経営戦略を考えて実行できますが、フランチャイズに加盟すると本部の方針に合わせなければいけません。
    そして、本部が掲げた方針どおりに運営することで、経営状況が悪化してしまう恐れもあります。
    また、個人で企業するのとは違い、フランチャイズに加盟した場合は本部に一定のロイヤリティを支払わなければならないため、利益の全てが収入にはなりません。
    年収を高めたいと考えている方にとっては、大きなデメリットとなってしまうでしょう。

    Q.業界未経験でも経営できる?

    A. 業界未経験でもカフェフランチャイズを経営することは十分可能です。
    多くのフランチャイズ本部は、加盟者が成功できるように、充実した研修プログラムやオペレーションマニュアルを提供しています。
    これにより、料理の調理方法からカフェ運営、スタッフ管理、顧客対応まで、事業運営に必要なノウハウを学ぶことができます。
    また、フランチャイズに加盟することで、本部が出店先の手配やプロモーション活動をサポートしてくれるケースが多いです。
    さらに、フランチャイズ本部は継続的に経営を支援する体制を整えており、問題が発生した際にも迅速に対応してくれます。
    これにより、業界未経験でもカフェフランチャイズを開業し、成功するためのサポートが充実しているため、安心して挑戦できる環境が整っています。

    Q.今後の市場の伸びはどの程度?

    A.1980年代に国内で始まったセルフサービス型カフェは、1990年代に参入した外資系カフェも含め、日常的に利用する飲食店として定着しています。
    カウンターで注文するセルフサービス型のカフェは、大手チェーンやフランチャイズが多く、市場で大きなシェアを持っています。
    一方、個人経営のカフェもSNSを活用した独自のコンセプトや魅力的なメニューで成功しており、新たなカフェ業態としてフランチャイズ展開する可能性があります。
    そのため、今後のカフェフランチャイズ市場では、ターゲット層に特化したカフェの需要が増えるでしょう。
    明確なコンセプトとターゲット層のニーズに応えることがカフェフランチャイズ市場で成功する鍵となります。

    まとめ

    これから事業を始めたいと考えている方は、カフェフランチャイズに加盟する選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?
    カフェフランチャイズを開業するメリットとしては、知名度が高く集客しやすいことや好立地で店舗を構えられることが挙げられます。
    高額な開業資金が必要になるケースも多いですが、景気の影響を受けにくく、安定した売り上げが見込めます。
    しかし、フランチャイズ本部選びで失敗したり、成功するためのポイントに反した経営をしてしまうと、カフェ事業が上手く回らずに廃業となってしまうかもしれません。
    カフェフランチャイズに加盟して年収を上げたい方は、本記事で紹介した成功するためのポイントを参考にしてください。

    その他の関連する記事

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載