掛け払いサービスおすすめ5選を比較【2024年版】

更新日:

企業間の取引において、信用を担保に取引を行う「掛け払い」という方式が多く採用されています。

この、掛け払いについて、どのような特徴があるのか、詳細がわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、掛け払いについて解説しますので参考にしてください。

掛け払いとは

掛け払いとは、企業間取引において、サービスや商品を提供した際に、代金を支払ってもらうのではなく、一定期間に行なった取引の代金を、後日まとめて支払ってもらう支払い方法のことを指します。

「末締め末払い」といったような、当月末日までに取引した代金を翌月末日までに支払ってもらう形式などが一般的です。

掛け払いは、一定期間に行われた取引の代金を、請求書でまとめて発行して、その請求書を元に支払いを行うため、「請求書払い」と呼ばれることもあります。

サービスや商品を提供しているごとに支払いを行なっていると、振込手数料や支払い作業が都度発生するため、手間や支払い漏れといったミスが起こりやすくなります。

掛け払いを採用すれば、一定期間の取引をまとめて請求、支払いが可能となるため、予算管理がしやすくなり、大規模な取引も積極的にできるようになるといったメリットが生まれます。

後払いとは違う?

掛け払いと混同されがちな言葉として、「後払い」が挙げられます。

掛け払いも後払いも、どちらも支払いが後日になるという点は共通していますが、用いられる場面が異なります。

企業間取引、いわゆるBtoB取引で、後日にまとめて支払いをする場合、掛け払いと呼ばれることが一般的です。

そして、企業が一般消費者に向けてサービスや商品を提供する場合、つまりBtoC取引においては、後払いという言葉を使うケースが一般的となっています。

また、掛け払いと後払いでは、支払いのサイクルも異なります。

BtoB取引では、1ヶ月ごとに取引を集計して、請求書を作成、請求書が届いた際にまとめて支払うフローが一般的ですが、BtoC取引では、1回の取引ごとに後払いをするケースがメインとなり、同じ月に複数回取引を行ったとしても、その都度後払いの対応をする必要があります。

BtoBとBtoCでは利用上限も異なり、基本的には企業間取引の方が上限が高額です。

おすすめの掛け払いサービス

GMO掛け払い

特徴

GMO掛け払いとは、与信管理や請求書の発行、督促業務などを請け負っているサービスです。

与信審査に通過すれば、未回収の売掛金を負担することもできるため、積極的に取引を行うことができます。

システム連携で自動化されたリアルタイムの与信が可能なため、機会損失を防ぐことが可能です。

業界最低水準の料金で利用することができる点も優れており、豊富なオプションで業務効率化を実現することができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円〜
  • 手数料:0.5%〜

※価格情報は2023年4月時点のもの

掛払い.com

特徴

掛払い.comは、株式会社キャッチボールが運営している掛け払いサービスです。

書類作成や与信審査などを代行することができ、売掛金を100%保証しています。

請求書の作成といった請求業務を代行することも可能です。

審査スピードも早く、取引をスムーズに行うことで売上アップを目指すことができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 手数料:1.2%〜

※価格情報は2023年4月時点のもの

Paid BtoB後払い

特徴

Paid BtoB後払いは、株式会社ラクーンフィナンシャルが提供している掛け払いサービスです。

企業間決済サービスとして導入企業数No. 1にも選ばれており、与信審査や請求書の発行、入金管理といった煩雑な業務を全て代行してもらうことができます。

取引先の貸し倒れや支払い遅延が発生しても100%保証があるため、安心して取引をすることができ、取引のスピードを加速させます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円
  • 手数料:〜2.9%

※価格情報は2023年4月時点のもの

請求まるなげロボ

特徴

請求まるなげロボは、株式会社ROBOT PAYMENTが提供している掛け払いサービスです。

企業との取引における売掛金を100%保証しており、与信や請求、入金管理、督促などの業務を代行してもらうことができます。

入金の遅延が発生した場合でも、保証があるため、取引における機会損失を防止します。

運営元は決済代行業に20年以上携わってきた実績があるため、安心して業務を任せることができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 手数料:1.0%〜

※価格情報は2023年4月時点のもの

RP掛け払い

特徴

RP掛け払いは、株式会社ROBOT PAYMENTが運営している掛け払いサービスです。

与信や請求書作成などの業務を代行しており、業界最低水準の手数料で利用することができます。

売掛金を100%保証しており、取引をスピーディーにしたい方や、複数の決済手段を管理したいなどにおすすめです。

与信や請求などの状況をシステムからリアルタイムに確認することができるため、いつでも安心して取引に臨むことができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 手数料:0.5%~2.9%

※価格情報は2023年4月時点のもの

掛け払いのメリット

商品やサービスを提供する度に支払いを行なう場合、請求書を何度も発行したり、入金確認作業をしたりと何かと手間がかかります。

また、入金確認後に商品やサービスを提供する場合は、入金確認が完了するまでサービスの提供ができないため、何度も入金確認をしなければいけません。

掛け払いを導入すれば、請求書の発行や入金確認が1回で完結するため、請求作業の効率化につながります。

機会を逃さずに商品やサービスを迅速に提供できるようになるため、顧客満足度の向上などのメリットが期待できます。

掛け払いのデメリット

掛け払いのデメリットとしては、未回収が発生するリスクが挙げられます。

取引が成立し、商品やサービスを提供したのに入金がされず、取引先と音信不通になってしまうという未回収リスク。

掛け払いは、信用を担保に取引を行うため、正当な理由もなく取引先が代金を支払い場合は、掛け取引が成立しません。

掛け払いを行う点で、最大の注意点となるのは、未回収リスクをいかにして防ぐことができるか、という点に限るでしょう。

掛け払い代行サービスの選定ポイント

掛け払いにおいて、最大の懸念点である未回収リスクを防止する手段として、掛け払い代行サービスを利用してみると良いでしょう。

掛け払い代行サービスを選定する際のポイントは、以下の通りです。

与信限度額の上限

利用する代行サービスによって、利用限度額が異なります。

また、与信審査におけるスピードもサービスによって異なるため、取引をスムーズに進めたい場合は、できるだけ与信審査のタイミングや回数が少ないものを選ぶと良いでしょう。

継続して取引をする場合に掛け払いを取り入れたい場合は、事前審査を取り入れているサービスがおすすめです。

サービス内容

掛け払い代行サービスは、与信審査や請求書の発行、代金回収など幅広いサービス内容を網羅しています。

利用するサービスによって代行できる業務の範囲が異なるため、自社でどこまでを代行して欲しいかを明確にした上で、サービスの比較検討をすると良いでしょう。

料金面

掛け払い代行サービスは、初期費用がかかるものや、月額固定料金で利用できるもの、初期費用はかからないが毎月の手数料が発生するものなど、料金体系が様々です。

初期費用がかからないからといって手数料が発生するサービスを選ぶと、場合によってはコストが高くなることもあるので、まずは自社の取引回数を参考に見積もり依頼をお願いすると良いでしょう。

取引先が使いやすいサービスか

掛け払い代行サービスは、取引先が使いやすいサービスであることも重要です。

支払いがしやすいものとなっているか、オンライン上で請求書が確認できるか、同じ会社の別部署や支店で請求書を分けたりまとめたりすることができるのか、といって点に注目しましょう。

取引先も使いやすいサービスを選ぶことで、継続的な取引につなげやすくなります。

掛け払いを取り入れて請求業務を効率化しよう

掛け払いについて解説しました。

掛け払いは、一定期間の取引をまとめて請求できるため、請求業務を効率化することができる反面、代金の未回収リスクが発生する点が問題となります。

デメリットを回避するためには、掛け払い代行サービスを導入してみると良いでしょう。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載