yamoryの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
40,000円〜
初期費用
要お問合せ
無料お試し
2週間
導入社数
非公開

自社のホームページや関連アプリなど、ネット上で様々なサービスを提供したりお客様の情報を管理する場合、セキュリティ対策は必須と言えます。

ですが、利用しているソフトごとに対策を考えるには多くの労力と時間が必要です。

そこでおすすめするのが「yamory」です。

今回はyamoryについてサービスの詳細や特徴、利用料金や口コミなどについて解説していきます。
セキュリティ対策で悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

yamoryとは?

yamoryとはWebアプリやソフトウェア、クラウドなど全てのセキュリティチェックが可能であり、全ての脆弱性対策ができるシステムです。

主なサービスとしては下記の2つとなります。

【セキュリティ診断】

主な診断区分としては「認証」「権限」「クライアント側の攻撃」「インジェクション」「ロジックを狙った攻撃」となります。

事前調査を行い、診断後には報告とサポートを受ける流れとなります。

【ソフトウェア脆弱性管理】

ソフトウェア脆弱性管理では、まずはじめにソフトウェアの利用状を自動で把握し、独自の脆弱性データベースとの称号を行います。

その後、複数のプロダクトやレイヤーの脆弱性を一元管理する流れです。

ライブラリやミドルウェア、OSなどのITシステム基盤を全て一元管理できるのは国内でyamoryだけとなります

おすすめの類似ネットワーク障害調査

類似サービス: PNCのネットワーク障害調査サービス

(4.5)

         
月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短利用開始期間要問い合わせ

プロフェッショナル・ネットワーク・コンサルティング株式会社(PNC)は、ネットワークインフラ技術のプロ集団です。 どこのベンダーにも属していない中立的な立場で、メーカーやベンダーに依存しないサポートを提供しています。

幅広い悩みに対応

PNCでは、ITシステムに関する幅広い相談に対応しています。 「オフィスのWi-Fi速度が遅く、途切れる」、「システム管理者の退職で困っている」、「セキュリティに問題がないか不安」、「社員のPC使用状況を知りたい」といった幅広い悩みに対して、技術者によるコンサルティングを受けることができます。

専門家による調査

PNCでは、ネットワークの専門家が企業に訪問して原因を調査してくれます。 不安な点や課題をしっかりとヒアリングした上で、改善策を提案してくれるので安心です。

利用しやすい料金プラン

PNCでは、月額制、チケット制、個別見積りと利用しやすい料金プランを提供しています。 月額制は、月毎に決まった額の支払いが発生するタイプで、チケット制は相談に使用できるチケットをあらかじめ購入、相談ごとにチケットを使用します。

yamoryの特徴

yamoryの特徴としては、ITシステムの脆弱性を一元管理できることがあります。

この他にも下記のようなテーマ別のセミナーを受けることも可能です。

・脆弱性対策、リスク管理運用の構築方法
・SBOMの効率的な対応方法
・アジャイル開発におけるセキュリティ、パターン・ランゲージとは
・ゼロデイ攻撃とは何なのか、増加理由と対策方法について

脆弱性対策を行うだけでなく、関連する知識も身につけることができます。

yamoryの利用料金

yamoryの料金プランは3種類あります。

Business プラン:基本料金40,000円/月、スキャンアセット800円/月
CSIRT / PSIRT プラン:基本料金50,000円/月、スキャンアセット1,000円/月
Enterprise プラン:要お見積り

サポート内容はプランによって異なるので、詳細は公式HPより問い合わせしてみるといいでしょう。

yamoryの口コミと評判

yamoryの口コミや評判としては「脆弱性管理を一元管理できることもあり効率化を図れる」という内容が多くありました。

この他にも、検知された脆弱性の対処方法についても知ることができるので、対策がしやすいといった内容もありました。

yamoryで脆弱性対策をしよう!

今回はyamoryについて解説してきました。

様々なITシステムを細かくチェックすることが可能であり、一元管理できます。

また、検知されたリスクに対する対処方法もわかるので、初めてで詳しくないといった方でも導入しやすいと言えます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載