言楽舎のフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

言楽舎のフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

言楽舎とは?言楽舎のビジネス概要

言楽舎とは、株式会社言楽舎が運営している学習塾のことです。

主に、難関大受験専門塾として東京大学・京都大学・早慶などを目指すためのコースやその他難関国公立・難関次第を目指すコースなどを提供しています。

最初に、親御さんとの三者面談で受験したい大学や使用する教材、科目別の勉強法などのさまざまな相談を無料で受けることが可能です。

しっかりと最適な勉強法の提案や志望大学の受験日からの逆算によるスケジュール設定を行い、最短の努力で合格を目指します。

そのため、短期間での難関大合格を実現させることも可能です。

言楽舎フランチャイズの収益モデル・年収例

言楽舎フランチャイズの収益モデル・年収例は、以下の通りです。

年商:2,260万円
経費(家賃・人件費・ロイヤリティ・その他諸経費):1,100万円

利益:1,160万円

言楽舎での1年間の収益モデルは、以上のようになっています。

あくまでも収益モデルなので、開業後の収益を予測したものではありませんが、参考にはなります。

また、学習塾なので、入塾している生徒数によっても大きく収益や経費は変動することを理解しておきましょう。

言楽舎の市場性

言楽舎は、完全定額制で全ての強化に対応していることが特徴的なので、授業ごとに費用を請求していません。

そのため、安定した収益を得続けることができ、生徒の親御さんからもお得で理解しやすい価格帯だと感じてもらえます。

難関大学への受験は、毎年数多くの学生が目指している目標であり、長年学習塾を利用する学生は多いので、安定した需要を得ることが可能です。

さらに、学習塾は全国に数多く存在していますが、言楽舎のような学習コーチングを行う塾は珍しいので、競合が少なく市場規模を拡大しやすい状況です。

そのため、言楽舎は今後もさらに多くの需要や生徒を獲得し続けることが期待できます。

言楽舎のフランチャイズの開業資金や初期費用は?

言楽舎フランチャイズの開業資金・初期費用

言楽舎フランチャイズの開業資金・初期費用は、主に以下の通りです。

加盟金:330万円(税込)

言楽舎のフランチャイズオーナーとして開業する場合は、330万円の加盟金が必要になります。

また、加盟金とは別途で物件取得費や什器・参考書などの費用として100万円ほど必要です。

これから言楽舎のフランチャイズオーナーとして開業を検討している人は、以上の費用を考慮しておきましょう。

言楽舎のフランチャイズの研修やサポート体制は?

開業前サポート

言楽舎では、未経験からフランチャイズオーナーとして学習塾を開業する人でも安心できるようなサポートを多く実施しています。

開校研修では、期間を決めずにオーナー・教室長研修を本部職員が実施し、開校前にしっかりと知識やスキルを習得します。

その後、校舎開設準備サポートとして、フランチャイズ担当者が物件選び・コーチ募集・什器提案などのサポートを行います。
そのため、初めての学習塾の開校でも、必要な準備を整えた上で始めることが可能です。

自己資金が不足している人には借入サポートとして、創業計画書づくりや月次収支計画書作りをサポートします。

これから言楽舎のフランチャイズオーナーとして学習塾の開校を検討している人は、未経験でも前向きに挑戦してみることをおすすめします。

開業後フォロー

言楽舎では、開業後にもさまざまなフォローを受けることが可能です。

開業後には、全体会議を毎週1度行いオーナーや担当者が会議を通してノウハウなどを共有します。
さらに、直営教室の取り組みについてや生徒募集で必要なSNS活用法や実際の成功事例などを紹介し、参考にすることも可能です。

全体会議の他にも毎週1度本部職員からアドバイスやノウハウ共有をしてもらえる教室長会議を実施しています。

また、会議だけでなく適宜エリアマネージャーへの相談ができる体制も整えています。

言楽舎での学習塾運営では、運営を通して学習塾に必要なノウハウや知識を身に付け続けられる環境が整っているので、未経験からの挑戦でも安心できます。

言楽舎のフランチャイズの評判やオーナーの声

言楽舎のフランチャイズの評判やオーナーの声については調査中です。

言楽舎のフランチャイズの失敗談や廃業率は?

言楽舎のフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載