ファミリーマートのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

ファミリーマートのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

ファミリーマートとは?ファミリーマートのビジネス概要

ファミリーマートとは、株式会社ファミリーマートが運営しているコンビニエンスストアのことです。

弁当やスイーツ、サンドイッチなどの食品類から冷凍食品や酒類、加工食品や日用品まで幅広い商品を提供しており、とても利便性が高いことが特徴的です。

また、毎日食べても飽きないようにさまざまおいしさの商品を提供しており、需要に合わせて新商品の開発も進んでいます。

そのため、日本国内では高い人気を誇っており、全国に約1.5万店舗以上も展開しています。

ファミリーマートフランチャイズの収益モデル・年収例

ファミリーマートフランチャイズの収益モデル・年収例については調査中です。

ファミリーマートの市場性

ファミリーマートをはじめとしたコンビニ業界は、2023年時点で約12兆7,000億円以上の市場規模を誇っています。

全国各地に数多く点在しているコンビニエンスストアは、日々多くの方に利用されており、その中でもファミリーマートは高い人気を誇っています。

コンビニ業界では、セブン・ローソンと並び日本の3大コンビニとも言われており、今後もさまざまなエリアへ出店していくことでしょう。

ファミリーマートは、十分に将来性が高いので、これからファミリーマートのフランチャイズオーナーとして開業を検討している方は、前向きに挑戦してみてください。

ファミリーマートのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

ファミリーマートフランチャイズの開業資金・初期費用

ファミリーマートフランチャイズの開業資金・初期費用は、主に以下の通りです。

契約タイプ(本部が土地・建物を用意するタイプ)

契約時必要資金:150万円

契約タイプ(オーナーが土地・建物を用意するタイプ)

契約時必要資金:150万円
土地・建物費用
店舗内外装設備・工事費

ファミリーマートのフランチャイズ契約では、以上2種類の契約タイプがあり、それぞれに必要な費用は以上の通りです。

オーナーが土地・建物を用意する場合、土地・建物費用や店舗内外装設備・工事費で約1,000万円以上の費用が発生します。

そのため、土地を保有していない方や未経験からの挑戦をする方は、本部に土地・建物を用意してもらうタイプをおすすめします。

ファミリーマートのフランチャイズの研修やサポート体制は?

オーナー募集担当サポート

ファミリーマートでは、オーナー募集担当が加盟希望者の独立をサポートします。

主に、資金面や未経験での店舗運営、家庭への理解の獲得などをサポートして、スムーズにファミリーマートでの独立を進められるようにサポートします。

そのため、誰でも安心して挑戦できる環境が整っています。

経営サポート

ファミリーマートの経営サポートでは、開店準備から店舗運営などをトータルサポートしてくれます。

主に、以下のようなサポートがあります。

店舗値下・廃棄ロス分担金:廃棄ロスの原価のや値下げ販売した際の値下げ原価高の1部を本部が負担する
店舗運営支援金:加盟者の店舗運営支援として年間120万円の支払い
水道光熱費助成金:年間の水道光熱費のうち、360万円以下の90%を支払う
24時間営業分担金:24時間営業店舗に対して年間144万円支払う
総収入最低保証:加盟店の年間総収入が一定額に満たない際に本部が総収入を保証する
廃売品・什器、情報機器の貸与:本部が提供する

以上のような経営サポートを受けられるので、経営で大きな課題である資金面の問題をほとんど解決させることが可能です。

事業拡大サポート

ファミリーマートの事業拡大サポートでは、事業拡大として複数店の経営を目指すオーナーをサポートします。

主に、複数店経営をするために必要な周辺の環境の整備や経営の安定をサポートし、スムーズに複数店を展開できるようにします。
また、複数店経営を支援する制度として、以下の制度が受けられます。

1FC複数店奨励金制度
2FC複数店奨励金制度

そのため、店舗運営に慣れてきて事業拡大を目指したい方にもとても効果的な環境が整っています。

これからファミリーマートのフランチャイズオーナーとして開業を検討している方は、挑戦してみてください。

ファミリーマートのフランチャイズの評判やオーナーの声

8店舗を展開

加盟してから1年後に2号店の話をいただき、以来1年に約1店舗のペースで店舗数を増やしていき、現在では8店舗を経営しています。

複数店経営の支援が手厚く、資金面での不安が少ないこともあるので、今後も店舗数を増やしていき、10、20、30店舗と増やしていけたらなと思っています。

アルバイトからオーナーへ

1人での独立だったので、不安なことも多くありました。

しかし、ストアスタッフや本部のサポートもあって順調にスタートすることができました。

オーナー経験はありませんが、お客様の視点を大切にしながら店舗運営を行うことで、面白さも感じています。
家族との時間を大切にしながら、これからもいいお店作りをしていけたらなと思っています。

ファミリーマートのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

ファミリーマートは、2024年2月の時点で、全国15,343店舗の内、約3%にあたる521店舗が閉店しました。

      その他の関連する記事

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載