Miro(ミロ)の料金·評判·機能について。無料で使える?

最終更新日 

新型コロナウイルスによってテレワーク·リモートワークという離れた拠点での働き方が定着しつつあります。

テレワークによって爆発的に利用者数を増やしたのがZoomなどのオンライン会議ツールですが、オンライン会議をさらに効率的に行うためにホワイトボードツールを導入する企業が増えてきました。

今回紹介するMiro(ミロ)は実際のミーティングと同じ感覚でホワイトボードを利用できることで注目されているサービスです。

料金面や機能面を紹介しますのでサービス選定の参考にしてみてください。

Miroとは

Miroとはオンライン上で利用できるホワイトボードツールで、2011年にサービスが開始されたばかりです。

豊富なテンプレートが用意されているので、ミーティングやブレストなど形式にとらわれず幅広い業界で情報共有の効率化ができるという点から多くの企業で導入されています。

Miroの機能·特徴

豊富なテンプレート

Miroには豊富なテンプレートが用意されており、マインドマップの作成やリモートワークに使えるアジェンダリストなど幅広い活用が可能です。

操作も直感的なので、実際のミーティングでホワイトボードを使用する感覚で書き込むことができます。

手書き操作も可能

実際のホワイトボードに書き込むように直感的操作で情報をまとめることもでき、メンションをつけてコメントを書き込んでフィードバックや情報の共有に役立てる機能も搭載されています。

オンラインで利用できるサービスなので、1つのホワイトボードを複数人で共有して編集することが可能です。

連携でさらに便利に

Miroは様々なアプリと連携させることが可能です。

主な連携アプリとしては以下のサービスが挙げられます。

  • Slack
  • Google Drive
  • Dropbox
  • Google Image Search
  • Whereby
  • Salesforce
  • Trello

代表的な使い方としては、Slackと連携させることでホワイトボードにメンションがついたときや情報の共有があった際にSlack上に通知を送るように設定したり、Dropboxと連携してストレージ内のファイルをMiroで共有したり編集できるようにするといった使い方があります。

Miroの料金·価格

Miroの料金プランは4タイプ提供されており、それぞれの料金は以下の通りです。

  • Free:月額0ドル
  • Team:月額8ドル(1ユーザーにつき)
  • Business:月額16ドル(1ユーザーにつき)
  • Enterprise:要問い合わせ

2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

Miroでは無料プランを提供しているので試験的な運用はもちろん、少人数でホワイトボードを利用する場合などでも十分に活用することができます。

無料版はチームメンバーは無制限に利用することはできますが、共同編集できるホワイトボードの数が3つまでという制限があるので注意が必要です。

Miro導入のメリット

Miroを導入することで生まれるメリットはビジュアル的にホワイトボードを利用することができるという点です。

MiroはPCからだけでなくiPadでも利用することができるので、Apple Pencilなどを使って紙に書くように直感的操作で情報を入力することができるようになります。

コメントを残すことができる点も効率的に情報を共有、フィードバックができるようになるというメリットを生み出します。

Miroの導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

Miroの類似サービスとしてはLimnuやWhiteboard Foxが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

サービス名月額料金初期費用無料お試し特徴
Miro8ドル〜0円無料版あり·手書きも可能

·豊富なテンプレート

Limnu5ドル〜0円14日間無料·シンプルなUI

·ビデオチャット機能も搭載

Whiteboard Fox7ドル〜0円無料版あり·Twitterと連携

·日本語に対応

料金面の比較としては、Limnuが月額5ドルから利用でき安価なのでおすすめです。

機能面の比較としては、Whiteboard Foxが日本語に対応しているので、初めてホワイトボードツールを利用する場合にも適しています。

Miroでオンライン会議の効率化を

テレワークのようなリモート環境での働き方が定着してきた現代においては、Web会議をいかに効率化できるかが企業の成長へと繋がる鍵とも言えます。

Miroのようなホワイトボードツールを導入すれば、音声とテキストだけだった会議がよりビジュアライズされて直感的に内容を理解できるようになります。

現在ホワイトボードツールの導入を検討している方はもちろん、オンライン会議に幅を持たせたいと考えている方にもおすすめですので、本記事を参考にして是非導入を検討してみてください。

画像·データ出典:Miro公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載