【儲かる?】ラーメン フランチャイズのおすすめ一覧15選!
年収や開業資金の目安は?

更新日:

【儲かる?】ラーメン フランチャイズのおすすめ一覧15選!
年収や開業資金の目安は?

街中を歩いているとたくさんのラーメン店が軒を連ね、テレビや雑誌で特集されている店舗は長い行列ができています。
また、ラーメンは国民的料理として認知され、海外からの注目を集めているため、飲食業界の中でも需要の無くならない業態です。
しかし、さまざまな味の種類があり、新規参入する店舗も多いことから、成功し続けるためには業界内での差別化を図る必要があります。
これからラーメンフランチャイズに加盟して自分のビジネスを持ちたい、独立をしたいという方は、本記事を参考にしてください。

ラーメンのフランチャイズ(FC)加盟一覧

    ジムフランチャイズの目安の収益モデルは?

    けられるかは非常に重要なポイントではないでしょうか。
    万が一赤字が続いてしまうと事業を継続することが難しく、廃業という選択をしなければなりません。
    また、ビジネスモデルによっては、開業直後の集客が上手くいかず、初期投資が回収できるまでに時間を要することもあるでしょう。
    開業前の不安を少しでも減らした状態でラーメンを開業したい方は、事前にラーメンフランチャイズの収益モデルを把握しておくことが重要です。
    ここでは、ラーメンフランチャイズの収益モデルについて、いくつかのラーメンフランチャイズを例に挙げて紹介します。

    例1:天下一品の収益モデル

    天下一品の収益モデルは次のとおりです。

    坪数20坪 市街地店舗坪数75坪 郊外型店舗
    売上高¥6,200,000¥9,100,000
    仕入れ¥2,418,000¥3,549,000
    人件費¥1,550,000¥2,275,000
    家賃¥450,000¥750,000
    水道光熱費¥310,000¥455,000
    商品配達費¥230,000¥280,000
    ロイヤリティ¥20,000¥20,000
    その他経費¥124,000¥182,000
    営業利益¥3,782,000¥5,551,000

    ※天下一品 フランチャイズ募集公式ページより(https://www.tenkaippin.co.jp/fc/)

    例2:らあめん花月嵐の収益モデル

    らあめん花月嵐の収益モデルは次のとおりです。

    個人の場合法人の場合
    売上高¥4,500,000¥7,000,000
    仕入れ¥1,597,500¥2,485,000
    人件費¥900,000¥1,750,000
    家賃¥360,000¥450,000
    水道光熱費¥315,000¥490,000
    備品費¥90,000¥329,000
    設備リース費¥160,000¥160,000
    ロイヤリティ¥211,500¥220,000
    その他経費¥90,000¥40,000
    営業利益¥3,724,000¥5,924,000

    ※フランチャイズ比較ナビより

    らあめん花月嵐のフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?
    らあめん花月嵐のフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?
    らあめん花月嵐のフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について らあめん花月嵐とは? 「らあめん花月嵐」は、日本のラーメンチェーンで、独自の「らあめん」を提.....

    ラーメンフランチャイズの目安の開業資金・初期費用

    ラーメンフランチャイズに加盟する際には、さまざまな費用が発生します。
    具体的には、加盟金、保証金、研修費、物件取得費、設備導入費などの初期費用や売上の一部をロイヤリティとして本部に支払う必要があります。
    そのため、ラーメンフランチャイズに加盟する前に、どのくらいの自己資金が必要かをあらかじめ確認しておくことが重要です。
    ここでは、初期費用、開業資金、ロイヤリティが具体的にどのくらいかかるか目安となる金額を紹介します。

    初期費用(加盟金・保証金)

    ラーメンフランチャイズにかかる初期費用は次のとおりです。

    初期費用金額
    加盟金¥1,000,000〜¥2,000,000
    保証金¥500,000〜¥1,500,000

    開業資金(店舗費・研修費・運営資金)

    ラーメンフランチャイズにかかる開業資金は次のとおりです。

    初期費用金額
    研修費約¥500,000
    設備導入費¥5,000,000〜¥10,000,000
    内装工事費¥3,000,000〜¥5,000,000
    初期在庫費約¥300,000
    広告宣伝費約¥200,000
    資格取得費約¥10,000

    ロイヤリティ

    ラーメンフランチャイズのロイヤリティは一定ではなく、ブランドや契約内容により異なります。
    一般的に売上の5%~10%をロイヤリティとして支払う歩合制を採用しているブランドが多いです。
    歩合制のロイヤリティは売上に応じて金額が計算されるため、開業初期から高額なロイヤリティを支払う必要はありません。
    一方、定額制のロイヤリティを採用しているブランドもあります。
    この場合、毎月一定のロイヤリティを支払うことで事業を運営できます。
    売上が増えたとしてもロイヤリティは一定のため、売上が増えるほど利益率が高くなる点がメリットと言えるでしょう。
    さらに、一部のフランチャイズブランドでは粗利分配制を採用していて、利益の一部を本部と加盟店で分け合うロイヤリティの仕組みです。
    売上や利益に応じてロイヤリティが変動するため、加盟店の成果に基づいた報酬が得られます。
    ロイヤリティの種類によって事業収益が変動するため、加盟前に初期費用や開業資金と合わせて、各ブランドのロイヤリティについて詳細を本部に確認しましょう。

    ラーメンフランチャイズの市場性、今後の需要の見通し

    ラーメンの種類は、こってり系やさっぱり系、ちぢれ麺や太麺など、多岐にわたり、今では日本のソウルフードとして世界各国から注目を集めています。
    日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の「2020年度『JFAフランチャイズチェーン統計調査』報告」によれば、ラーメンのフランチャイズチェーン数は95社、フランチャイズ店舗は約4,700店にのぼります。
    また、ラーメン店は大型チェーン店から個人経営の店舗まであり、新規参入が比較的簡単な業界とも言われていますが、競争は激化しており、成功する店舗とそうでない店舗の二極化が進んでいる状況です。
    さらに、ラーメンブームの背景には、SNSの普及によるファン層の拡大が大きく影響しています。
    例えば、Instagramで「#ラーメン」とタグ付けされた投稿は2022年4月時点で約1,744万件あり、Twitterでも過去30日間に「ラーメン」を含む投稿が約151万件も確認されています。
    これらのデータから、ラーメンがSNS上で多くのユーザーから関心を集めていることは明らかです。
    こうした市場動向を考慮すると、しっかりとした経営戦略と魅力的なメニューを提供することで、成功する可能性は高いと言えるでしょう。
    そして、ラーメンフランチャイズに加盟することで、ブランドの知名度を利用して安定した集客が見込まれるため、収入を増やしたい方におすすめです。

    ラーメンフランチャイズに加盟するための資格は?

    ラーメンフランチャイズに加盟するために必要な資格は主に以下の3つです。

    • 食品衛生責任者
    • 防火管理者
    • 飲食店営業許可

    まず、食品衛生責任者は、食品の衛生管理を行うための国家資格です。
    飲食店では衛生管理が不十分だと食中毒などのリスクがあるため、この資格を持つ人を1人配置することが義務付けられています。
    資格を取得するには、各都道府県の食品衛生協会が開催する講習を受講する必要があり、その後の修了試験に合格すれば取得可能です。
    また、新たにラーメン店を開業する際は、防火対象物使用開始届を消防署に提出する必要があります。
    この届出には、住所、業態、消防設備、避難経路などを記載し、火災予防に役立てます。
    収容人数が30人以上の場合は、防火管理者が必要なため注意してください。
    そして、飲食店の営業許可は保健所に申請します。
    営業許可を持たずに営業すると罰則がありますので、必ず取得しましょう。
    さらに営業許可には食品衛生責任者の選定が必要です。
    書式や条件は保健所によって異なるので、事前に確認してください。

    ラーメンフランチャイズの選び方

    ラーメンフランチャイズには、さまざまなブランドや事業形態があるため、慎重に選ぶ必要があります。

    • 開業に必要な資金
    • 企業理念とお店のコンセプト
    • オリジナルメニューが出せるか
    • 研修の充実度
    • 契約期間と違約金

    以上のような点は、ラーメンフランチャイズを選ぶ上で重要な指標となります。
    ここからは、ラーメンフランチャイズの選び方について、各ポイントを詳しく解説するので参考にしてください。

    開業に必要な資金

    ラーメンフランチャイズを選ぶ際は、開業に必要な資金を確認することが重要です。
    初期投資には、加盟金、保証金、内外装工事費、設備導入費などが含まれます。
    これらの費用はフランチャイズによって金額が異なるため、複数のフランチャイズを比較し、予算内で開業できるかどうかを検討すると良いでしょう。
    また、開業当初は安定した集客ができず、赤字が続いてしまう可能性もあります。
    そのため、開業後の運転資金も考慮し、資金計画を立てることが成功の鍵となります。

    企業理念とお店のコンセプト

    フランチャイズ本部の企業理念やお店のコンセプトが、自分の考えや目指す方向性と一致しているかを確認することも重要です。
    企業理念に共感できるかどうかは、長期的なラーメン店運営のモチベーションに大きな影響を与えます。
    また、お店のコンセプトが地域の需要やターゲット顧客に合っているかを検討することで、集客力を高めることができます。

    オリジナルメニューが出せるか

    フランチャイズによっては、本部のメニューをそのまま提供する場合もあれば、ある程度の範囲でオリジナルメニューを提供できる場合もあります。
    オリジナルメニューが出せるフランチャイズを選ぶことで、地域の特色や顧客の好みに合わせた商品展開が可能になり、競合他社との差別化が図れます。
    しかし、全国展開しているチェーン店は、全体の統一性を重視するため、基本的にオリジナルメニューの開発や提供はできないと考えておいて良いでしょう。
    オリジナルメニューを提供したいと考えている方は、加盟前に本部へ相談し、確認が取れてから契約を結ぶようにしましょう。

    研修の充実度

    フランチャイズ本部が提供する研修の内容や充実度も、選び方の重要なポイントです。
    特に業界未経験者の場合は、調理技術や顧客対応、従業員のマネジメント、会計業務に関するノウハウをしっかり学ぶことが成功への鍵となります。
    研修内容が詳細で実践的か、継続的なサポートが受けられるかを事前に確認することで、開業後のスムーズな運営が期待できます。

    契約期間と違約金

    フランチャイズ契約の期間や違約金の条件も、事前にしっかり確認しておくべきポイントです。
    契約期間が長すぎると、将来的に本部との方向性が合わなくなる可能性があり、契約を解除するためには高額な違約金を支払わなければならないケースが多いです。
    違約金の存在を知らず、後からトラブルに発展してしまわないように、契約内容を十分に理解し、自分にとって都合の悪い条件でないことを確認した上で契約を結びましょう。

    ラーメンフランチャイズを開業するまでの流れ

    ラーメンフランチャイズを開業するまでの主な流れは次のとおりです。

    1. 資料請求や説明会への参加
    2. 担当者との面談
    3. 契約審査申し込み
    4. 店舗選び
    5. 加盟金の支払い
    6. 内外装工事や設備の導入
    7. 採用や研修

    まず、興味のあるラーメンフランチャイズの資料を請求し、説明会に参加します。ここでは、フランチャイズの詳細や条件、サポート内容などを確認します。
    説明会後、さらに詳しい情報を得るために担当者と面談を行い、具体的な質問や疑問点を解決し、ラーメンフランチャイズへの理解を深めましょう。
    そして、担当者との面談で納得できたら、フランチャイズ契約の審査を申し込みます。フランチャイズ本部は申請者の経歴や資金状況などを審査します。
    契約審査に通過したら、立地調査を行い、最適な場所を選定後、店舗の立地選びを行います。
    この際にフランチャイズ本部からサポートやアドバイスを受けることが可能です。
    店舗が決まったらフランチャイズ加盟金を支払い、正式にフランチャイズの一員となり、開業準備が本格的に始まります。
    フランチャイズ本部の指導のもと、ブランドに合った店舗作りを進めます。
    店舗の準備が整ったら、スタッフの採用と研修を行います。
    ラーメン作りの技術や接客の方法などを本部の研修プログラムで学び、開業に向けての最終準備を整えましょう。

    ラーメンフランチャイズを成功させるには?成功のポイント

    ラーメンフランチャイズを成功させるためには、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

    • すでに人気のあるチェーン店に加盟する
    • 客単価を上げる工夫をする
    • 回転率を上げる工夫をする
    • テリトリー権のある本部を選ぶ

    これらのポイントを押さえておくことで、ラーメン事業を安定して運営できます。
    反対に、成功するためのポイントに反した運営をすると、失敗してしまう可能性が高まるため注意が必要です。
    これからラーメンフランチャイズに加盟しようと考えている方は、必ず確認してください。

    すでに人気のあるチェーン店に加盟する

    ラーメンフランチャイズで開業する際は、すでに人気や知名度があり、一定の顧客がいるチェーン店に加盟すると良いでしょう。
    知名度の低いラーメンフランチャイズに加盟してしまうと、開店当初の集客に苦労してしまい、初期投資を回収できずに廃業してしまう可能性があります。
    一方で、全国展開しているチェーン店のフランチャイズであれば、開店時の広告やマーケティング活動が充実しているため、比較的簡単に集客をすることができます。
    ただし、チェーン店の場合、店舗独自のメニューは開発しづらく、顧客が想定している以上の商品提供ができないため、爆発的な売上は望めないでしょう。
    安定したラーメン店経営をしたい方は、すでに人気のあるチェーン店に加盟することをおすすめします。

    客単価を上げる工夫をする

    ラーメン店の経営を成功させるためには、客単価を上げる工夫をして売上を伸ばすことが重要です。
    例えば、ランチタイムはセット商品を用意して単品以外の注文を促したり、ディナータイムはビールやつまみとなる商品を揃えて客単価を上げる方法があります。
    しかし、客単価を上げようとすると回転率が下がってしまう可能性があるため、顧客の傾向や売上データを確認し、最適な方法のみを残していくと良いでしょう。
    また、フランチャイズに加盟することで、他店舗の成功事例を共有してもらうことができます。
    似たような客層を抱えている店舗の成功事例を取り入れてみるのもおすすめです。

    回転率を上げる工夫をする

    ラーメン店の利益を高めるためには、回転率を上げることが大切です。
    行列ができていて、一見人気店に見える店舗でも、回転率が悪いと売上を伸ばすことができません。
    お客さんがラーメン店を利用する時間帯は昼食や夕食どきのため、ピーク帯に回転率を高めることが成功の鍵を握ります。
    回転率を高める工夫として、厨房の配置や設備を整えて提供スピードを早めたりすることが挙げられます。

    テリトリー権のある本部を選ぶ

    テリトリー権とは、「加盟店に対してフランチャイズ本部が特定の営業地域を保証する権利」のことです。
    テリトリー権が保証されていると、加盟者の店舗の商圏が保護され、そのエリアに同じブランドの新店舗が出店されることはありません。
    ただし、加盟したオーナーが承諾をすれば出店可能なため、1店舗目の近くに新しい店舗を構えて、複数店舗のオーナーとなることも可能です。
    一方でテリトリー権が保証されていないラーメンフランチャイズの場合、極端な例で言えば自分の店舗に同じブランドの店舗を出店することができてしまいます。
    近くに同じブランドの店舗が出店してしまうと、顧客を取り合う構図となってしまうため、テリトリー権のある本部を選ぶことが重要です。

    ラーメンフランチャイズは失敗したときにどれくらいのリスクがあるか?

    ラーメンフランチャイズに加盟し、複数の店舗を運営するまで事業を拡大しているオーナーがいる一方で、数ヶ月で廃業してしまうオーナーもいます。
    そのため、ラーメンフランチャイズに加盟する前に、失敗した場合のリスクを理解しておくことが重要です。
    まず、開業のために揃えたラーメン店の設備や備品の費用、集客のためにかけた広告費用は回収できません。
    また、契約に基づきロイヤリティの未払い分は本部に支払う必要があります。
    このような経済的損失が、ラーメンフランチャイズで失敗した場合のリスクと言えるでしょう。
    さらに、フランチャイズ契約の内容によっては、解約時に違約金が発生することもあります。
    あらかじめ契約内容をよく確認しておくことが重要です。
    具体的な損失額については、事業規模や契約内容により異なりますが、¥3,000,000〜¥10,000,000程度の損失を見込んでおくと良いでしょう。

    ラーメンフランチャイズのQ&A

    ここからはラーメンフランチャイズに加盟する際によくある質問とその回答について紹介します。

    Q.フランチャイズ加盟のメリットは?

    A. 個人で事業を始めた場合の成功率は約30%と言われていますが、フランチャイズに加盟して開業した場合の成功率は約70%という統計データがあります。
    データでも証明されているとおり、フランチャイズに加盟することで、本部からノウハウ提供やさまざまなサポートを受けることができるため、事業が成功しやすいのが大きなメリットです。
    また、売上を向上させるために最も重要な集客に関しても、ブランドの知名度を利用して優位に行えます。
    本部がホームページやチラシの作成をしてくれたり、テレビCMを行うことで、オーナーはその他の事業運営に専念できるでしょう。

    Q.フランチャイズ加盟のデメリットはあるの?

    A.フランチャイズに加盟することでオーナーはさまざまなメリットを受けられる一方、デメリットもあります。
    例えば、自分で立ち上げた会社であれば自由にビジネスモデルを変えたり、経営戦略を考えて実行できますが、フランチャイズに加盟すると本部の方針に合わせなければいけません。
    そして、本部が掲げた方針どおりに運営することで、経営状況が悪化してしまう恐れもあります。
    また、個人で企業するのとは違い、フランチャイズに加盟した場合は本部に一定のロイヤリティを支払わなければならないため、利益の全てが収入にはなりません。
    年収を高めたいと考えている方にとっては、大きなデメリットとなってしまうでしょう。

    Q.業界未経験でも経営できる?

    A.業界未経験でもラーメンフランチャイズを経営することは十分可能です。
    多くのフランチャイズ本部は、加盟者が成功できるように、充実した研修プログラムやオペレーションマニュアルを提供しています。
    これにより、料理の調理方法からラーメン運営、スタッフ管理、顧客対応まで、事業運営に必要なノウハウを学ぶことができます。
    また、フランチャイズに加盟することで、本部が出店先の手配やプロモーション活動をサポートしてくれるケースが多いです。
    さらに、フランチャイズ本部は継続的に経営を支援する体制を整えており、問題が発生した際にも迅速に対応してくれます。
    これにより、業界未経験でもラーメンフランチャイズを開業し、成功するためのサポートが充実しているため、安心して挑戦できる環境が整っています。

    Q.今後の市場の伸びはどの程度?

    A.日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の「2020年度『JFAフランチャイズチェーン統計調査』報告」によると、ラーメンのフランチャイズチェーン数は95社、フランチャイズ店舗は約4,700店という調査結果が報告されています。
    さらに、SNSの普及によるファン層の拡大がラーメンブームに大きく影響しています。
    Instagramで「#ラーメン」とタグ付けされた投稿は2022年4月時点で約1,744万件あり、Twitterでも過去30日間に「ラーメン」を含む投稿が約151万件も確認されていることからラーメンへの関心度の高さが分かるでしょう。
    こうした市場動向を考慮すると、ラーメンフランチャイズ市場は今後も伸びていくと予想され、しっかりとした経営戦略と魅力的なメニューを提供することで、成功する可能性は高いと言えるでしょう。

    まとめ

    これから事業を始めたいと考えている方は、ラーメンフランチャイズに加盟する選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?
    ラーメンフランチャイズを開業するメリットとしては、知名度が高く集客しやすいことや好立地で店舗を構えられることが挙げられます。
    また、ラーメンは世界中が注目されている料理の1つであり、外国人観光客の増加が追い風となり、安定した売り上げが見込まれるでしょう。
    しかし、高額な開業資金が必要になるケースが多いというデメリットもあります。
    フランチャイズ本部選びで失敗したり、成功するためのポイントに反した経営をしてしまうと、店舗運営が上手く回らずに廃業となってしまうかもしれません。
    ラーメンフランチャイズに加盟して年収を上げたい方は、本記事で紹介した成功するためのポイントを参考にしてください。

    その他の関連する記事

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載