ワークマンのフランチャイズは儲かる?開業資金や評判・年収は?

更新日:

ワークマンのフランチャイズは儲かる?収益モデルや市場性について

ワークマンとは?ワークマンのビジネス概要

ワークマンとは、株式会社ワークマンが運営しているワーキングウェアやレインスーツの専門店チェーンのことです。

主に、作業服や安全靴、長靴や合羽などを専門的に販売しており、働く人のためのコンビニエンス・ストアを目指しています。
仕事で使用する商品を幅広く提供しており、早朝から開店していることから仕事へ向かう途中に気軽に立ち寄ることが可能です。

また、高機能で高品質な商品を低価格で提供するために約35%の製品を自社開発し、中国やミャンマーなどの国で製造しています。

ワークマンフランチャイズの収益モデル・年収例

ワークマンフランチャイズの収益モデル・年収例は、以下の通りです。

月間売上:1,250万円
月間粗利益:450万円
加盟店収入:180万円
月間系営業経費:29万円

利益:151万円+褒賞金

ワークマンでフランチャイズオーナーとして開業した場合の収益モデルは、以上になります。

以上の収益モデルは、ワークマンの平均年商を元に算出されたものであり、収益を保証したものではありません。

多くの店舗では、月に1,200万円以上の売上を上げているほど高い人気を誇っているので、継続させていくことで、収益モデルのような売上を実現させることも可能です。

ワークマンの市場性

ワークマンは、作業服や安全靴などの商品以外にも男女兼用のカジュアルウェアの販売なども行っています。
そのため、幅広い世代の顧客が気軽に利用できる店舗として、毎年利益を上げ続けている状況です。

また、提供している商品や価格帯から競合他社がほとんどいないこともあり、ほぼ独占状態で店舗展開を続けられます。

そのため、フランチャイズオーナーとして開業した方の多くも高い売上を獲得することに成功しています。

ワークマンのフランチャイズの開業資金や初期費用は?

ワークマンフランチャイズの開業資金・初期費用

ワークマンフランチャイズの開業資金・初期費用は、主に以下の通りです。

加盟金:41.25万円
開店手数料:55万円
研修費:27.5万円
保証金:100万円(預かり金として契約満了時に返還)
開店時出資金:任意(商品代金の1部)

合計:223.75万円

※金額は保証金を省き税込

ワークマンでフランチャイズオーナーとして開業する場合、以上の開業資金が必要になります。

契約期間は3年間で3年目以降に再契約を行う場合は、96.25万円(税込)かかります。

また、研修費には宿泊代と食事代が含まれているので、フランチャイズ契約の初期費用の中でもリーズナブルな価格です。

ワークマンのフランチャイズの研修やサポート体制は?

開業前サポート

ワークマンでは、未経験からでも店舗運営が行えるように本部のSVによる徹底したサポートが行われます。

開業前に準備に必要なことや手続き、事務処理などの説明
開業後の顧客対応や販売計画、店舗運営のアドバイス
携帯電話でのサポート・電話対応による相談
より商品が買われやすい品揃え・陳列のアドバイス
今後の販売戦略のアドバイス

以上のようなサポートを本部SVから徹底して受けられるので、万全の状態で開業することが可能です。

さらに、開業後にも定期的なアドバイス・相談・サポートを受けられるので、常に最適な店舗運営ができるように改善し続けられます。

開業前研修

ワークマンでは、開業前に9日間のフランチャイズ研修によって、店舗運営に必要な知識や実務を徹底して習得させます。

主に、ワークマンの経営理念や特性からオペレーションマニュアル・レジの基本操作・実地研修・品揃えや商品の特徴・ミシン作業などを徹底して習得します。

9日間の研修が完了すれば、実際に店長として店舗運営を開始します。

また、開業後も本部のSVによる定期的なサポートが受けられるので、安心して店舗運営を続けることが可能です。

これからワークマンのフランチャイズオーナーとして開業を検討している方は、前向きに挑戦してみることをおすすめします。

ワークマンのフランチャイズの評判やオーナーの声

ファン作りに繋げていく

ワークマンでは、日々職人さんから一般女性まで多くの方が来店するので、それぞれのお客様と商品をいかにマッチングさせるかが重要だと考えています。

きっかけ作りとして従業員が積極的にあいさつを行い、お客様との気軽なコミュニケーションを取ることを心がけています。

その結果、職人さんを中心に多くのお客様からの指示を得ることができています。

ひとりひとりのお客様に誠意を尽くして成果を実らせた

気持ちのいい接客やお店づくりに徹して店舗運営を行った結果、来店するお客様が急増し加盟時よりも約2倍の売上を達成することに成功しました。

しっかりと1人のお客様のニーズを聴き、できることは全て対応したことでお店の評判も上がり続けています。

ワークマンのフランチャイズの失敗談や廃業率は?

ワークマンのフランチャイズの廃業率については調査中です。

      その他の関連する記事

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載