やきとり家 すみれのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

やきとり家 すみれのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

やきとり家 すみれとは?やきとり家 すみれのビジネス概要

やきとり家 すみれは、希少銘柄「大山どり」を使用した焼鳥ブランドで、テイクアウト、デリバリー、イートインの3つの販路を持っているのが大きな特徴です。また、本部の株式会社すみれは、1000件以上の店舗を手掛けるダイニングイノベーショングループとしても知られています。

数多くの店舗を運営する実績を持っていると同時に、ロードサイド店を含めたさまざまな立地に対応できるのも強みです。フランチャイズとしては、3つの販路で集客を最大化し、幅広いニーズや客層に対応できる仕組みを確立しています。

やきとり家 すみれフランチャイズの収益モデル・年収例

やきとり家 すみれのフランチャイズの収益モデルは以下です。

  • 売上(月間):700万円
  • 目安運営費合計:582万円(内訳)
  • 材料費:203万円
  • 人件費:196万円
  • 賃料:45万円
  • ロイヤリティ:35万円
  • その他経費:103万円
  • 目安営業利益(年間):1,416万円

やきとり家 すみれの市場性

やきとり家 すみれは、コロナ禍においても新しい生活様式に合わせたメニューも取り揃えており、メディアでも紹介されました。また、人手不足解消に役立つ人件費削減システムを持っています。したがって、ランニングコストを抑えながら出店地域に合わせた店内・メニュー が作成できるため、確実に安定的な利益を維持することが可能です。

さらに、2009年の開業以来、10年で100店舗を達成するほどの勢いを見せており、今後の成長にも期待が集まっています。

やきとり家 すみれのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

やきとり家 すみれフランチャイズの開業資金・初期費用

やきとり家 すみれのフランチャイズの開業資金には以下のようなケースがあります。

30坪75席の店舗の場合

  • 開業資金合計:3830万円(内訳)
  • 加盟金:300万円
  • 加盟保証金:100万円
  • 施工費:2760万円 (内装・POS・厨房込み)
  • 開業費:220万円
  • 物件取得費:450万円

やきとり家 すみれのフランチャイズの研修やサポート体制は?

串打ち納品で人件費・仕込みの手間を省ける

やきとり家 すみれでは、すでに串打ちされた鶏肉を商品として納品する形をとっています。したがって、串打ちするためのスタッフを用意する必要がなく、仕込みをする手間も省くことが可能です。

電気焼き台で調理を簡易化

焼き鳥を作る際も、炭火ではなく電気焼き台を使っているため、「焼き」の作業が誰でも簡単にできるようになっています。

また、炭火の場合は煙が充満するのを防ぐための排気ダクトを設置しなければなりません。電気屋台であれば配置ダクトの設置が不要になるため、設備にかかる費用を抑えられます。

iPadを活用したオーダーシステム

店舗に訪れたお客様がオーダーを出す際は、店員を呼ぶのではなく自身でiPadを使用して商品を選ぶオーダーシステムが採用されています。したがって、店員の聞き間違いや書き忘れを防げると同時に、スタッフの業務負担を軽減することが可能です。

また、注文する側にとっても定員を呼ぶ手間や、ストレスなく注文できるのは利点となるでしょう。

店長・スタートアップ研修

やきとり家 すみれの加盟と店舗が決まった際には、1店舗2名までの55日間に及ぶ店長研修が実施されます。店舗の運用方法や管理、飲食店に必要な知識や技術、調理方法、スタッフの教育などについて学ぶことが可能です。

また、オープン前の「 スタートアップ 研修」では、専門のスタートアップトレーナーによるスタッフへの指導が行われます。スタッフとして働くために必要な技術や知識が学べるため、運営方法の共有に役立つでしょう。

その他にも、店長が改めて学び直せる「既存店店長研修」も実施されています。

やきとり家 すみれのフランチャイズの評判やオーナーの声

やきとり家 すみれのフランチャイズの評判やオーナーの声については調査中です。

やきとり家 すみれのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

やきとり家 すみれ のフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        広告

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載